南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 723ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

ベ

ベの感想・評価

-


ツチダが、ハギオに
飽きられるのが怖いからもう離れる。って言ったところがこの映画でいちばんよかったなぁ。

ハギオは嘘がなくってよかった。ずっと好きでいるって約束はしないし、一緒にいても全然面白くない。とか言うし、でもそうゆうとこがすごく共感できて、モラルのなさがよかったよね。本能で生きてます!って感じで


あなたのためは結局は
自分のためでしかないんだよなぁ〜
それが人間だよね

せいちゃんかっこよかった。クズだけど歌はうまかった。


南瓜とマヨネーズは?
大塚

大塚の感想・評価

-
🎞
支えるという行為で支えられていた。
重い=想い は似てる気がした。
南瓜とマヨネーズは一切出てこなかった映画「南瓜とマヨネーズ」

ドア越しに「なんで、こうなっちまったんだろうな」というせいいちの台詞が哀しい。

せいいちの音楽への夢を叶えるため、身を擦り減らし生活を一身で支えるツチダ。
そんなツチダに後ろめたさを感じながらも音楽に向かい切れないせいいち。
穏やかな日常が壊れたその時から、せいいちは現実に、ツチダは終わりゆく愛にそれぞれが向かい合っていく。

最後、それぞれの自立と旅立ちとせいいちの歌に切なくも爽やかな気持ちになれる。

#臼田あさ美#太賀#オダギリジョー#南瓜とマヨネーズ
けろえ

けろえの感想・評価

4.2
つかみどころのない映画ではありましたが、何故か心に沁みこんできます。
臼田あさ美がナチュラル。大賀演じるせいちゃんが最後に歌う曲がすてき。
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.4
同棲はしたことないけど、恋人との別れがリアルであぁこんな感じだよねっていう既視感。ツチダの発言に、重いよって客観的にはわかっていても、自分のことになるときっと共感できてしまう。それにしても、男二人を鉢合わせて楽しむような女にはなりたくない。音楽がちょっとあれで、雰囲気が好きなだけにそこは残念でした。でも太賀には、もっと歌ってほしかったと思わせる最後の、ニャー。オダジョーみたいな男はダメだとわかっていながら、好きになっちゃうんだよ。誰かに依存しなくとも幸せになりたい、そう考えさせられる帰路でした。
た

たの感想・評価

4.1
切ないけど愛おしい気持ちでいっぱいになった。
上映後の舞台挨拶でオダギリジョーが登壇したときは好きすぎて息止まるかと思った
tohko

tohkoの感想・評価

3.5
珍しいくらいダメな人間しか出てこないwでも恋愛って、そういうものかも…
理性で抑えられないくらいの強烈な衝動
うん、分からなくはない

初めに監督がオダギリ氏に『ハギオは色気しかないオトコ』だと説明したらしい
かなり難しい注文だと思うけど見事に体現していた(*゚ー゚*)
あんなクズ、ホントにいそうだものww←もちろん褒めてる♡
太賀くんの歌声もステキ♪
ちぴ郎

ちぴ郎の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オダジョーの色気やべ〜
俺の彼女になるか聞かれたら神さまありがとうございますと言って泣き崩れるだろうよ…
バンドマンの彼女が臼田あさ美っていいキャスティングだ。
最後にせいちゃんがやっと歌ってくれた時はわたしも泣いちゃったよ、
久しぶりに邦画観て恋したいな〜と思った◎

2017.180
Blanc

Blancの感想・評価

4.0
ツチダの気持ちを痛いくらい共感してしまい、最後の方ボロボロと涙が止まらなかった。
そうしたい訳じゃないのに、こうなってしまうとか、分かる分かるよ〜でもダメだよ〜と。

年に数本出会う、観終わった後すぐ席を立てない作品。
すき。

せいちゃんの歌声、優しかったな。
こにぴ

こにぴの感想・評価

4.0
好きな人のために汚いお金でも稼いでくるツチダに共感してしまったし、揺れる心も葛藤もわかるような気がしてしまった