さぶ太郎

空飛ぶタイヤのさぶ太郎のレビュー・感想・評価

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)
3.6
試写会にて鑑賞。

さすがの池井戸潤。起承転結がしっかりして、二時間というー映画のスピード感で飽きることなく観終わりました。疲れてる時にはオススメです!!

でも、池井戸潤の作品で、こんなカッコイイ主役いました?!長瀬くんみたいな、喪服がモードになる配送会社の社長なんている??いやそれに、車の販売カスタマー部?にディーンみたいな、汗ひとつ感じない綺麗な顔の人がいるの??いや、いないと思う。だからか、イマイチ入り込めない感はありましたが、いつもとは違う配役を楽しみながら、善と悪を存分に楽しめる映画です。
岸部一徳さんの髪型が、印象に残りました。