はるみ

南瓜とマヨネーズのはるみのレビュー・感想・評価

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)
3.9
男を支えることが自分の生きがいツチダと、それに感謝しつつも重いセイイチ。バランスがだんだん崩れていくのが男女の終わりをリアルに描いていて切なくなる。

そこで登場する魅力的なダメ男ハギオにいってしまう、ある種の快楽による思考停止、それを幸せと履き違えている部分もわかる分つらみがある。

最後のセイイチが唄うたころと別れるシーンが好き。3人ともそれぞれ魅力と色気があってそれだけでも画面見ててたのしい。