あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 62ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

オマール・シー目当てで観た
やっぱいいなオマール・シー

必要な嘘も望んでない事実もいっぱいあるよね世の中
王道ストーリーにちょっとスパイス程度の内容だったけど親子の姿には癒された
あんな生活ならきっと楽しいしあんな部屋住んでみたい
2人のチームプレイの様なやりとりが羨ましい
残念ながらそれだけで終わらんのが人生ですが

忘れ物を取りに戻ったグロリアは母親としっかり血繋がってんだなって思った
ベルリーと校長がとても良いキャラしてました
まさ

まさの感想・評価

3.9
目の前の子どもに何ができるか、そんな単純だけど難しい問いかけに、純粋に懸命に向き合う姿に心暖まった。そして、あまりに切ない運命に涙が止まらなかった。
リュダ

リュダの感想・評価

3.0
色々あってゲイのプロデューサーと男手ふたつで自分の娘らしい子供を育てることになった主人公の
大変そうながら愉快な生活が微笑ましくて途中まで楽しく観れたんですが

娘を一方的に置いて(捨てて)いったことを反省してるのかしてないのか不明瞭な母親と
その恋人の言動がドクズ過ぎて画面にこの2人が映るのが不快でしかなかった
勝手なところもあるけど一生懸命で基本的には人のいい主人公がちょっと可哀想すぎる

人の悪意や不幸なことが重なるのであまりいい気持ちにならない
特に不幸なことについては…重要な問題なのにそれについての描写があと一歩足りなく感じて無理に突っ込んだような印象を受けた
母親と親権争いでこじれるまでのいきさつには割と尺割いてたのに…

オマール・シーさんは「最強のふたり」の時と変わらず魅力的だと思うんですが
映画の内容に若干落ち込んで胸糞悪くなりながら劇場を出ました
ともかくオマール・シーの魅力で持ってる映画。
プレイボーイの気楽なバイトの兄ちゃんが、いきなり自分の子供だと赤ん坊を差し出され、一人で育てる事になる展開は、さすがにそれはないだろうと思いつつ、しっかり育てて、またそれがいかにも楽しそうなのがほっこりします。
実際、こんな風にそだてられたら、子供は幸せだろうなと思えますね。
だけど、その後子供を捨てた母親が、親権を争って裁判を起こすという展開にざわざわします。最後は収まる所に収まる感じですが、そこには厳しい現実があったりして、なかなか深いです。
でもとにかく、オマール・シーが笑えば何でもオーケーと思えます。ゲイの相方もいい味出してます。面白いです。
Miamia

Miamiaの感想・評価

3.8
普通に良い話。ヒューマンドラマとしては理想的。
子どもへの想いに溢れていた。それがゆえの、嘘や争い。子どもを守ることとは何か、子どもの幸せとは何かを客観的に考えされられる。また、子どもの権利と尊厳を守るための法律が、子どもを苦しめる結果になることもある。まだまだ根強い生物学的な関係性。日本だけではなかった。親子や家族の定義とは?
この主人公の様に人生どんな局面でも前向きに笑っていたい。

このレビューはネタバレを含みます

【 ダイブ したら見えてくるもの は?】

いやもう途中、母親に対して
『オメー、死んだらぜってー地獄行きだからな!覚悟しとけよ!』
と声に出しそうになりましたよ。
どんだけ黒人好きなの‥‥
遺伝子鑑定を提案したのって、あの新しい恋人の入れ知恵でしょ??
相手、糞ビッチだよ??(^◇^;)でもいいんだ??心の広い恋人よのう‥‥

オマール・シー & “最高の” ってタイトルにあれば、やっぱり最強のふたり テイストを期待してしまう。
それも配給の罠なんだけどね。

ま、ありきたりな父娘ハートウォーミングものじゃなかった点は新鮮で良かったけど。
娘の方が病気、って設定もまんまと騙されて良かったけど。
母親のクソぶりがクソ過ぎたのもある意味新鮮だったけど。
泣く気マンマンでハンケチ用意したけど、怒りの感情の方が勝ってしまった(^◇^;)

余命少ないと判れば、娘のために“ 擬似・仲良いパパ & ママ” を演じたくなるのも解るけど、最後なんでまた母親出てくんねん‥‥ (-_-)
と、なんだかスッキリしない。
『 スッキリしない加減が 予想外』って楽しみ方で言えば、オススメ作品 ^^;

あと、音楽のセンスもイマイチ‥‥ かな ^^;
MKZ

MKZの感想・評価

3.6
前半と後半のギャップが光るいい演出だった。

2017/9/28 良作
ありがちだったなぁ。
期待値上げすぎた。
このストーリーでこの落ちは、ないでしょー
まぁ、泣けたけど
sTA

sTAの感想・評価

4.0
記録


感想用メモ
・オマールシーの表情
・元母親は今年一のはぁ?ってキャラ
・最期はとっても幸せな時を過ごせただろう
・海へ飛び込む代わりに、プールへ子供と一緒に飛び込む
 →意図してやって欲しかった?
・恐怖を父から、未だ見ぬ世界を子供から教わる
・殺すか、飼いならすか(飛び込んでみるか)
・ゲイキャラの有能感(キャラとしての)
・遊び人から父への成長
・音楽良かった?
loveparis

loveparisの感想・評価

3.8
素敵なお父さんに出会ったな。

フランス語、聞き取りやすいですと