南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 173ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

働かない
夢ばっかり追いかけてる
曲すら作らない
ダメな彼氏

のために生活費を稼ぐツチダ

バカだなぁ、
て側からみたら思われるような恋。

そんなときにさ、昔好きな人が現れたりしたらそりゃ揺れるよ。

手放したときに、あぁ本当に自分てバカだったて気付くんだよね。


苦しいけど羨ましいよ、そんな恋
生々しさとか
人間のどうしようもない所とか

でも俳優が上手くなかったらもーちょっと点数低いかも
共感できるところがほぼなかったから笑

原作も読んでみようかな
ツチダのどうしようもないところが可愛い。ハギオと立ち飲み屋でシーン好きだな。原作読んでからの鑑賞だったけど何の問題もなく楽しめました(*´▽`*)ラストも好きっ!
kaho

kahoの感想・評価

4.7
魚喃キリコさんと臼田あさ美さん、川島小鳥さん、どの方も好きなので絶対に見ようと決めておりました!


臼田あさ美さん演じるツチダと、彼女をとりまく関係性にリアリティーがあって、あーこういう人いるなあと共感できる人もいるのではないかな?

「自分、なにやってんだろ」と思いながらも、現状を変えられなくて…そういう風に感じる人って少なくないんじゃないかな。

魚喃キリコさんの世界観を崩さず、気だるく生ぬるい感じが心地よかったです。カメラワークや音楽の感じも個人的に好み。

正直、この類の映画の結末は好き嫌い分かれると思います。後味はソラニンに似ていて、ちょっと甘酸っぱくて切ない感じ。そういうのが好きな方にはオススメです。
部屋に溜まっているゴミやペットボトルとか、ハギオとツチダのライブハウスのシーンとか(オダジョーは、あぁゆうシーンがホンマに上手いな)がリアルで、似たような経験があれば懐かしい話でしょ?
君は私の人生のインスピレーション
って楽屋のポスターに書いてあった🤔
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

3.6
映画として観るなら面白いけど、実際にこんな人達ちょっと面倒くさい。
って言うか純粋なのか正直なのか自分以外何も見えてない人達なのか?!



主演女優の普通さ加減が絶妙なバランスで良し。

それにしても女性客で満席って、今時の女子はこう言う話に共感するの?!
それともオダギリジョーを観に来ているだけ?!
FUJI

FUJIの感想・評価

3.0
正直なところ、あまり好きな映画ではなかった。けど、主人公の心情が切なくて辛くて、目が離せなくなってた。

つい重いことを言っちゃったりやっちゃったりする、そんな女は嫌だしそんな女にはなりたくない。でもそれが主人公の素直な自分の気持ちなんだってわかるからこれまたつらい。ふと我に返った瞬間の「何やってんだろ」って言葉が切ない。。

最後、せいちゃんの歌を泣きながら微笑みながら耳を傾けてるところ、色んな感情が伝わってきてこっちも泣きたくなった。
もう戻れない過去を思う時は辛い。一縷の望みを持たせてやりたくなった。

良い終わり方だったと思う。
好きな人には幸せになってほしいと思う気持ちを大切にしたい。
ずっと好きでいるなんて、ずっと一緒にいるかなんてわからんよなぁ

たぶん自分がそうだから、こういう、グズッとしててはっきりしないモヤモヤした雰囲気の話好きだな
丘

丘の感想・評価

-
沁みそうで沁みなかった。けど、「ハギオ、どうですか?」って聞いてくるオダギリジョーがたまらなく好きです。