南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 99ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

綿

綿の感想・評価

3.4
なにがこんなに苦しくさせるのかわからんけど、心臓がぎゅっとなるあかん
どんな恋愛してきても、どこかしらに共感してしまう箇所がある気がする。ミュージシャンもクッソイケメンのチャラい元彼もキャバクラもふつうに暮らしてたら極端な例だけど、切りとる日常がリアルすぎる。
あの部屋しか居場所がなかったり、悲しい時に出会った頃を思い出してクスっとなったり、潜在的あるあるがすごくあった
てかキャスト良すぎん???太賀のことほんと好きになったーーーー
あと同じキャバクラで働いてる子とライブ行って音に乗る的なシーンがあるんだけどまじで体の揺らし方が謎すぎて変なツボにはまって3分くらい笑いを堪え続けてしんどかつた
HBK

HBKの感想・評価

3.5
痛々しくて辛い。モテないおっさんからすると、なんでそこまで主人公が破滅に向かうのかわからない。

映画館で泣いてる女性がいたけど、アレに共感してるなら人生ハードモードすぎだろ…。

オダギリジョーのクソ野郎っぷりが満点!💯
sa

saの感想・評価

3.6
最初は臼田あさみのダメンズウォーカーぶりにまったく共感できずにいたのに
太賀がめちゃくちゃかっこよすぎて、個人的にあのやわらかい役が好みすぎるから
最終的に2人にうまく行って欲しい気持ちになってた
ら

らの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます



原作未読
前情報無しで鑑賞。
せいちゃんの歌を聴く前の泣きかけているツチダの表情がなんとも言えない。
すき、って色々あるよな
ハギオとせいちゃんに対するすきは全然違うし
でも恋愛だし
せいちゃんとツチダは出逢って良かった
エンドロールも凄く良かった
もっと観ていたい
sihosi

sihosiの感想・評価

3.5
原作の好きなシーンがカットされてたのは悲しいけど、ツチダ&せいちゃんの駄目駄目カップルは映画のなかでも愛おしかった。終盤は首がもげそうなほど共感した部分も。幸せってそれが当たり前だと思ったら途端にすぐ見失う。
Masa

Masaの感想・評価

3.9
今に対する孤独感と未来での孤独感の前で迷う女のはなし。
人を愛し続けることの難しさ。
南瓜とマヨネーズって合ってもいいけど無いと少し寂しい。みたいな事なのだろうか。
切なくてかきむしられるような間。
不思議と余韻が残る。
izumi

izumiの感想・評価

-
せいちゃんの音楽以外音楽じゃないの
日常の音を大事に拾って
頭の中だけの世界は無音で広がる

音楽をおしつけ
夢をおしつけ
好きをおしつけ
奔放を追って
支えることで自分を保ってる
まだ分からないおんなとおとこの現実が途中怖くなって(臼田あさ美の顔で)
でもそれはずっと続いてるものだし
愛おしい場面もあるのだと(最後の臼田あさ美で)
20年くらい前に大好きだった漫画が原作。
ほぼ原作通りですが、ラストや細かいところはオリジナル。
話の構成は少し、うーむとおもいましたが、終わり方、とてもよかったです。
ケンタ

ケンタの感想・評価

4.0
恋愛観を考えさせられる。
最後にせいちゃんが作曲した歌をツチダに
歌うところは、これまでのツチダを思うと本当に感動した。
caerupyoco

caerupyocoの感想・評価

3.5
懐かしい友達とどうしようもない身の上話だらだらして、私たち大人になったね、でも変わらないねって笑って別れたあとのなんとも言えないきもち みたいな