ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.6
嶋田久作の台詞に字幕入れてほしい
【自分の為か兄弟の為か】
終始ゾワッとする雰囲気。舞台である田舎のドンよりとした空気感とアウトローな時代背景。

賛否両論あるみたいですけど、私はすごく好きな作品です!
soken

sokenの感想・評価

2.5
狂気が足りない
げんき

げんきの感想・評価

4.8
桐谷くん最高…。
ino7010

ino7010の感想・評価

3.3
田舎のおもーい空気を描いたよくある邦画かなー特筆すべき人物描写や印象に残る演技や場面もなく。登場人物の心情もイマイチうまく理解できなかった。
深谷守

深谷守の感想・評価

2.5
今の時の映画を感じられない。
残念。
YK

YKの感想・評価

3.0
記録
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
大型商業施設の誘致計画が進む、埼玉県のとある閉鎖的な地方都市深谷。地元の有力者の子供である神藤三兄弟の長男・一郎(大森南朋)は父武雄(菅田俊)の死をきっかけに30年もの間行方知れずのまま、次男・二郎(鈴木浩介)は地元の市議会議員、三男・三郎(桐谷健太)は暴力団の下でデリヘルの雇われ店長というように、全く異なる道を歩んでいた。
そんなある日、一郎が突然2人の前に現われ、父の遺言書を盾に土地を相続すると主張し始める。これをきっかけに、商業アウトレットモールの誘致に新藤家の土地が必要な二郎、過去の因縁にケリをつけたい三郎など三兄弟の欲望や野心、プライドがぶつかり合い、アウトレットモール建設予定地に住む在日中国人と自警団の抗争、やがて事態は凄惨な方向へと動いていく。
かつて自分たちを虐待した市長の父親を殺そうとしたが、家族と故郷を棄てた一郎と父親の跡を継ぎ出世することで死んだ父親に認められようとする二郎と兄貴に負い目を感じて生きてきた三郎の父親や過去や家族に縛られた三兄弟の葛藤、アウトレットモール建設予定地に住む在日中国人と自警団の抗争、アウトレットモール建設予定地の新藤家の土地をめぐるヤクザの抗争、テーマが散らばり過ぎて掘り下げ方が中途半端になっている。
特に新藤家の土地に執着する一郎、一郎に負い目 を感じている三郎の心情が分かりにくい。在日中国人に対する自警団の若者の反感すら利用する政治家やヤクザの悪辣さに背筋が凍る。
地方の閉塞感や家族の呪縛をテーマにしたサスペンスノワール映画。
Husky

Huskyの感想・評価

3.4
俳優陣と単館系特有の薄暗いストーリーから期待してただけに、三兄弟の人間性(特に長男)や話の筋など色々消化不足に感じた。
書庫番

書庫番の感想・評価

4.5
2017年12月21日 シネマシティにて鑑賞。

地方都市に吹き溜まる、生々しくねっとりとした質量を持つ暗闇。
圧倒的な閉塞感を伴い、澱のように腹腔を満たしていく。
物語が進むにつれ、体力は削がれ、精神は沈む…。

これだ。
欲していたのはこれだ。
今年(=2017年)まだ出逢っていなかったのはこれだった。

抑えた演技で主役を張った桐谷健太を始め、俳優陣が素晴らしい。
中でも、劇中で放つ存在感に圧倒されたのは、篠田麻里子、岡村いずみ、坂田聡。
女優感が増した、篠田の太々しさ。
演技に裏打ちされた岡村の艶っぽさ。
そしてジョビジョバ坂田は本当に名脇役となったよね。
>|