南瓜とマヨネーズの作品情報・感想・評価 - 99ページ目

南瓜とマヨネーズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れ…

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。 しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。 ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョー)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。 過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが...。

「南瓜とマヨネーズ」に投稿された感想・評価

ぱるる

ぱるるの感想・評価

3.9
どこかヒリヒリしている魚喃キリコさんの原作ファン。
最後にツチダがせいちゃんの歌を聴きながらボロボロ涙を流していたシーンは、せいちゃんの歌う姿がひたすら好きだったことが強く伝わってきて切なくなった。
だからこそ、2人分の生活をどうにかするために身体を売ってお金をもらえる道を選んでたんだよね。
でもせいちゃんは働きもしない、こだわりばかり強くて曲もろくに作らない。
そんな状態だからこそ、フラ~っとしてるハギオに寄りかかりたくなってしまうのがわかる。
もうハギオにふらふらすることはないだろうけど、絡まった糸がほどけてリセットしてからのツチダとせいちゃんの今後が見てみたいなと思った。
臼田あさ美ちゃんのサブカル女子っぽいスタイルの良さ、太賀の歌声、クズだけど色気があるオダギリジョー、どれもよかったです。
maru

maruの感想・評価

4.0
久しぶりに素敵な作品で配役がハマってました。不覚にも最後のシーン、
せいちゃんの歌とツチダの泣き顔に心掴まれちゃった…

こんな日常に溢れてるんだな。
また観ようと。
ひろこ

ひろこの感想・評価

4.0
最近観るのは自分の人生とかぶせやすいものばかりの傾向。。


あったなぁ
こんな頃

的なね。。。
KEISUKE

KEISUKEの感想・評価

3.6
総じてみんなダメな人間。でもそれがリアルかも。カットと時間の経過の感覚が面白い。
kayo

kayoの感想・評価

3.7

はたからみたらきっとみんなクズかもしれないけど、長い人生のうちでこんな風に生きる時期があっても良いよなあと思うような作品。

周りからみたら許せないような太賀の甘えた生活にツチダが必死になる姿って意外とよくあるし、このラストが正解って思うしかない

ハギオとせいちゃんは対照的だけど根の部分が同じなんだろうなあ

誰もいない深夜の下北沢ガレージが良かった
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
2017-205-157-048
2017.11.25 なんばパークスシネマ Scr.9

・懐かしい(^_^)ライブハウスの雰囲気
・キャストがいいよね( ̄▽ ̄)b!
・ありのままの日常。等身大の悩み、息苦しさ

原作未見。

臼田あさ美さんの雰囲気が何となくいいんすよね。
名前を見かけると観たくなっちゃう。
で、本作鑑賞。
久しぶりにワールド堪能しました(^_^)(笑)

いやぁ~・・・
懐かしさ全開でした♪(* ̄∇ ̄)ノ

昔音楽やってたんですよ。
で、ライブハウスにも出入りしてて・・・
懐かしい、昔とあまり変わらないそのままの雰囲気に浸ってきました。

キャストも、ライブハウスからそのまま出てきたよう。

臼田あさ美さんは体型もピッタリ!( ̄▽ ̄)b!
もちろん雰囲気も(笑)

オダギリジョーも・・・
あんな奴居そうf(^_^;
あるある!みたいな(笑)

光石研さんは相変わらず芸達者で

太賀さんも雰囲気出てたね( ̄▽ ̄)b!
もう少し細い方がもっとやさぐれミュージシャンらしかった気もするけれど・・・そこは個人の見解かな(笑)
ラストの唄。凄い良かった(゚д゚)
あれ・・・太賀さんなの?
吹替でなく?
ハナレグミさんかなとか思った?

思ってたほどドロドロでもなく、

若者たちの「日常」が、
悩み、しあわせ、息苦しさ
そういったものがありのままに描かれていたかな。

みんな、お互いを思いやって、
だけど傷つけあって、
それがやるせなくて。

そして、改めて優しさを悟り、
自分自身を見つめ直して
成長していく。

そんな風に鑑賞しました(^_^)

懐かしい空気や風景に再会出来ました。
楽しみました(^_^)

追記。
南瓜とマヨネーズの意味は分からなかったf(^_^;
こへ

こへの感想・評価

2.8
ヒロインに共感を覚えない。
終始かわいそうだなという気持ちだった。
寄り道をせず王道を行く人から見たら男も女もみんなクズ。
とりわけ女のクズなんてリアルではなかなか見る機会がないのでそういう意味では貴重な映画。
肩の力を抜いたオダギリジョーは凄い。
冨永監督の前作「ローリング」を彷彿とさせるツチダとせいちゃんの生活感。金を入れたアメスピの空き箱、キッチンに積み重なった生ゴミ。どうしようもないクズしかでてこないのにみんな一生懸命生きてて、それでいてどこか魅力的にすら見えてくる。冨永監督の女優を可愛く撮る力(「パンドラの匣」なら仲里依紗、「ローリング」なら柳英里紗)はよく知ってたけど今回は太賀がひたすらに良い。原作にあるエピソードなのかはわからないけど元バンドメンバーに戻ってこいと言われて、帰り道に壁をぶん殴りながら泣くせいちゃんにどうしようもない人間臭さを感じてしまった。

昼間に酒を飲むシーンが比較的多くて(せいちゃんがバンドに戻ってこいと言われる居酒屋、バンドBBQ、せいちゃんのパーカーを着たツチダとハギオの立ち飲み)どうしようもないクズたちのいる世界が際立ったような気がする。
a

aの感想・評価

3.8
メモ
ガレージがでてきた。
やくしまるえつこ。
共依存ってどろどろしている
ハギオ、オダギリジョーじゃなかったら最高に気持ちが悪い。