ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

過剰な表現が多過ぎて疲れるし笑ける。登場人物たちの関係とかもつれ具合とかはすごくおもしろかった。
fumipen

fumipenの感想・評価

1.0
兄弟のやりたい事が、最後までわからない。
良さがわからん。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

3.8
入江監督らしさが爆発してる
閉塞感バイオレンス。
サイタマのラッパーも
また観たくなってきた。
桐谷健太、元々好きだけど、
今回は特に最高(●´ω`●)
閉塞感でいっぱい。舞台になった町の人、嫌だろうなぁ。次男の嫁が一番嫌い。私が守りたいものはワンコだけかな。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
よくわからない展開。親父に虐待されていた神藤3兄弟の夫々の思惑が入り乱れている。長男(大森南朋)は土地の権利に執着し、次男(鈴木浩介)は市議会議員としてショッピングモール誘致委員会に入る事に夢中。三男(桐谷健太)はデリヘル業。次男嫁の篠田麻里子が良い演技だった。大森南朋、桐谷健太は相変わらず大根。
こやち

こやちの感想・評価

3.8
怖いと言うより終始胸くそ悪い。自警団が守りたいものとは?はたから見たらバカっぽい。みんな、きっとそんなものを必死で守ろうとしている。
田舎のヤクザがジャージのチンピラにしか見えない。田舎の演出?三郎があんなのにヘコヘコしなくちゃいけないのはなんだかな。横浜のヤクザにボコって欲しかった。
三兄弟ともあんな風にしか生きられなかったのか。川を渡った一郎と渡れなかった二郎と三郎。二郎はこれからどうやって生きていくのか。

神藤パパの菅田俊さんやっぱり怖い役。もしかしたら一番怖かったかも。
桐谷健太が男前だった。前半凄く嫌な役の大森南朋に途中から肩入れしてしまった。
「靴を脱げ」
怖い世界の嫌・怖・痛い話です。何とも田舎ノワールですね。
hontochi

hontochiの感想・評価

3.7
濃密で息苦しい程の人間ドラマ。地域が抱える閉塞感も色濃く映し出され、リアリティという点では一見の価値あり。
>|