南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 173ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

やまこ

やまこの感想・評価

3.7
試写会にて渋谷で。
キャストとフライヤーを見て、気になったので鑑賞。原作は読んだことがない。
全体的に静かで現実的で、どのキャラクターもその辺にいそうで◎映画が終わり劇場を出たあとも映画が続いているような感覚の映画だった。
あと、せいいちが歌うシーンと、エンドロールが印象的だった。
10/31(火)filmarksさん主催の「南瓜とマヨネーズ」の試写会を鑑賞する。
 売れないミュージシャンに自分の夢を託し、彼を支えるために水商売や愛人契約をしてお金を稼ぐ女を臼田あさみさんが体当たりの演技をしているのが印象的でした。
 暗く、抑揚のない作品でしたが、何とか居眠りせずに鑑賞できました。
「南瓜とマヨネーズ」というタイトルにつながるようなメッセージも伝わってこず、消化不良の一夜でした。
登場人物全ての人達の行動が、自分のみられたくない様なでも誰にでもある様な部分が描かれていたなぁ、と。

正しいと思わない、良しと思わない、だけどとうしても共感してしまう部分等たまらなくなった。

臼田あさ美さんもオダジョーも素晴らしかったけど、太賀君が予想以上に素晴らしかった。
歌声が聴けてあの表情が観れて良かった。
fuo

fuoの感想・評価

3.5
忘れられない恋ってこうだよなぁと懐かしい気持ちに。
キャスト陣の自然な演技が素敵でした
a

aの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。

日常を映し出しているだけなのに、胸にずんと響くのは気づかぬ間に自分に重ねているからなんだろうな。

部屋にゴミがたまっていたり、洗い物がたまっているのは2人の関係性を示してる気がした。そうやって人に頼ってみても、頼ってもらえないって気づくと心は離れていく。人間って独りよがり。

ツチダの「せいちゃんがフってくれたら楽なのに」と言いつつも 実際フラれたらタオルで顔を覆って流す涙の痛々しさと、せいいちと再会した時に顔を何かで覆わずにぐしゃぐしゃにして流す涙の清々しさ。この対比が印象的だった。


映像がきれいで好みでした。

このレビューはネタバレを含みます

フィルマークスの試写会、渋谷映画美学校にて。
アイコンにもするくらい私は臼田あさ美が好きなんですが、正直静止画が好きで、映画やドラマに出てるのはあまりいいと思ったことがありませんでした。
でも今回はいい!
冨永昌敬監督の「乱暴と待機」好きやし、今回も期待を裏切らない、いい意味で普通。リアル。違和感がなくて、一緒に暮らしはじめたところの私は、一緒にいるのが当たり前になっても私のこと好きでいてくれる?って聞きたくなっちゃうツチダの気持ちがわかりました。男の人からしたらうざいんかなー。
オダジョーはだめな男させたら天下一品やな、脱帽です。ほんまにあの色気にはやられてしまう。
対称的に太賀の清潔感!あんなにヒゲはえてても、パーカー短パンビーサンでも、あのさわやかさはなんなん。パーカー男子、いいですね。そして歌がうますぎて驚きました、まんまと泣きました。
日常でした。
川島小鳥さんのスチールがほんまに好きです。
試写会にて。かぼちゃにちなんで今日だったのかな?笑

やっぱり冨永監督は撮るのうまいなーっと。
情景に無理がない。
太賀もかっこよかったし、臼田さんも。
久しぶりにオダギリジョーのチャラ男みたけど、もうさすがに懐かしくもありつつ哀しくなった笑
natsuki

natsukiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一言でまとめるとありきたりなダメなバンドマンのために働く女の話。でもそのよくある設定なのにすごい新鮮で90分が早かった。臼田あさ美のダメ男に貢ぐ女感も凄くでてて良かった。後オダギリジョーは安定でかっこよかった。
ななな

なななの感想・評価

4.1

ツチダの気持ちが痛いほどわかった。昔の恋人のどこか特別な感じとか、一緒にいて何にもならないのに一緒にいたくなってしまう所とか、、ダメだとわかってるのにやっちゃう感じがリアルだった。かなこちゃんの 過去の自分のためにハギオに会ってるんじゃないの?は心に響いた。その通り。

せいちゃんの歌声 鳥肌止まらなかった。あの瞬間二人が重なった気がしてそれが更に切なかった。太賀やっぱりいい、、

クリープハイプのオレンジを思い出して聞きながら帰りました。
JP

JPの感想・評価

4.1
人間のリアルさと切なさ、もどかしさが感じられる映画でした。あえて、BGMが流れずリアルな音だけが流れるシーン、すごく好きでした。