ビジランテの作品情報・感想・評価

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

3.6
嶋田久作の台詞に字幕入れてほしい
meran

meranの感想・評価

3.4
邦画は結構こういう映画が多い気がする^ ^

出てくる登場人物人物がロクデモナイ^^;

救いの無い展開と結末^ ^

で、殆どが田舎町が舞台。

設定が庶民的と言えば庶民的だけどあまりにも酷い^^;
息苦しい。
誇張しまくったフィクションとはいえ、地方都市ならこういう閉塞感はあるかもというリアリティ。
役者みんなすごいけど、いちばん怖いのは般若。ラッパーなのね。もちろん素じゃなく演技だろうけど、表情も仕草も雰囲気もチンピラの頂点という感じで怖すぎる。
最終的に救いはない。みんな生きるのに必死なだけだけど、肯定したくない。でも今を生きるためには仕方ないのかもしれない。でも肯定したくない。

いちばん不気味なのは自警団。善意の押しつけは恐ろしい。
少年が暴走したのは自警団の後押しがあったから。
さらに暴力団は政治家の自警団的な存在と言えるかもしれない。
その政治家さえも地域の自警団的な存在なのかも。
タイトルがビジランテ=自警団ということを考えると、そういう広い意味なんだろうなと思う。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.6
【錯綜する三兄弟】76点
ーーーーーーーー
監督:入江悠
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
収録時間:125分
ーーーーーーーー
こういうノワール系映画は割と好みです。もう少し刺激的でも良いと思いましたが最後まで楽しめました。生き別れた三兄弟が、暴力を振るっていた父が亡くなってから再開。三郎はデリヘルの店長、二郎は市議会議員、と生き方は様々でありました。土地を相続する話が進んでいた中、公正証書を持つ一郎が現れたことにより話は錯綜していきます。

まず、デリヘル店長をしてる三郎が事態をかき混ぜてくれます。裏にはヤクザが絡んでいて最終的には自分たちの家だったところでドンパチが繰り広げられてしまいます。なにもかも変わってしまった三人。特に一郎は怨念の塊というのか、不可解な中年男性に成り果ててしまいました。

邦画にノワール系をやらせたらかなり秀逸なものが多いのが個人的な印象。そう考えると、今作はもうひと押しだったのですが、ラストの緊迫感は中々のものでした。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.5
3兄弟役、みんな上手いけど、
やっぱり桐谷健太のあの左手のシーンでの演技は非常に素晴らしかった。
見ている方も力が入った。

脚本的に、デリヘル嬢からのソープは無理があり過ぎる。

意外と良かったのは篠田麻里子。
ただ、もう少しだけしっかり匂わせるシーンがあってもいいのでは。

内容的に少し、韓国映画のアシュラを思い出した。

韓国映画の場合は暴力をテンポよく描いてエンタメに高めているのに対して、
邦画の場合はどうしてもそのまま暗く描いて、重たくなってしまう。

次男のパーティでの口上シーンも、劇伴はひたすら重い。
邦画らしいと言えばらしいのだけど。
もう少し突き抜けて欲しいとも思う。

最後の女性の会話は良かった。
背中姿も。
はね

はねの感想・評価

3.2
大森さんの猟奇的な感じ。桐谷さんの言葉少なくとも最後は兄貴への愛が垣間見えた感じ。鈴木さんの市議会議員と篠田さんは配役としてはどうかな???

じんわり怖いというか猟奇的というか、何て言えばいいのか難しいけど。

私はあんまり好きではないんです、グロめが😢でも、まー見れました。2回くらいみてるけど、何かまだ掴めない、、、、。
HORI

HORIの感想・評価

4.2
作品を通して暴力の配分がちょうど良かった。
負のオーラを纏いながらずっしりと確かな足取りで物語が進んでいく力強さ。
S

Sの感想・評価

3.0

般若最高だったなあ。
出てきた時「おお!」って声出た。
大森南朋かっこよかったなぁ。
靴を脱げ!
この二人見れて満足。

それ以外は、あともう一歩振り切って欲しかったなぁという印象でした。
fumi522

fumi522の感想・評価

3.5
般若コワイ
ただただ地方の闇を詰めたようにしか見えない情報な映像。これを映画と呼べるのかさえ分からない。
>|