空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

3.1
一生さんカッコいいで終わったら
どうしようと思ってたけど、みんなカッコよかった。。

ムロツヨシ×中村蒼のコンビ
師弟感でてて好きだった
キャスト豪華すぎてどこまでも
男性陣素敵だった〜。

大企業は自分より組織で
動くって難しいなあ〜〜
赤松運送いい会社すぎた

人1人が死んでる ってことの重さ
容易く書き換えられる書類
意思に反する上の指示。
自分がそういう立場にいるときに
人としてどういう決断が
できるか、考えさせられた、、
のぞみ

のぞみの感想・評価

3.9
いくつか長瀬さんのドラマや映画を見たけど仲間の事を考えるところや、正義感は変わらなくよかった
怖い感じも出ていて◯
一人一人の声の出し方がいい
さりげなく敵が仲間になるところが個人的に好きでした
どこまでも社長についていく部下のところで感動しました
3121mota

3121motaの感想・評価

3.8
逆境に向かってく男達の戦い。
追い込まれながらも、戦い続ける社長役の長瀬君は、素敵だった〜♡
脇役も、豪華。
岸部一徳さんは、この手の役やらせたピカイチ!あの悪徳ぶり。素晴らしい👏
ある日突然、愛する母を失ってしまった少年の母への思いに。。涙だった。。
いい映画だったなぁ。。
はる

はるの感想・評価

3.0
池井戸潤の小説を無難に映画にすれば、まあこうなるかなという感じでした。

池井戸さんが原作のドラマは大抵「どうした?大企業に親を殺されたんか?」というテンションのものが多いのですが、御多分に漏れずこの映画もそうでした。いつもと同じ「大企業のせいで中小企業の人が大変な目に遭って、反撃の糸口を見つけては潰されていくけど、大企業の中にも少数派のいいやつがいて、そいつに助けられたりしながら大企業に一発ぶちかます」みたいな。もうここまで来ると水戸黄門みたいな様式美なんでしょう。
この様式美にカタルシスを感じられる人は観たほうがいいですが、私はこの図式にはもう辟易しているので、積極的に摂取はしなくていいかな…と改めて思いました。

主任の杉本の話になったとき「童顔なんです」って急に言われてたのが驚きポイントでした。なぜその話今した??
Takubo

Takuboの感想・評価

2.4
映画館にて鑑賞。

池井戸作品はとても好きですが、とてもこの映画は好きにはなれませんでした。

まず内容は、いつもの池井戸節が効いていて、楽しめました。中盤の苦しい場面で溜まったフラストレーションを、クライマックスで一気に放出できるこの感覚は、池井戸作品を何度読んでも、何度観ても飽きません。むしろ病みつきになって、また観たくなります。今回も同じくでした。

ただこの素晴らしい原作を見事に壊してくれた、演技やカメラや演出!!!僕は特に映画に精通しているわけでもありませんが、監督か演者か技術者の誰かが確実にこの映画を壊している気がしてなりませんでした。

一番わかりやすく気になったのは、前半のどこかの会議室?のシーンの画面揺れ。そこの部屋になると必ず揺れる。これだけ大規模な映画で完成度も高い中、制作の手抜きを感じてしまったのは残念でした。(でもレビューで触れている人が少ないんですけど、何か表現技法か演出の1つなのでしょうか、、、もしそうなら恥ずかし過ぎて泣きます笑)

あとは、各役者さんの演技が少し過剰だったり、不自然に感じました。
例えば、怒りで激昂するシーンがいくつかありましたが、最後の銀行員同士の時なんか特にですが、怒号をあげすぎな気がしてしまいました。
もちろん怒りが込み上げてくるシーンですが、唐突というか、え、そんな声荒げますっ?!て。なりませんでした???
あとは最後の長瀬さんとディーンさんが話して同時に分かれるシーンも、長瀬さんの社長についていくシーンの社員の演技も、安易というか、、、
とにかく、とても重厚で、リアリティのある、作り込まれた小説からの内容である分、安易だったり、ちょっとした粗が目立ったように感じた作品でした。

とにかく批判的な感想だったから敬語で丁寧に書いた。とにかく豪華な面々と面白い原作な分、勿体ない!!それが言いたかった!!
指摘が的外れだったらすいません!!!
わたしも経営者として、正しいことを貫き通す、そして一緒に働く仲間をなによりも大切にしたい‼️そー思わせる映画でした。
YuriKagawa

YuriKagawaの感想・評価

3.7
本を読んだ時ほどの感動はなかった。あらすじ知らずに見たら、もっと面白いかも!
nnrn

nnrnの感想・評価

3.5
二時間でよくまとまってる。配役が絶妙でとってもよかった。深キョン以外。
YosukeIdo

YosukeIdoの感想・評価

3.4
観て損はない一作です。

今までの池井戸作品にあるような痛快さは抑えめです。それを期待していくとちょっと損するかも。
どちらかというと社会派の硬派な作品というイメージ。

ディーン・フジオカとムロツヨシが良かったです!

高橋一生と小池栄子の酸いも甘いも嚙み分けた先の、軽さを伴ったオトナなやり取りに楽しませてもらいました。

あとは予想通りというかなんというか、深田恭子だけ下手っぴで浮いてる感がw
KOUTA

KOUTAの感想・評価

3.1
つまらなくはないし題材も面白い。ただどちらかというとやはりドラマ向きな感じがしたなとは思った。
一部の俳優の演技の下手さや、リアリティのないキャラの描かれ方は気になったポイントではある。

http://ko-tachannel.hatenablog.com/entry/2018/06/22/210000