noon

南瓜とマヨネーズのnoonのレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
3.8
自分とあまりにかけ離れた人間達が出てくる映画だったので、あまり感情移入はできない感じ。
音楽という夢を追いかける男を支えることに生き甲斐を感じ、男に自分の夢を投影する女と、そんな女の態度に自然とプレッシャーを感じ、音楽から遠のく男。そして少しずつ生じるすれ違い。
確かに登場人物達に感情移入は難しかったけれど、雰囲気や空気感はたまらなかった。音楽もやくしまるえつこだったので非常に楽しみにしていたけど、音楽聴いたらやっぱりやくしまるえつこって感じの音楽で楽しめた。ミュージシャンが出てくる映画だけど、びっくりするくらい劇中に流れる音楽は少ない。その分、音楽が流れると音楽がより一層印象に残る。エンドロールもびっくりするくらい音が少ない。
ラストのシーンを観て、あの2人は本当は曲がってはいけない角を曲がったことで出会ってしまったのかもしれないなあと思った。