南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 182ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

Daichan

Daichanの感想・評価

4.0
友人や恋人との関係を積み上げ、深く作るには時間が必要なのにその関係を崩すのは一瞬

これは恋人との一定の関係がいい崩れ方を表現した映画だと感じた

積み上げた関係が徐々に崩れた時、出逢う前の0の状態ではなく、出逢った頃の1の状態に戻ったことがなにより大きく胸を打った

崩れやすい関係を幾つも持ってることの初心を忘れずに生活して行きたいと感じた

それほど日常を大切に写している映画
あなたにすべて見透かされてるような気がして。もう一生会いたくない。
って所で涙が止まらなくなってしまってずっとしんどかった
SHIN

SHINの感想・評価

3.6
つらいなぁー。

恋愛ってつくづくわからないよね。
誰かのために何かをしてあげる。
しすぎると相手が重く捉えてしまう。
期待に応えたいけど、応えようとすればするほど、苦しく硬くなってしまう。

隠せない感情隠せない自分は優しく信じてあげる事が一番なんだけど、難しいですね。
オダギリジョーのクズ感。
たいがの劣等感、敗北感、最後まで自分を信じる勇気。一番感情移入させられました。
ダメ男を好きになってしまう女子はまだ僕にはわからないかな。でも、すごく感動し、辛さが伝わる映画でした。

この映画のポイントは、BGMがない所かな!役者の表情。台詞の重さ妙なリアル感が集中させてくれるのでとても面白いです。
君を好きなことと、君に好きになってほしい気持ちは、同じようで、全然違うことだった。
何度も何度も経験して気づくことに、ごめんなさいという気持ち。
こんなにもリアルに、でもストレートに感情が透けて見える映画は久しぶりに観た。

ネタバレ
最後のせいちゃんが楽屋で唄うシーンで涙腺が崩壊した。
つちだがずっと聴きたかった曲、あんな形で聴くことになるなんて、切ないし嬉しい。。。
すれ違った気持ちを修復するには、思いやりの気持ちを相手にも自分にも与えてあげることが大事なのかなあ。
タイミングって大事〜〜〜。おわり。
fly

flyの感想・評価

3.9
久しぶりに観た邦画作品。

理解できたりできなかったり、、
つらくて、苦しかった。
好きって気持ちが複雑。

クズだけど、オダギリジョーのバギオめちゃくちゃかっこよかったーーーー。
大賀さんも臼田さんも、演技すきだった。

せいちゃんが最後に歌うシーンが一番泣ける。
yuiri

yuiriの感想・評価

4.1
とにかくハギオ。
ハギオがズルすぎてズルすぎた。

ハギオと煙草は、ダメだ。
昔に引きずり戻されそうになる…
あやか

あやかの感想・評価

3.6
正直、わたしは理解できなかったなあ。

でももう少し見ていたいと思ったし、帰りはなんだか泣きなくなった。
tanako

tanakoの感想・評価

3.3
期待値を上げ過ぎた感はあるけど、概ね満足。

臼田あさ美、好きじゃないんだけど、
なるほど、演技力ではなく、
彼女の持つオーラの絶妙なユルさが、
とてつもなく、ツチダっぽい、という意味で、
ナイスキャスト。

オダジョーがカッコイイとかは言うまでもないけれど、
太賀は本当に、作品を重ねるごとに良い俳優になる。

歌い出した瞬間に鳥肌だった。
あんだけ、劇場で繰り返し流れてて、
アホな詞だなあ、と思ってたのに。

登場人物に共感はし難いけれど、
あのシーンのツチダにだけは、
共感できたかもしれない。


南瓜とマヨネーズ、という
タイトルの意味をちゃんと理解出来てない私は、
日々に流される若者の姿とか、
恋愛における相互依存というか、
人間の弱さを認めざるを得ないよね、て話と、理解しました。


同類の映画はわりと見るし、好きなジャンルなんだけど、
欲を言えば、もっとヒリヒリした感が欲しかった。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.6
気だるくて、ふわふわとしてて、モゾモゾとしてるそんな印象。
下北沢周辺で世界が完結するような、バンドマン達がいる世界には今まで身を置いたことないから実際は分からないけど、下北沢ガレージ、三宿のウェブに実際にいそうなカルチャーな人たちをリアルに醸し出していた気がする。
主人公ツチダの常に空虚な心は全く共感できなくて、泣いたり喜んだりする色んなシーンに寄り添うことができなかった。
何かを得れば何かを失うし、当たり前に近くにいた人は突然姿を消すこともある。
その予感を常に抱えて生きている感じのツチダはこれから幸せになれるのだろうか?

原作未読だから分からないんだけど、この作品に虚しくて冷たい空気が流れてるように見えるのはツチダもせいちゃんも、ハギオもみんな本当の意味で誰とも向き合ってないし、みんなちぐはぐしてるからなんだと思う。
臼田あさ美ちゃんは可愛すぎるし、太賀のラストの笑顔はめちゃ母性本能くすぐられるし、オダギリジョーみたいな色男ダメ男とかマジでいそうだし、キャスティングは好きな役者さんばかりで良かったんだけど共感できないからラストまでカタルシス感じられずじまい。

最後にこれは、うちの旦那さんの意見だけど、臼田あさ美は脱ぐべきだったと 笑。
私の意見としては、色即ぜねれいしょんの時の臼田あさ美のお腹ぽってり感が好きなのので、もう少し太った方が良いと言った光石研に同調してる。
女優の脱ぐ脱がないにいつもうるさい夫婦です。
良かった...劇伴がほとんどない演出も◎
短いエンドロールの後に再度出てくるタイトルを見て、その秀逸さにはっとするのでした。