空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
原作は、下町ロケットの原作者でもある池井戸潤さんの小説で、実際に起きた「三菱リコール隠し事件」をもとに、中小企業対大企業の対決を描いている。
サラリーマンとしての立場、中小企業の立場などの日本社会の歪を描いた骨太の作品で見応えがあった。
ただし「三菱リコール隠し事件」は、本作のモデルであろう母子3人死傷事故にとどまらず、その後、トラック運転手死亡事故も引き起こし、さらなる悲惨につながった。
この事件まで描いて欲しかった。
小説見てからの映画だったので、いろんな場面が削られててちょっと残念。
ゆたろ

ゆたろの感想・評価

2.8
やっぱり小説の方が良かった。なんか映画は変な感じがした。
ポポ子

ポポ子の感想・評価

3.7
おディーン。
towasaki

towasakiの感想・評価

2.9
やはり、800ページには負ける
先が読めちゃうけど、安心して楽しめる映画
shunsuke

shunsukeの感想・評価

3.8
キャストが豪華。池井戸さんが得意とする感じの作品だった。
gari

gariの感想・評価

3.5
登場人物の多さと尺が不釣り合いな印象は拭えないけれど、物語としては純粋に面白い。池井戸潤作品における勧善懲悪がきちんと描かれており、大企業の転落に至るカタルシスは得られる。
ただ冒頭の通り、上下巻の長編原作を2時間そこそこの尺に収めることは土台不可能で、個々人の葛藤、決意を中心とした人間ドラマは希薄になってしまう。
また、その個々人が揃いも揃って主役級なため、「もったいない」というのが率直な感想。
スズ

スズの感想・評価

4.0
悪くない
池井戸作品はやはり良い
>|