ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.6
嶋田久作の台詞に字幕入れてほしい
山敦

山敦の感想・評価

4.0
末っ子としてはつらい。皮肉なタイトル
表社会裏社会、どちらも汚い。
守るべきものを守るには犠牲が付き物だと…
それでも人は生きていかざるを得ない。
Iri17

Iri17の感想・評価

4.6
不愉快極まりない映画だ。日本の腐った部分を片っ端から出したような映画で、日本という国の暗部を描いているからこそたまらなく不愉快(いい意味)。くだらないもののために意地を張る一郎、ただただ利己的に生きる二郎、絶対に自分を曲げずにまっすぐ生きる男三郎。

本当にクズばっかりでイライラするけど、仕方ない。人間なんてこんなもの。でも、特に腐ってたのは二郎。自分が1番まともなフリをして、自分の地位の事しか考えてない。政治もヤクザも篠田麻里子もみんな腐ってる中、三郎とデリヘルの女の子たちだけは本当の意味で汚れていなかった。自分という芯がある。今の時代、芯を通して生きるのはプロ野球でドラフト指名を得るくらい大変だからこそ心を打たれた。彼と彼女たちは『彼女の人生は間違えではない』にも似ている。大変でもありのままでいる事の大切さをすごく学んだ。

僕がこの世で1番嫌いなのが人種差別なので、画面の中に行ってガキンチョをボコボコにしてやろうかと思った。けどそれはこの映画のテーマである憎しみと暴力の応酬と同じだと気付いてハッとした。

5点つけようとかと思ったが、一郎の過去がイマイチ釈然としないで少し引きました。最低のクズなのに一郎超カッコ良かった。
swd

swdの感想・評価

3.5
2018年最初の作品。

EX参加作品。
篠田麻里子がエロくてとても良かった。初めてこの人を良いと思ったわ。
あと桐谷健太。クソみたいなCM出てないで頑張ってください。
xxxxxxx

xxxxxxxの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録
イチおじさんお久しぶりです。
主演3人と脇を固める俳優さんの方々それぞれ魅力があってとても良かったです。特に大森南朋さん。やはり好きな俳優さんと再確認。それと菅田俊さん。渋いです!迫力ある演技なさってました。
般若さんの演技は初めて拝見したのですが良い意味で痛々しくて個人的に印象に残りました。
桐谷健太さんには今後もかなり期待してます。
入江悠のオリジナル脚本ということだけでもかなりの価値がある作品。
田舎の閉塞感、父親からの呪縛などにがんじがらめになった三兄弟の話。
ノワール色が強く、暴力、権力、金、セックスが渦巻く田舎の社会の描き方が上手い。三郎の苦悩、二郎の葛藤、一郎の守りたかったものが丁寧に描かれており、それを演じるキャストの演技も圧巻。
特に二郎は「あー、いる!この人」感がすごい。
篠田麻里子もすごく良くてびっくりしたけど、濡れ場はイマイチ。
もっと欲しかったかも。
matsubo

matsuboの感想・評価

3.5
入江監督の作品はどれも田舎の閉塞感を描いたものらしいが、本作もまさに田舎の閉塞感。すべてが閉じられた狭い世界で展開し鬱屈している。
オープニングのヌメッとした闇の映像がよい。

一郎、二郎、三郎という雑な名づけが、父子関係を端的に表している。父親から逃走した一郎が、父親の忌むべき部分を色濃く引き継いで帰ってくるところから始まるので、そういう家族の物語なのかと思いきやそうは展開していかない。結局、この映画にとって一郎は何だったのかがよくわからなかった。
三郎がずっと不憫。最後は二郎も不憫。

お箸の痛いシーンがあるのだが、テーブルの下を見せたところがよかった。あと抜くときの桐谷健太の顔演技。

濡れ場が微妙な感じで、なんかサイズ感あってなくない?という気がした。

現実を現実どおりに描いているので、主演3人はもっとマイナーな役者さんだったらよかったかも。
>|