空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

daaahara

daaaharaの感想・評価

3.3
お決まりの娯楽映画。楽しめました。


池井戸潤は大企業に親でも殺されたのか。
井D

井Dの感想・評価

3.8
それぞれの立場と正義について考えさせられる。深キョンが素敵な嫁すぎる。
my

myの感想・評価

3.2
長瀬智也や高橋一生、ディーン藤岡など、役者が豪華。面白かったけど、池井戸作品を2時間に収めることの難しさと、トントン拍子すぎる物足りなさを感じてしまった。ドラマの半沢直樹や、小説の下町ロケットを見てると、じわりと、でもスピーディーに進むストーリー展開が魅力的に思えて。
サエカ

サエカの感想・評価

3.5
長瀬くんの男らしい姿が見れてよかった

前半のローテンポさがあるからこそ後半のトントン拍子がいきてくるんだろうなぁ

深キョンがいい嫁過ぎてツラかった
あんな嫁になりたい
arisciante

ariscianteの感想・評価

3.2
話の流れもしっかり構成されているし登場人物の心情描写も素晴らしいんだけど、それでもモヤモヤモヤモヤしてしまうのは多分自分が近年の日本の製造業の隠蔽体質や大企業サラリーマンの悪いお偉いさんに対してかなりのフラストレーションを抱えていて、そういう描写を見るだけで辛いという事なんだと思う
tigers1982

tigers1982の感想・評価

3.8
なんで今更映画化しているのかよくわからないけど、2時間でよくまとめたなとは思う。ホープ自動車のモデルの会社にはあんなイケメン課長はいないし、社員同士で飲みに行くのもあんなにおしゃれな店じゃないということは言っておきたい。
hktaro

hktaroの感想・評価

2.9
サザンの歌目当てで。
役者豪華、池井戸作品好きだけど多分原作のほうがおもろいだろうなって感じ。まあ描写に時間かけられないから仕方ない。
RIM

RIMの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃ面白い
リコールの話
ANAのほうじ茶美味すぎじゃない?
さわださんかっこいい
高橋一生かっこいい
富山のひとかっこいい 名前がわからん
方言がすごい
警察の人こわい
リコールってなんなんかね
「よりを戻すか?」
「付き合ったこともないわよ」
タイヤが飛ぶシーンこわいよね
高橋一生の笑顔おおお
「今日もいい天気ですね」
「ああ いい天気だ」
音楽も挿入歌も好き
バグパイプ
まってディーンだっだの?さわださん
ムロツヨシ良かったな
佐々木蔵之介だ!富山のひと
EDサザンだった
作曲は誰じゃ
絶対的な悪と正義との戦いの実社会版。そして実社会の悪は世界征服ではなく自己保身。煮え湯を飲まされた相手に最後はきっちり平手打ちを浴びせて行くからスッキリするんですけどね。
取り調べのシーンでPCを叩くシーンは見てるこっちもスッキリしたー
たつ

たつの感想・評価

3.9
個人的にもずっと見たかった作品だったので何とか見れて良かった。

池井戸作品は本当に熱い!
見ていて本当に胸が熱くなる。
泥臭いけど、痛快劇がたまりません。
原作がしっかりしているし、
豪華キャスト達が演じる組織の人間模様が本当にリアルで引き込まれる。

不正を暴くもの、隠蔽するもの、
家族を失った被害者…

本当に全部素敵だし、
個人的に『もし自分が同じ立場なら』と被害者の夫が抑圧された怒りをぶつけるシーンは心を抉られたような喪失感を味わいました。
それぐらいリアルな感情のぶつかり合いが個人的に最高。