コンフィデンシャル/共助の作品情報・感想・評価

「コンフィデンシャル/共助」に投稿された感想・評価

諒

諒の感想・評価

3.5
立場が全く違う人が組む。
それだけでワクワクする。
二人のキャラも立っていて良かった。
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
評判に釣られWOWOW録画。
笑いもある方の韓流アクション映画ね
、わしは斧が出てくるシリアスオンリーの韓流ヴァイオレンス映画の方が好き😅
いつも脇役で出てる変顔おじさん🥴がダブル主演の片割れとして登場。流石に彼だけやと興行が不安なのでwもう片方はクールなイケメン。
確かに西島秀俊とダンカンに見えるw
北と南、冷徹と熱血、イケメンとブサイクと対比で見せる。
惜しむらくは劇伴♫がことごとく安っぽいのと、北朝鮮のスーパーノート💵ネタって'90年代🎬から使い倒されて見飽きてるのでまたそれが安っぽさを助長🙁
イケメンのアクションパートがスタントダブルなのも興醒め(男前には厳しい🚬)、西島秀俊を見習えw
走って追撃、ダイブしてとっ捕まえる!アクションが多用。
見どころは免税店バックヤードでの1人vs多人数バトル@濡らしたトイレットペーパー😲
後半は銃撃戦もあり🔫

ソウルを舞台に期限3日の南北合同捜査。キャリア20年の南北ベテラン同士がお互い手の内腹の中を明かさず互いを利用し目的を達しようと涼しい顔して騙し合い。
スマホの事、北では手電話ていうんやメモメモ✍ちなみに刑事は「検閲員」ね✍
メタンフェタミンの「氷毒」は自慢の北朝鮮ブランドやって😱
同じ韓国語を喋っても訛りで北朝鮮人てバレるのか。
韓国の刑事の年収は税引き300万円😨
一時間半ぐらいで終わり、かと思ったらもうのひとネタありました😉
電話番号教えた伏線がここで活きてくるのね😆
変顔韓国人刑事の奥さんは 岩崎良美似😄で「怪我したらぶっ殺すわよ」😁

エンドロールで更にひとネタ(後日談)持ってきて笑い取ろうとする。
国際問題に発展しかねない事件の割りに
軽いな〜🥴
ntk

ntkの感想・評価

3.2
まあまあ
kkrgets

kkrgetsの感想・評価

4.1
ヒョンビンがカッコよすぎる
さゆ

さゆの感想・評価

3.7
北と南。
それだけで全てが違う。


韓国のアクションや感動させ方は凄い。
ヒョンビン いい感じに年を重ねた。さらに素敵になった😳❤️
今は亡きキム・ジヒョク 。悪い人の役 初めて観た 👀 やっぱり いい役者さん。惜しい人を亡くした。
韓国映画のアクションは やっぱりすごい‼️力強いしスピードがある。カーアクションも凄い!観ている方も力が入る💪
兵役があるためか みんな 体を鍛えているからかな。
無口で無愛想で秘密主鍵で心を開かない北から来た刑事と彼と組むことになった熱血漢で家族思いの韓国の刑事。
育った環境が違うから考えも違い 始めはうまくいかないバディ。ジンテの家族と関わり しだいに表情も表れて 絆が深まる。その様子も伝わってきてホッコリ。
事件が終結したかと思いきや どんでん返しあり。見応えあり。
エンディングロールで その後のふたりの再会シーンもあって楽しめた😁
 DVDの予告などで気になっていたけど、後回しにしていた1本。邦題が微妙だけど
、なかなか面白かった。
 ヒョンビン演じる北の刑事が貨幣偽造に関わる上官、ギソンの秘密を知ってしまい危うく殺されそうになるが、ギソンは国外逃亡。南に潜んでいるとの情報を聞きつけ、極秘任務として南に潜入。南の警察と共同でギソン、そして彼が作った偽造の為の銅板を捕縛するという任務にあたる。そこでヒョンビン=チョルリョン係として当てがわれたのが、ユ・ヘジン演じるジンテ。平凡な家庭人でわかりやすい三枚目であるジンテと、イケメンで終始クールなチョルリョンのデコポココンビが、騙したり反発してりしながら最終的に協調し、ハードで冷酷なギソンを追い詰めてゆくというストーリー。肩書きはちがうけど、ソン・ガンホとカン・ドンウォンのコンビの『義兄弟』と構造がそっくり。となると、悪い癖でいろいろ比べてしまう。

 まず、共助することになった経緯をもう少しきちんと描くべきじゃないのかな、と思った。なんとなく上流の会談も密使もないま、いきなり南に入るチョルリョンがちょっと不自然。フィクションでも、これ自体ちょっと大変なことでは? また、ギソンやその手下たちが逃亡先なのにも関わらず、まるでマフィアかなにかのような余裕ぶりで受け入れられているのにも解せない。元北の悪徳警官が、そこまで余裕ぶっこいていられるのか、まだ銅板売ってないのに。
 これらの出来上がってる感満載の安い感じを除けば、カーチェイスなどはなかなかだし、チョルリョンのほぼ素手ででのファイトぶりや鮮やかな身のこなしなどもなかなか。しかし本作に緊張感をもたらしているのは、キム・ジヒョク演じるギソン。顔も身体も締まり切ってるし、なかなか死なないしぶとさや冷酷さや暗く腐った思想をひけらかす悪人ぶりが見事‼️ なんとなくレプリカント的に整った人工的な顔だからか、こういう役柄が似合いすぎる。名演ですね。ホントに亡くなったなんて、惜しい。

 ヒョンビンってカッコいいんだけど、なんとなくスケール感がなくて。華はあるけどストイックな感じがしないんです。欲がみえるというか、醸し出すというか。色気を活かす方が、いいんじゃないか。ウェットな感じなんだな。殺された愛妻を一途に思ってる男というより、たぶらかしてる方が似合う気がする(勝手な妄想……ww)。あるいはゲイ役も似合いそう。勝手ながら、この役にリアリティ感じなかったんですよね。『義兄弟』でニワトリ抱いてたカン・ドンウォンのが、迷い込んだ感があってよかった笑。

 ヘジンさんは安定感あるけど、今作の役はあまりに見せどころがなくて、正直気の毒というか。刑事らしいとか、意外な特技とか、口が上手いとか、なんか見せ場つくれなかったんですかね。ただ、ちょっと生意気だけどかわいい娘と、うっつくしい義理の妹(ユナさんがいい味出してる。部屋着が不思議かわいい)、しっかり者の妻がいるっていうのだけがプラスポイントか。あとは平凡過ぎて💦
※ユ・ヘジンて、『1987』ではキム・テリちゃんが義理の妹だったような。女系親族運があるのかな。

 でも全体はアクションドラマとして楽しく、退屈はしなかった。しかし、この手の作品での北の描かれ方って、ひどいことばかり。まぁ、実際に大変なんだろけど、ちょっと食傷気味になることは確か。だから『工作』とかはある意味新鮮に感じたんだなぁ。
せみ

せみの感想・評価

-
キム・ジュヒョクが一番かっこいい
オ・ダルスが干された今、韓国映画で重宝されるのが飯を御馳走するおっちゃん(タクシー運転手にて)ことユ・ヘジンであることに間違いない。面白い顔、面白すぎる顔だし、いい人、いい人すぎる(タクシー運転手でも)。最後まで行くとは言いきれなかった映画のテンションが残念ではあるが、北と南の共助な友情っぷりと可愛いすぎるユナのコメディエンヌっぷりが最&高すぎた。最近気付いたんだが、てか前からずっとなんだけど自分は女で映画を観てるっぽい。ユナみたく可愛い子ちゃんが登場すればするほどに評価びんびん上げ物語。
>|