匠mi

南瓜とマヨネーズの匠miのレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
3.5
分かりすぎて辛いというか、共感の値が大きすぎて逆にしんどいというか。
男が女の子に言う、他の人と幸せになれよと言う言葉にはどうして虫唾が走るのか。
でもその無責任な幸せを願う言葉を言ってしまう自分の自信の無さに共感してしまってるからこそだと思いながら見てました。
二択を与えられた際に形はどうあれ、二択共選ばなかったのは、強さであったと思う。