Marrikuri

南瓜とマヨネーズのMarrikuriのレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
4.4
無理のない佳作。漫画未読の立場から。
土田(臼田あさ美さん)には、共感できないが同情しつづけた。私はあんな行動とらないけど、周りにああいう友達がいたら話を全部受け止めて肩抱いてあげたくなる。
おしゃれ顔の臼田さんが等身大な感じをいっぱい私にくれたのは、“ナチュラルメイクな”性格劇が徹底されたおかげ。

せいいち
せかいいち の 「か」がない。
諦める? 世界一
かなし 哀しい 悲しい ・・愛(かな)しい!

でも、ラストの“やっと作った曲”の貧弱さのせいで、映画は画竜点睛を欠いた。派手さも渋さも深みも高まりもないラクガキ曲。なぜもっとまともに“全観客を泣かす渾身の一曲”を書かなかったのよ担当者!
太賀さんのヴォーカルも、吹き替えで倍程度は上手にしないとストーリーの説得力が一気に減るよ。『タレンタイム』でも観て音楽を勉強し直してよ担当者と監督!
猫が何たらっていう歌詞だったら、犬でも羊でもいいわけであって、例えば、ポール・マッカートニーの「メアリーの小羊」を大サビ&シャウトありで目の前で弾き語られたら、意地悪な私だってその楽屋で両眼からサイダー流すよ?
ストーンズの「シンガー・ノット・ザ・ソング」でもいいや。あえて紳士すぎる幼い曲ばかり例示するのは、たまたまです。


♬ The Singer Not The Song

 お前がお望みの場所に 俺はいつも行く
 お前がやってほしいことを俺はいつもやる
 ベイビーお前と一緒にいると
 いい気分になる
 だから こうしていたい
 歌より歌手だ
 
 喜んですぐ寝る女じゃない
 他の女が俺にそうしても
 いつものいい気分になれない
 だから こうしていたい
 歌より歌手だ

 いつもの同じ顔 いつもの同じ曲
 そこに行くのはもううんざり
 何かが狂ってる
 お前と一緒にいるといい気分になる
 だから こうしていたい
 歌より歌手だ
 歌より歌手だ
 歌より歌手だ

       (Jagger,Richards)