南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.5
劇場公開される前から、されてる時も、終わってからも、ずっと気になってた作品。。。
新作DVDは借りない主義(ただのケチ)だけど、この作品を観ないことには他の作品に興味を持てない。。。!
意を決したケチがついにレンタル。。。!!!

しかし

いやあ
苦しい

苦しいーーーーーー。

こんな風に苦しいの、
アデル、ブルーは熱い色
を観て以来かもしれぬ!

予告で流れていた、せいちゃんとツチダのしあわせなシーンはいつ見れるのかなと思ってたのに、それはほぼ音声なしの、ほぼ終盤で映った。
ってことは私たちが今まで観てたのって、
終わってるふたりだった。

ツチダは間違いなく迷子すぎるけど
せいいちだって迷子だよ。
他の人のがしあわせにできるなんてそんなセリフ、ほんとうに残酷で、苦しい、逃げの言葉で、そんなこと言っちゃう時点でもうすんごい迷子!!!自分がしあわせにしたいくせにさ!!

ハギオなんて迷子どころかもう徘徊!!!

まーいごの、まーいごの、まーいごの、誰かさん。
ほんとうに、自分がどうしたいのか、どうしたらいいのか、どうすることが正解なのか分からなくなって迷子になってしまう。
でも迷子の自分を助けられるのは自分しかいなくて
誰かが手を引いて道案内してくれるなんてそんなことは人生においてありえなくて
自分で選んでくしかなくて。

ねえなにが言いたいのかわかんなくなったけど、わたしこそ迷子になっちゃったけど!!

最後のツチダ、せいいちを追いかけなかったね
自分の進むべき道、歩けたね!

冒頭のせいいちのTシャツ! ウケる!
ミュージシャン志望のくせになに棚つくってんだよ!クエスチョンマークがすぎる!笑
tinygirl

tinygirlの感想・評価

4.0
南瓜とマヨネーズ、同じ棚に並ぶはずのない2つが 同じ屋根の下で過ごす居心地の悪さ 。離れてみて気づくことってある 。きっとその距離が丁度いい 。
YS

YSの感想・評価

3.3
2017/11/11
配給 S・D・P

太賀が素晴らしい。
原作未読ですが、空気感がしっかり映画として、魅力ある作品だった。

最後の曲、素敵ね。
やす

やすの感想・評価

2.5
どうしようもない人達の話。
ハギオを家に入れて、せいいちが帰ってきた時の臼田あさみの笑い方が不気味。その後、せいいちに別れを告げられて泣いてるけど、その立場でなんで泣けるんかな。
リアルな恋愛を描きました感出してるけど、変な人達すぎて感情移入できなかった。
Yuu

Yuuの感想・評価

-
どうしようもない男女の話。
夢を託すことで生きる意味になったり
託されたことで背負わされてしまったり。
ちゃんと話をすれば分かり合えるのに
なんで男女はすれ違ってしまうんでしょうね。
Felicja

Felicjaの感想・評価

4.0
苦しくて切なくて見終わったあとも引きずってしまう。過去の恋、今の恋、これからの恋に思いを馳せてしまうような映画。自分もいつかこんな恋をするのかもしれないし実際にこんな恋の真っ只中にいる人もいるのだろうな、と思った
ma

maの感想・評価

-
好きだけど、いつか離れてしまうのが怖いからもう会わないって凄く凄く切ない選択。
叙情的でちょっと破滅的でせつない感情に
胸のどこかがざわついて
魚喃キリコの作風が大事にされてることがわかりました。

太賀の優しい眼差しがあって
臼田あさ美が主演でいてくれてよかった。

オダギリジョーの
飴ある?
て、これアドリブかな?
あの日の朝のみんなの笑顔が自然だった。
笑ってるけどなんでもないフリしてるのが妙にリアルで。

ただ太賀の歌は上手で味があってとても良い歌だったけど
ヒゲちゃんの表現がちょっぴり惜しい気が…

あ、ヒゲちゃんだ

て、ナチュラルなあのセリフが好きなのです。
でもヒゲちゃんを探してくるのは大変だよな。

あとからじわじわ良さがくる映画でした。
なんだろもう一度観たくなる。
SC07

SC07の感想・評価

4.3
心が、ギューッとなる。恋をしている人は、振り返るのだろうな、自分の恋を。至福のオダギリジョー。
>|