ビジランテの作品情報・感想・評価

ビジランテ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

高校時代に失踪した長男・一郎(大森)。市議会議員の次男・二郎(鈴木)。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)。別々の道、世界を生きてきた三兄弟。父親の死をきっかけに、失踪していた一郎が、30年振りに突然帰ってくる。そしてその後、再会した三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。

「ビジランテ」に投稿された感想・評価

過剰な表現が多過ぎて疲れるし笑ける。登場人物たちの関係とかもつれ具合とかはすごくおもしろかった。
takusato

takusatoの感想・評価

3.4
2018-036
入江悠監督作品。
日曜の朝から観るとキツイ…テーマ一貫してる。
Ichi

Ichiの感想・評価

4.5
「靴を脱げ」
nowadays

nowadaysの感想・評価

2.9
ミスティックリバー意識してそうだけど主要の3人の交錯が弱いし川も大して活きていない
キーマンとして大森南朋の扱い方も他にどうにか出来なかったか
あとヤクザが全然迫力がなく、ピストルの使い方もダサいし、そして般若もいい人にしか見えず暴力パートがキツ目
鈴木浩介が議員のセンセーに握手無視される場面の方がよっぽど緊迫してた
鉄箸引っこ抜く時の桐谷健太の顔が面白かったのと、逆に篠田麻里子のアップはしんどいなと
RYUYA

RYUYAの感想・評価

2.5
つまんなかった。
リズム感もあってラップもうまいのにワードセンスがクソださかった昔のT-Pablowみたいな映画だった。

特に暴力描写・濡れ場は所々背伸びを感じるような演出が多く、ごあいにくの爪先立ち、ドンマイ。

色温度は『ミスティック・リバー』で、カーセックスは『そこのみにて』で、音楽は黒澤明の国産輸入品。サンプリングのセンスが自分の好みとことごとく合わず、途中から違うことを考えてしまった。

こうゆう‘‘渾身の”系の映画でも微妙だったら、日本映画マジでやばいな...
自警団のディストラクションベイビー2人が引き起こす中国人への報復というサブプロットは、物語の波形を増幅させるための間繋ぎにしか思えないし、そんなシーンならいらない。1番悔しいのは、最も惹きつけられる芝居を吉村界人にさてしまってること。あそこは逆に派手をやろうとしても抑えつけるべきだよなぁ。

でも、エキストラの声を聞き取れるくらいのボリュームで随所に入れるリアリティ演出はすっげーうまかった。
あとはリアリティぜろ。
『太陽』もそうだったけど、台詞がダセェし嘘くさい。
「いろきちがい」なんて言わねーだろ。
西川美和みたいな“わざと”の嘘くささができてないのが可哀相。

ただ、このテーマを描きたい!という思いだけを叫ばれている感じがしてウゲェッてなるからやめてほしい。

つーか、ノワールって、そうゆうことじゃないから...
サコ

サコの感想・評価

2.5
好きな暴力系
冷たくて、感情がなくて、
すべてもので、
ここに感情を求めても、ものでかえってくる。
やれよ、ものでかえせばいい
悪くはないんだけどなぁ~(^-^;
この手の血なまぐさい暴力的な世界を描いた映画って韓国の映画の方が一枚上手だよね。
日本じゃまだまだこのジャンルでゎ韓国より良い作品ゎ作れないと思う…
2017年 ジゴクのメモリー
くまみ

くまみの感想・評価

1.5
全然入り込めなかった…
予告を観たときに『あ、これ面白くないやつだ』と感じた気持ちは変わることもなく…

篠田麻里子なかなか良かったなぁ。

世の中の見ても触れてもいけない事と兄弟の絆のような愛のようなものがある映画だった。
>|