南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 573ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

MaiKudo

MaiKudoの感想・評価

-
生活音から始まって
生活音で終わる
27歳、下北沢GARAGE、都夏
少なく見積もっても3回は殺されかけた
クズが似合いすぎてるオダギリジョー
腰にまわす腕と、キス
どちらも手に入れることもできなければ
どちらかを手に入れることもできない
それでも切っても切れないこと
ひたすら苦しかった、死にそうだった
全員種類が違うダメな人たち、でも、愛おしい
ツチダと同じタイミングで涙が出てびっくりした
止まらなかった、拭う余裕がなかった
臼田あさ美と付き合いたい
m

mの感想・評価

-
最後のシーンに全てをもっていかれた。
『わたしたちのこのありふれた平凡は本当はとてもこわれやすくてなくさないことは奇跡』この言葉につきる。

追記:言葉が出ず、ただ優しくてせつなかった。
jack

jackの感想・評価

-
臼田あさ美がものすごく魅力的やけど、ガードの低さ。。光石研と会った後帰って来て、部屋の扉の前で煙草を吸いながらギターを弾く太賀と話す場面が好き。最後は新しくできた曲を聞かせた後、もしくは横断歩道で別れた後終わればよくないか。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

3.8
同級生の臼田あさみちゃん
ますます名演技で良い味だしてきてる!バンドマンのせいちゃん太賀のラストの曲を歌ってるシーン良かったなぁー歌詞も可愛らしい。
オダギリジョーも何でも上から見透かす元彼!?適当感が良かったなぁー

南瓜とマヨネーズの意味が分からないけど雰囲気良い作品でした。

原作が気になります。


(^^;彼女と劇場二人だけで大きなスクリーン貸し切りだった。
まこと

まことの感想・評価

3.8
鑑賞しながら

うわあ・・・ と言いたくなる、ていうか言うてた


ダメダメな女なようで実はそういう自分に酔ってたり

どこにでもありそうなようで実は珍しいケースだったり

身に覚えがありそうで実は心のどこかで憧れてたり

理想の距離感なようで実は救いようの無い距離感だったり


うーん、やっぱり

うわあ・・・ って言いたくなる
tomoka

tomokaの感想・評価

3.9
久々に邦画のラブストーリー観たけど甘すぎなかったので普通に良かった
下北沢GARAGEはエモい
ツチダもせいちゃんもハギオも皆ダメなやつやけど、憎めない。
太賀くんの歌声がすてきだった。
梨都子

梨都子の感想・評価

4.5
最後のせいちゃんに私も涙した。

タイトルの意味は、よく考えないとわからないけど、南瓜とマヨネーズのことを考えたら、多分みんなわかるんじゃないかなあ。

魚喃キリコさんのネチッとした作風(いい意味で)が好きなので原作も是非読みたいです。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.3
先入観持たずに観たら、なんだか素直になれない面倒くさい人たちを女性目線で描いてるなぁーと思ったら、少女漫画が原作だと今頃気づく。。。どうりで満席の劇場の八割方を埋めているのが女性の方々だと良く理解できた!?

映画としては悪くはないが、やっぱり、オダギリジョーが個人的に苦手なんだという事を改めて実感させられた。。。ファンの方々申し訳ないです。

臼田あさ美は素朴な感じがとても良く好印象!
Naoki

Naokiの感想・評価

4.1
90年代の感じのままやるとちょっとイタくなりそうなところ、うまく今っぽく昇華して、かつエッセンスはそのままっていう。実写化にはベストな塩梅だったと思う原作ファンでした。