ひさな

南瓜とマヨネーズのひさなのレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
3.8
ツチダにたまらなく共感する自分と、馬鹿な女を客観視する自分がいて、泣くに泣けない90分だった

「私は 何をしているのか 分からない」
目先の利益や幸福に囚われて、ある種本末転倒的行動を取ってしまう浅慮さに死ぬほど共感した

他者を組み込んだ幸福設計はやがてただの押し付け合いになって、瓦解するのです