TAKA

空飛ぶタイヤのTAKAのレビュー・感想・評価

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)
3.8
2018-106-096-010
2018.6.20 TC六本木ヒルズ Scr.9

・勧善懲悪のカタルシスが堪らない♪
・本来は連続ドラマ向きかな?
・何で・・・?

原作未見。

何て言うか・・・
ほぼ想像通り楽しめたって感じです(^_^)
たとえ結末が想像通りでも、この勧善懲悪的なカタルシス感は堪らんですなぁ♪
(* ̄∇ ̄)ノ♪

ただ、途中の銀行との交渉とか、生々しすぎて少しだけゲンナリしちゃった部分はあるけれど。
いや一応ビジネス・パースンなんでf(^_^;(苦笑)

それでもトータルではやっぱり楽しめました♪
(* ̄∇ ̄)ノ

キャストの力とテンポの良さかな。(^_^)

まずいきなり!
犠牲になる主婦、谷村美月!?(゚д゚)
台詞ないよ!?!!(゜ロ゜ノ)ノ
笹野さん、柄本明さん、佐々木蔵之介。
佐々木蔵之介は何気にシビれたな(^_^)

主役2人がカッコいいよね~(* ̄∇ ̄)ノ
次から次へと展開するドラマのテンポの良さと相まって、2人の魅力でドラマをぐいぐい引っ張って、クライマックスのカタルシスに導いてくれた(^_^)
スカッとしたぜ♪
フワッホー♪(* ̄∇ ̄)ノ♪

でもまぁ気になった処もあって・・・

2人がステレオタイプ的にカッコ良すぎたかな。
特にディーン・フジオカ。
リアリティーが薄れてしまってたような。
そして長瀬智也。
想像以上に中小企業の社長が嵌まってた(^_^)
だけど一度も深々と頭を下げてなかったな。

リアリティーと言えば・・・
う~ん。今どきあんなにコンプライアンス意識低くて悪辣な銀行員や会社員って流石にいないと思うけどf(^_^;
岸部一徳さんはあるかもね。ただあんなボサボサ頭はしてないと思うけど(笑)

それとやはり各エピソードの描き込みは不充分ではあったかと。
ま、それは尺の問題で仕方ないかなとも思うんで。
本来は連続ドラマに向いた素材なんだろうな。

色々と書いちゃいましたけど楽しめましたよ~♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
ス~~っとした♪( ̄▽ ̄)b!

・・・最後にもう一つだけ。

なんでサザン?