あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 62ページ目

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

Oliver

Oliverの感想・評価

4.0
適当に好き勝手に生きてきた男がひょんなことから自分の娘だと言われ預けられた子供を育てる中で、父親として、人間として成長していくストーリー。

ちょっと頼りないパパを一生懸命支える娘。この父娘のやり取りが堪らなく可愛い。突然現れた母親の存在に大喜びする娘とは反対に、娘を奪われてしまう悲しさが募る自分を知り、初めて娘が人生のすべてだと気づく。

最後は衝撃的な展開だったが、親子の愛は何より無償で、どんな親子にも正解はなく一緒に壁にぶつかって成長していくものなんだと教えてくれた。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.1
テンポ良くみやすかったが、腑に落ちなかったり、エグい部分も多くて、なんだかなといった感想。 朗らかな部分は沢山あったが、もっと笑いがあれば良かった。
最強のふたりもかなり号泣したけど、今作のオマール・シーも泣かせてくれました。

南仏コートダジュールで独身生活を謳歌するサミュエルのもとに、かつて関係を持った女性クリスティンが訪ねてくる。クリスティンはサミュエルの娘だという赤ん坊グロリアを彼のもとに残し、姿を消してしまう。慌てたサミュエルはクリスティンを追ってロンドンへ飛ぶが、言葉すら通じない異国の地で彼女を見つけることはできず途方に暮れる。そんなサミュエルを救ったのは、地下鉄で出会ったゲイのベルニーだった。それから8年後、すっかり家族となった3人の前に、グロリアの母クリスティンが現われる。


いきなりあなたの子供ですって赤ちゃん押し付けられたのに、一生懸命育てて
とても良い子に育ったのに、親権争いになって気の毒すぎる!母親は本当最悪。
ずっとイライラした。もちろん娘を愛する気持ちはあるので、その辺は複雑ですが
8年間築いてきた3人の絆の邪魔するなー!って感じで。
ラストは悲しくも前向きな終わり方だったので、好きでした。
自分、父親を早く亡くしてるので、父と娘の話には弱いんだよね〜 ˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚


サミュエル親子を救ったゲイのベルニーがめっちゃ良いキャラでした。
ばぼ

ばぼの感想・評価

3.4
割と突っ込みどころの多いライフイズビューティフルって感じ。悪くないけど、いまいち感動に浸れず。
愛のためには嘘をつくこともある。優しい嘘とはこのことか。最後までバレなかった嘘。バレなくてよかったのかもしれない。

ライフイズビューティフルの父親の姿に重なる。人種が違っても時代が違っても娘を愛する父親は素晴らしい。

このレビューはネタバレを含みます

父親になる、母親になる責任感、重みが伝わってくる作品。元プレイボーイでちゃらんぽらんだった主人公だったが、ある日、自分の子だと渡され、子供のためなら全てを投げ売れる父親へ…とその子の物語。子供の母親の責任感のなさは驚きだなー!多分親権とったあとも、少ししたら手放してたんだろな…
yurie

yurieの感想・評価

3.8
ファミリー系の物語には涙腺が弱いのでちょこちょこ泣けました。私的には話のスピードが少し早いくらいが重すぎなくてよかった。
penpen

penpenの感想・評価

3.5
オマール・シー最高。母親、最低。
彼主演でこの題材は、泣くに決まってるけど、全体の構成が残念すぎる。
母親が登場する後半からグダグダした。もっと上手く作れたはず。
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.0
いい親子関係👪✨
タク代かりぱちで子供置き去りするわ
その人の子供ちゃうかったりで
あの女の人にいらっとした❗

親の役割て最初から備わってるんぢゃなくて
守るものができたとたん子供と
一緒に成長してくもんなんやろーね✴
Diamante

Diamanteの感想・評価

2.8
構成に違和感があり、普通なら親権問題前に母親に伝えるべきある情報が、言わないのは映画として後半にもっていきインパクトを与える為の理由に思えてしまったのが少し残念だった。あとはやはり母親が最悪過ぎて感情移入出来ず、やってる事が滅茶苦茶なので娘はしょうがないとしても彼氏はどこに魅力を感じたのか謎であり、病んでいた理由然り、もう少し背景が細かく映されていればストーリーとして厚みが出る気がし、類似した他作品よりバランスが悪く感じました。
「明日は新しい一日」をさらに飛躍させたかのような題名は、最後のシーンに照らし合わせているのだとすれば、自分には想像も出来ないような境地であり、ある種神懸かっているように思いました。