南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 226ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

マオ茶

マオ茶の感想・評価

4.4
空気感がとても心地よかった。
別れのシーンやせいちゃんの曲を聴くシーンはとても切なく胸が締め付けられたけど、日常と、非日常と、変化と別れを経たツチダが前を向いて歩き出す姿を観たら、自分も頑張ろうという気持ちになりました。
気づいたらツチダと自分を重ね合わせて観ていて、共感できる部分があったのかも。

キャストが皆自然にはまっていて、演技を見ている感覚がなかった!

上映している映画館が少なかったですが、足を伸ばして観に行ってよかった。
たむ

たむの感想・評価

3.4
タイトルのよくわからなさほど、個的な経験が描かれてはいなかった
Ri

Riの感想・評価

1.4
典型的なくそ原作ファンの独り言です。

『南瓜とマヨネーズ』という作品とは似て非なるもの。だから、これはこれとして楽しんだほうがいいのかな。
まず、原作のツチダはメンヘラだが、映画のツチダはメンヘラではない。男性(監督)に女性のメンヘラを完全に理解するのは難しいかな。あのね、メンヘラってのは、悲劇のヒロイン気取りでなくてはいけないのですよ。哀しさや切なさやどうしようもなさを喜んで受け入れてポエムをしたためちゃうようなやつ、それがメンヘラです。で、魚喃キリコさんは、そういう女性を描く天才なわけで。この映画は大事な部分が抜け落ちてるから、全く違う作品なのです。
あと、もっと日常を美しくきりとってほしかった。

終わったあと、隣の女性二人組が「終始イライラしちゃった。登場人物の誰にも共感できない。」って言ってたけど、登場人物はみんなクソ野郎だからお気をつけあそばせ。
k

kの感想・評価

3.7
臼田あさ美と太賀とオダジョーがみんなそれぞれ役にぴったりで良い。終始だらっとした日々なのに観ていて退屈しない。ツチダとせいちゃんの出会いのシーンがめちゃくちゃ可愛かった。
ハギオみたいな男がモテるのはすごく分かるしついて行きたくもなるけど最後のせいちゃんの笑顔に勝るものは無いな…この映画で一番眩しくて、泣きたくなった。
すごいメンヘラの話だ!と思いつつ、ラストのせいいちが歌う優しい曲が今も頭をグルグル。
yucat

yucatの感想・評価

3.0
この映画をなぜ見ようと思ったんだっけ?と考えながら観てたら、最後のエンドロールで判明。川島小鳥情報を調べてる時に知ったんだった!
内容はともかく(私がもっと若くて、アーティストなんかを目指す男と付き合ってたら見方も違ったんだろうけど)臼田あさ美はいい被写体だった。ぽってり唇が、時にはバカにも見えるけど、セクシーで可愛い。あんなにいい演技する人だったんだなぁ。
あのラフなスタイルに影響されて、今日は斜めがけの大きなバッグを買ってしまった。
誰にも全然共感できないけどこーゆう人いるよね〜って凄いリアルな恋愛映画だった。

臼田あさ美みたいな恋愛体質の依存系の女の子とは絶対付き合いたくないけど臼田あさ美なら付き合いたい、、、

太賀の演技力と臼田あさ美の可愛さとオダギリジョーの格好良さで出来上がって。

太賀の歌とエンドロールの無音もこの映画らしかったけど正直この3人のどれにもなりたくないと反面教師的な見方になっちゃったけど、いつかこの観点も変わって違う感じ方が出来るような気がする。

このレビューはネタバレを含みます

修平くんのレビュー見て、騙されて観に行った。泣いた。マジか。泣いてしまった。あんなさ、もう、泣いちゃうよ。分かるよ、すげえ分かる。あの涙はね、泣きながら自分でも笑っちゃうような涙はね、出るんですよ!!!

水泳部って言った後の光石研の表情がなかったから0.2マイナス。それがあればパーフェクト。オダギリジョーにアンチスレは立たないな。全人類恋するわあんなもん。
あぁいう女は好きじゃない
リアルなんだけど時々くるどっと重い感じがあんまり好きじゃなかった

たぶんちょっとだけ自分に重ねたから嫌だったんだと思う笑
女の人は共感できるやつですね


大賀の最後の歌が良すぎたのと
オダギリジョーの魅力ってハンパないな〜
ってなったから オールオーケー笑笑
しおり

しおりの感想・評価

4.0
ツチダの気持ちが痛いほどわかる私は、ダメ女なんだろうなぁ。何がしたいのかわからない、何かが足りなくてフラフラしちゃうあの感じ。

ハギオあれはダメだよ、どうしたって好きになっちゃうでしょう。笑