空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
正義は勝つということを改めて思わせてもらった映画。諦めない地道な努力が、人望もつくっていくんだなぁ
まな

まなの感想・評価

4.0
正義感強くて、どんどん暴いていく感じが清々しくてスッキリした。
大企業だから社員はコマのようにしか動けない、みたいなとこは見てて悲しくなった。もちろん実際は皆がそうってわけじゃないけどそうなりやすいんだろうなと思う。
長瀬くんみたいなあの外見で迫られたら結構怖いわ笑笑
あこ

あこの感想・評価

3.5
池井戸潤さんが好きなので見ました。
映画なので仕方ないですが、少しあっさりした雰囲気でしたので、本の方も読もうと思います。
小説見てからの映画だったので、いろんな場面が削られててちょっと残念。
gari

gariの感想・評価

3.5
登場人物の多さと尺が不釣り合いな印象は拭えないけれど、物語としては純粋に面白い。池井戸潤作品における勧善懲悪がきちんと描かれており、大企業の転落に至るカタルシスは得られる。
ただ冒頭の通り、上下巻の長編原作を2時間そこそこの尺に収めることは土台不可能で、個々人の葛藤、決意を中心とした人間ドラマは希薄になってしまう。
また、その個々人が揃いも揃って主役級なため、「もったいない」というのが率直な感想。
かりん

かりんの感想・評価

3.0
ストーリーは好きだったけど、所々のセリフが私には合わなかった😂 特に高橋一生と小池栄子のシーンがもぞもぞする。
自分の信念と、組織(社会)で生き抜くことの両立の難しさをひしひしと感じた作品。。そんなきれいごとじゃうまくいかないだろうなぁと冷めた目線で見ている自分もいる一方で、間違ったことが起きているのにどうすることもできない(できるかもしれないけどリスクが高すぎる)ことにもやもやする自分もいたり…

メインキャストはもちろんのこと、出演者が本当に豪華で見ごたえがありました。
勧善懲悪で見ててスッキリ
映画見たあとに、実際に起きた事件ググって「現実はこうなのか…ううっ…」ってなるまでが空飛ぶタイヤ
ibuko

ibukoの感想・評価

4.0
大企業で働くのってたいへん。
中小企業で働くのもたいへん。
人は何のために働くんだろう…。
GakuOmura

GakuOmuraの感想・評価

3.3
みんなの協力関係が、そうなるか〜っていう感じ。爆発的な盛り上がりはなくとも、おもしろかった。