南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

kolo

koloの感想・評価

3.4
その人との最適な距離を知るまでに、たくさん傷付いたり傷付けなきゃいけない事もあれば、最適な距離にいる事に気付けもしないでいつの間にか離れてしまう事もある。過去の恋愛が美しく思えたりするのは、きっとその距離のせいなのでしょう。

光石研の「もうちょっと太ってくれると嬉しいなあ」という台詞が、アドリブなんじゃないかと思う程に自然です。僕もそう思いました。
ただのメンヘラ女とダラダラ男の話であまりピンとこなかったけど、最後の10分は良かった
tim

timの感想・評価

4.0
とりあえず雰囲気最強の映画!臼田あさ美のタバコも大賀のふらっと感とか、オダギリジョーのだらっと感とか色々良す!!
今回もオダギられたーーーー
そして新しく大賀られた、、

全く共感できないダメダメすぎる者たちのリアルな恋愛劇。

オダギリジョーがハイパーウルトラハマり役でビビる。
ダメ女だけどいい女の、臼田あさ美のリアルさが絶妙。
太賀はすんげぇ、テラスハウスに出てきそうな雰囲気プンプンでかっこよかった。

期待したけどそこまで越えてこなかったので
とりあえずタイトルの「南瓜とマヨネーズ」の意味について追求することにします。
次は「人参とケチャップ」を観てみたい。
咲

咲の感想・評価

3.4
劇中の雰囲気とかなんか、どこにでもある日常みたいな感じとか、緩くて淡々としてる所とかは好き
あとせいちゃんが歌うシーン
オダギリジョーはエロいしカッコイイしクズ役似合うなあ……

共感までは出来なかった…また今度観なおしたい

トップメニューの写真がほんとに凄くいい
確か川島小鳥が撮ってた気がする…
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
.
2018🎬24
南瓜とマヨネーズ
.
私は何がしたいのか分からない
.
.
愛しくて、クズで、あまりにも人間的で、優しくて、どうしようもないそんな映画。
臼田あさ美と太賀の醸し出す雰囲気がまた良い。わかんないけど、日常ってこんな感じなのかなあって。
ツチダ(臼田あさ美)は、ほんとにどうしようもなくて、自分でも何がやりたいか分からなくて、周りに流されて生きてる。周りがいることで、自分の存在意義がある。そんな自堕落な〜〜と思いつつ、自分も最終的な野望をもって人生を生きているわけでもなく、レールの上にのってふつうに大学いってふつうに就職するのだから、ツチダを見て自分の心も痛くなった。
せいちゃん(太賀)は、何という安心感でしょう。ほんとに愛しい、可愛い、守ってあげたいわかるよツチダ!!
ハギオ(オダギリジョー)は、クッソくそで似合ってた(笑)こういうやついる、めっちゃわかる。先のことはわかんないけど、楽しいうちは付き合うんじゃない?ってセリフ、ううわーーーーこういうやつ!おる!ってなった(笑)そりゃそうだ。楽しくないときも、それぞれが自分のペースで居られて、初心を忘れずにいられたらなあと思うけど、それが難しいんだなあ。だんだんマンネリ化してしまって、当たり前から愛情が消えて、離れてから愛しさが分かる。
んー、ツチダとせいちゃんの写真ほんと可愛いなあ。
ゆみ

ゆみの感想・評価

4.5
今の自分には沁みる
1人で生きてく強さはきっと誰もない
ただ1人で生きてるだけで
ものすごく良かった。クロスカッティングと泣き出してしまう臼田あさみに涙腺が刺激される。撮影も段違いのカッコよさ。
bessie

bessieの感想・評価

4.0
大学の講義をサボって部屋でひとりで見た。
それも含めてとても良い時間だったな。
単位落としたらかぼマヨのせいです
一生

一生の感想・評価

3.5
離れ過ぎず近寄り過ぎず
お互いに必ず必要なわけでなく、かといって不必要なわけでなく
まるで「南瓜とマヨネーズ」の様な距離感だった

劇中歌の作詞作曲がやくしまるえつこだったのが◎