空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

やめ

やめの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに邦画。

池井戸潤の作品だから気になって鑑賞。

大企業ってやっぱり闇の深い部分あるよなぁ…って思った笑
この映画では正義が勝つスカッとした気持ちになったが、、現実では違うようにも思える。きっと悔しい思いをしながら泣き寝入りせざるを得ない人達ってたくさんいるんだろうなって感じた。

でも現実とは違うからこそ、いいのかもしれない。

なにはともあれ最後には正義が勝つというストーリーが私は好きだし、やっぱりそうであってほしいと思う。
mito

mitoの感想・評価

4.0
観賞記録。
原作未読。

ドラマと違って、限られた時間内に納めなければならないため逆転のスカッと感が少し弱い気がした。

男前が多く、目の保養になります❤
組織の論理がよくわかる。勉強になる。
長瀬くんとディーンフジオカがかっこよすぎる。

このレビューはネタバレを含みます

安定の池井戸作品。
ロゴは日野自動車だけど、モチーフは三菱自動車かな。大企業の中の人間がどのような心理で隠蔽へと動いてしまうのかが客観的に良くわかる。長瀬くんの最後まで戦う姿勢はカッコいいけど、いざ当事者だと自分は同じ決断ができるか。。
YuyaAraKi

YuyaAraKiの感想・評価

4.2
池井戸潤ファンで視聴
この人の企業ドラマは
ほんと分かりやすくて
最後にハマっていく感じといい
見せ方といい大好きです。
MIKU

MIKUの感想・評価

3.5
今、レイトショーで観て来ました!出演者さん達が豪華でイケメン揃いだったのですが、浮かれてる場合じゃなかった…

実際に事実が闇に葬られ、力の弱いものは泣き寝入りするしかない現実があるって悔しい…悲しい…
こういう事はあってはならないのだよ!
最後には正義が勝つ!!
私はそう信じていたいね。

長瀬智也が、もがき苦しみながらも自分や仲間を信じて最後まで諦めない社長を熱演。
彼には真っ直ぐな役が似合うね~
そして、
深田恭子は巨大スクリーンで観ても可愛かった…
可愛いも正義ですなっ!笑
kikiww

kikiwwの感想・評価

3.5
最後には正義が勝つとわかっていてもハラハラさせられました

ディーンさん、大画面で見てもお美しい
長瀬くんはちゃんと中小企業の社長さんでした
高橋一生の頑張りももっと見たかったな
まさ

まさの感想・評価

3.4
池井戸さんの作品だけに展開が面白かった!
ただちょっと内容が難しいかも
ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.0
原作は、下町ロケットの原作者でもある池井戸潤さんの小説で、実際に起きた「三菱リコール隠し事件」をもとに、中小企業対大企業の対決を描いている。
サラリーマンとしての立場、中小企業の立場などの日本社会の歪を描いた骨太の作品で見応えがあった。
ただし「三菱リコール隠し事件」は、本作のモデルであろう母子3人死傷事故にとどまらず、その後、トラック運転手死亡事故も引き起こし、さらなる悲惨につながった。
この事件まで描いて欲しかった。

このレビューはネタバレを含みます

外さないだろうなと思ってたし
面白そうだと思ってたけど期待を裏切らず
面白かったです。

150点とかはあげられないけど
文句なしで75点どーん!ってあげられる映画。

池井戸潤作品ってあんな話題になってるのに、ドラマも原作も
「なんか難しそう、土臭そう、ちょっと...」とか思って、見てこなかったんですけど(すみません)

ちゃんと社会人になったら見た方がいいですね。ふつーに勉強になるし、内容も海外ドラマっぽいというか、規模感でかくて頭使って面白いです。

演技が演技演技してるよってのは皆様のレビューから読んでたので覚悟して見てます。

えー、まず作品で言いたいのが俳優陣が豪華。ポスターのあのわーって並んでるやつかっこいいなー!長瀬くん真ん中ってだけでもうなんかかっこいい。
身長レタッチせずともあのデカさだろ
みたいなね。感じ。

で、ストーリーあまりわかってなかったんで、あんなに長瀬くんとディーンが敵対な感じとは思わなかった。

そして想像以上に高橋一生でてこない。
けどいい役です。

個人的には門田がよかった!
ああいう仕事ぶりしないとな、と思いましたし、可愛いですね、あの忠誠!って感じのワンコ感。とてもよかった。
ジャニーズJr.の子かな?

あとは、ムロさんも役が好き。
あぁいう人とコネ作っておきたい。

小池栄子もいい味だした役柄でしたし
佐々木蔵之介も...!!!よかった。

刑事は無理だったわー
あんな強く叩いたらパソコン壊れちゃうよ!(泣)大事な証拠なのに!!
って思ったし、なんかあぁいう所作が乱雑な人が好きではないです。笑。
そんなに感情入れ込まなかったけど。


ストーリーとしては、うん。
会社、組織。って何?ってなった。
すごく、でもわかるというか、大人の黒いところとか見せられている感じがとてもしたし、それがすごくリアルだった。

仕事のことを飲みの場で話す感じ。
その場所行ったら、仕事関係の全然知らされてなかった人いて、「あ、これこういう集まりね?」ってなるのとか。

人事異動やら左遷やら、
秘密裏な会議やら。。。
本当に想像できてしまう内容でした。

ホープ自動車は三菱がモデルかな。
ロゴはホンダとかトヨタっぽいが。

仕立てのいいスーツ。飲みの店が豪華。
ボーナスいくらもらってんだろ...とか思ってしまった。
あんな会食で真面目な話できないです、今の私なら。
ご飯美味しそう!!とか思ってしまいそう...

それぞれがそれぞれの正義で闘っていたんだなぁ、と思いました。

自分も自分の正義で仕事しないとな、と思わされました。

そして、人間いつ死ぬかわからないな、とも思った。亡くなった方の旦那さんの演技、CMで見たときは、いかにも、って感じがして冷めてたけれど、作品中でみたらそんなことなくて。

何も悪いことしていないのに死んでしまう、家に帰ったら家族がそこにいないってことを本気で想像してみろ、ってのは痛かった。

私も、私の大切な誰かも、いつ死んでしまうかわからないんだ、って思ったら胸が苦しくなった。

作品としては非常にわかりやすいですし
まとまっていて、退屈せず見られます。

サザンの主題歌も作品見てから聴くとより響きました。