ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.6
嶋田久作の台詞に字幕入れてほしい
あやか

あやかの感想・評価

3.5
桐谷さんがかっこよかった!
二郎のスピーチが、、つらすぎる、もう刺してくれ
篠田麻里子どエロい

このレビューはネタバレを含みます

展開が面白いので少し面長なシーンでも見入った。
新しく介入する人がそれまでの平穏を乱していく話の連鎖が良かった。

このレビューはネタバレを含みます

脚本がとても良かった映画。積み重なり、すれ違いつづける展開に2時間惹きつけられました。

地方都市を舞台にした、土地の利権争いに巻き込まれる三兄弟の話。

ビジランテは「自警団」という意味ですが、長男の持つ土地の相続権を焦点に、三兄弟それぞれが、それぞれに守るものがありつつ、
もしかしたらそれよりも大事なものの周辺を、ぐるぐると回って決して中心には辿り着けない感じ。

いろんなエピソードがあるのですが、それぞれの組み立て方が上手で、ああ、ここに繋がるのか、こう順序立てるのかって勉強になりました。

それでいて、語らないところ、想像に任せるところ、見せなくていいところはバッサリ切ってます。

あの三兄弟が、ちゃんと食事に行けてたら、話ができてたら、あの結末にはならなかっただろうなと思います。
中心に行けず、囚われ逃れられないままもがく様を描いた映画かなーと。

主役の桐谷健太が、パッと見怖そうだけど、優しさが分かってよかった。
最後の這いつくばるカット、その表情が切なくかっこいい。

痛いシーンは、ゾワッとするほど痛いです。

追記
一郎の動機や過去が語られないのは、それこそ三兄弟での食事のときに語られるべきものだったからだと思う。
二郎や三郎の思いもその時に。

すれ違いと死によってそれらの機会は失われて、永遠に知ることができない。
カオ

カオの感想・評価

3.5
新宿へ移動して映画。
ビジランテ。
内容がわからないままいろいろ進んでいくけど、それが逆にリアルなのではと思う。
でもなんとなくわかる。
これで私はオッケー。
なかなか残虐なシーンも多く、疲れたw
桐谷くん。
カッコよかった。
三郎はいいやつだ。
好きになったわw
Shirota

Shirotaの感想・評価

3.8
桐谷健太、カッコ良過ぎ!彼のシーンが1番ドキドキした。
織田

織田の感想・評価

4.7
バイオレンスだけではなく様々な「力」が渦巻く作品。桐谷健太演じる三郎が「引き抜く」シーンは観ていて息が止まりそうになった。痛いのがダメな人はご注意を…
http://www.eigakatsudou.com/archives/23240257.html
>|