南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

3.7
『等身大の恋愛』というコピーに納得。

臼田あさ美はいつでも綺麗で、太賀の真っ直ぐな瞳はかっこよくて、オダギリジョーのつかめかない感じがよかった。

終わってしまうのは悲しいことだけど、その先の未来はきっといい方向に向かっていくんだろうなと思えて、観終わったあとの気持ちはすっきりしました。

写真は川島小鳥さん、音楽はやくしまるえつこさん。という気になる映画だったので、観れて満足です。
ツチダに感情移入して自然と涙出てきてめっちゃ苦しかった、、、どこかにありそうな日常で少し憧れてた生活だった。見終わった後の虚無感なんなんだろう、どうしようもできない現実ってあるよねって感じ。太賀好きだ、臼田あさ美も好きだ、キャスティング良かった。うちも全然売れないバンド好きだからあの関係は憧れる
yuri

yuriの感想・評価

3.6
ハギオみたいなひと、いる
せいいちみたいなひと、いる
そしてツチダみたいになってしまうひと、いる

20代の迷子さん、ラストの歌がよかった
ギターでなくて
ツチダにしみたよね
せいいち、歌いながら、何かを思い出したり、振り返ったり、自分の有り様を感じたかな

力抜いてたら、違ってたんだろうけど、これが20代後半なんだろうな
Hitomi

Hitomiの感想・評価

4.5
語彙力がなくて、ぜんっぜん良さを伝えられないのだけど、とにかく大好きだった。最初から最後までずーっと。
日常に溶け込んでしまうような、どこかの誰かの話を聞いているような、そんな映画がとても好きで、何か大きいことが起こるわけでもないけど、毎日が愛おしくなる。
キャストも部屋もバイト先も全部違和感がなくて、あるあるって共感を感じるのでもなく、むしろ自分なのかこれは、と錯覚するくらい馴染む。
白でも黒でもなくて、グレーであること。
はじめの太賀くんの曲がとても好きだった。
二人の間で揺れてるようには感じなかった、あくまでツチダとセイイチのお話
人生の中で迷って苦しい時期を切り抜いた作品かなと、全体的に苦しいかったけど出会いの回想でそんな時期なんて最後だけだったんではと救われた、終盤のやっと聞けたセイイチの歌が優しくてしみました
今後の二人がハッピーになればいいな
じえり

じえりの感想・評価

2.9
オダジョー出るまでしんどい

ツチダに曲聴かせるところ
ツチダが泣いてしまうところ
その後笑顔で別れるところ

エンドロールに曲がないところ
ラストが超クサくて笑ってしまいました

可哀想な自分に酔いたい時見ると面白いかも知れません
でも本当に可哀想な時には勧めません

アメリカ映画に「マンブルコア」というジャンルがありますが、あんな感じでもうちょっとリアルに描いてもよかったのかもしれません
愛人契約などリアルでない部分と、生活臭のリアルな感じがマッチしていません

作られたヤング女性映画といったところです
主演の男性は好演しています
映画全体も嫌な感じはしなかったです
umaso

umasoの感想・評価

3.0
臼田あさ美もオダギリジョーも太賀もみんなよくて、最後は感動したような気がした。

けどそこまでしっくり来なかった。

原作読みたくなりました。
>|