クドウサキホ

空飛ぶタイヤのクドウサキホのネタバレレビュー・内容・結末

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

映画のスピード感と上映後の爽快感が凄い、最後主題歌流れたタイミングで鳥肌経った!!「気持ちいい〜」という謎の感情が生まれる。今年の邦画で1番好きだった〜

長瀬くんと、ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、三項対立の関係がイメージとしてあって、活躍する場所は違って、正直途中まで活躍しきれてないかな?って思ってた高橋一生でさえ、小池栄子演じる週刊誌記者とのカフェでのやりとりを見るとひっそりと陰ながら上と戦ってるのが伝わって、それぞれの場所で各自奮闘してる構図の脚本と演出が見事すぎた。

喪服着ても様になる長瀬さんとディーンさん、絵になりすぎてラストシーンは絵画そのもの