くう

空飛ぶタイヤのくうのレビュー・感想・評価

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)
3.2
原作は未読、WOWOW版未視聴、でも安定の池井戸ワールド。善良な中小企業に危機、巨大な敵・大企業、そこに絡む銀行……。

違うのは、あの!スタッフではないので顔芸不在、普通に落ち着いた作品になっている。

実は、結構弱いので(笑)ウルっとします。

プライドだ意地だ夢だを飛び越えて人の命に関わることなので、憎らしい組織は本当に憎らしいし、主人公を応援しない要素がない。

サラリーマンがいかに世知辛い組織だとしても、馬鹿正直過ぎるとしても、飲みこまれない強さで立ち向かう人たちの姿は尊い。

「顔芸がない」と書いたけれども、役者さんたちの演技はいつもドラマなどで見ている以上にテンションを抑えたものだと感じた。みなさん自然に怒るし自然に怒鳴る、だから見ている方も引かなくて済む。

ストーリーは「きっとーーだろうな」と思いつつも引きこまれる。

池井戸作品が好きな方は恐らく満足できるだろうし、他の映像作品で若干引いている方も新鮮な気持ちで見ることができると思う。お薦めします。