南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

りり

りりの感想・評価

3.9
漫画の世界そのまま、誰にも共感できないけど、痛々しさすら愛おしい。
みや

みやの感想・評価

3.8
「何やってるんだろう」

いっぱいいっぱいしてあげた事を数えるのは苦しい。
相手を好きだと言ってる自分を認めて欲しい。
自己中恋愛。

依存、便乗、執着。
チリチリとした懐かしい痛みを感じる。
でも何年かしたら、あんな事もあったな、うふふってなるんだろうな、この主人公。
りこ

りこの感想・評価

4.2
臼田あさ美が可愛いのは勿論なんですが、、、、
オダギリジョー、光石研、太賀の役がハマり役すぎて
劇中歌がまるえつだったのもよかった
Jun8

Jun8の感想・評価

3.8
全く感情移入は出来ないけど、なぜかヒシヒシ痛かった。

このレビューはネタバレを含みます

特に大きな波があるわけでもなく、だからといって、流れる小川のような緩やかな雰囲気でもなく、こういう歩いてる道がわからなくなってしまうところがとてもリアルで、なんか全然私と違うのに共感してた。

せいちゃんの歌の所好き。
最初とか最とかの演出も好き。
ツチダとせいちゃんの、いつもの日常。
いつもあった些細な幸せが、気づけばどこにいっちゃったんやろう。何で感じなくなっちゃったんやろう、ってゆう、長くいるが故のこの気持ち。
でも、2人で楽しかった思い出、愛し合った思い出は尊い過去の現実。
その時を思い出すと、めちゃくちゃ切なくて、胸が苦しくなる感覚。

でもね、それって結局は自分がただ相手に依存してるだけで、せいちゃんの為に頑張ってる自分を認めてほしいだけなんやろうな…。
恋愛体質なんやろうけど、まあわからんでもない、、。

「何でこんなになっちゃったんやろう」は自分の中ではハイライトです。
hyak

hyakの感想・評価

-
これ観て三日三晩は放心状態になるくらいの予定でいたんですけどちょっと期待しすぎたな〜〜〜太賀もオダジョもかっこいいけどさ〜〜〜
sgmr555

sgmr555の感想・評価

4.5
魚喃キリコの描くツチダの線と臼田あさ美がスッと重なった瞬間があって一瞬息が詰まった
本当に良かった〜〜本当に良い
ツチダの行動からずれていくせいいちとの距離が本当に絶妙
太賀も臼田あさ美も本当に良かった

何より完璧なエンドロール
gaaaa

gaaaaの感想・評価

3.5
太賀の演技は勿論良かったんだけど、ストーリー的に期待してたのと違った。

土田の行動が汚すぎて、どうも感情移入できなかった。

光石研のいやらしい親父役と、
オダギリジョーのクソ男役はピカイチ。

結局小さな幸せが、涙が出るほど幸せであって、最上のこと。

太賀の歌声は必見。