南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 99ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.9

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

心

心の感想・評価

3.5
派手な映画ではないのだけれど、なんだかずっと観ていられそうな雰囲気の映画だった。
個人的にはオダギリジョーに終始ときめきましたが、やっぱり太賀…!ってなるくらい、最後の歌がとても良かった。
彼のためにやくしまるえつこが作った歌なのでは?と思うくらい、ピッタリで切なかった。
恋愛映画というより、音楽映画かなぁとなんとなーく感じます。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.7
何度でも後から考えて考えて、となれる映画。
90分の中の構成も好きだし
映像も音も好きだった。
s

sの感想・評価

3.6
ツチダせいちゃんハギオの3人がとてもよくハマってた...(元々好きな役者ではあるけど)

やはりオダギリジョーにダメ男演らせたら右に出るものはいないくらいハマってるしダメ男なのにそれでいてカッコイイなんてズルすぎでしょ...。

男女間において程よい距離感だったりお互いが自立した関係でないと長くは続かないしずっと同じ濃度で接するのは難しいしと自身に重ねて見てもなかなかリアルな恋愛模様でした。

2017.11.18 シネマ・ジャック&ベティ
moe

moeの感想・評価

3.6
ツチダとも、せいいちとも、バギオとも、わたしは違う、と思った。

でも、せいいちが最後に歌った歌は、わたしにも響いた。
太賀の歌唱力のせいか、わたしが迷子だからか。

センチメンタルになりがちな季節に、さらに追い討ちをかけられた。
まゆ

まゆの感想・評価

3.8
新宿武蔵野館にて公開初日に。
世界観がツボだった
共感はあまりしなかった
女性客が多かったでした。

で、作品の感想ですが
悪い作品とは思わないけど絶賛もしないかなぁ。と
悪くは無いですよ。うん

ところで作品を観賞したものの結局のところ、
タイトルの“南瓜とマヨネーズ”の意味が解らない。

2017年11月に映画館で観賞
瑶子

瑶子の感想・評価

-
「日常」だとか「リアル」という言葉で表すことは私にはできなくて、

生活音ですら懐疑的で、


でも見る人によって違うんだろな
そこがいいんだろうな
オダギリジョー演じるハギオの生粋のクズさが◎でした。
ハギオ…!!!
最後の歌もとても良かった。泣いちゃうよね。
原作読み直そう。
なみき

なみきの感想・評価

2.0
俳優さんたちは相変わらず巧みなオダギリジョーさんを筆頭に、朴訥とした空気を自然に生み出す太賀さんなど、すごくよかったです。そして、各場面の構図や色合いもいい。ただ映画としてよくできているかというと、シーンのつなぎとか時間の取り方とかモノローグの入れ方がどうにもこうにもちぐはぐで、見ていてストレスを感じる仕上がりだったように思います。監督さんがもしかしてあまり映画経験のないかたなのかな…。また作中の曲も、やくしまるえつこさんの曲はもともと好きではあるのだけれど、ああいう映画に持ち込むにはあまりに癖が強すぎると感じました。全体的に原作より生々しく嫌な感じが強いとも感じました。
こはる

こはるの感想・評価

4.4
場内暑くて頭いったくなった

生活音がよい〜

久しぶりに再会した元彼は別に成功してるわけじゃないし成長も全然してないし、そんなうまく行くもんじゃないよ〜っていう、全体的にそんな映画。

ツチダは天然物のくそ女すぎて嫌い。自分と何も重ならない。
共感できないんだけど、ラストシーンではツチダと同じようににこにこしながら眉間にしわ寄せて泣いてた。

後半どんどんよかった太賀。歌ぁ
オダギリはまじでうざいくそが。
別れ際のサクッと感が全然ドラマティックじゃなくて良かった。リアル。

あとから見ると予告の構成上手い。
川島小鳥のスチールが映画の中のワンシーンではなくて、写真としてストーリーを補完してたのが良い。グッとくる。