パンドラの作品情報・感想・評価

「パンドラ」に投稿された感想・評価

伊緒

伊緒の感想・評価

3.8
原子力発電所がある街で地震が起き、放射能が漏れる事故が発生するという韓国発のディザスタームービー。

原発事故がテーマということで複雑な思いに駆られるけれど、福島原発事故に着想を得て作られたという本作は、やはり日本人なら観ておいた方が良い作品だと言えると思う。

事故が起きるとどうなるのか。
被曝すると人体にはどんな影響が出るのか。
政府の動きや人間味もきちんと描きながら、原発の怖さを訴えかけていました。

「未来に向けて、考えなくてはいけない。」

未見の方はぜひ。
yu

yuの感想・評価

3.5
軽い気持ちで見たら想像と違いすぎて、重くて泣けた…海猿とか、アルマゲドン的な。
地震と原発事故をテーマにした大作パニック映画。
こんな泣ける作品だったとはーw
さすが韓国映画だなー!キム・ナムギルもさすが👏
yukko

yukkoの感想・評価

-
なんか入っていけなくてウトウトしながらも最後まで観た。
今の気分じゃなかった。
フォロワーさんに教えてもらった作品。
韓国で原発事故が起こったら、というパニック映画。こんな映画あったんですね。
もろに福島の状況と一緒でビビる。これは日本で上映したら波風立ちまくりで、未公開で正解だったかも。というか、やるなら邦画でやらなきゃ。って題材。

映画なんだから過剰な演出にしてるのかもしれないけど、自分のことだけしか考えずに勝手なことする市民などパニック全開。些細なシーンだけど、逃げ遅れた嫁が義母に言うセリフ『こうなったのはお義母さんのせいよ!』って、普通言わんぞ。すげーなこの国民性。もっと老人いたわってあげなきゃ!

事故現場の惨状は強烈。被曝するとこうなるんだ、って言う生々しいシーンが続きます。作業員役のキムナムギルも所長のチョンジニョンも無事に医務室に運ばれたけど、このまま終わるわけないなと思ってたら予想の遥か上を行く展開。さすが韓国映画、容赦がない。

大統領役にキムミョンミンがいるんで楽しみにしてたんですけどもうちょっと出番が欲しかった。できれば『VIP』の時のキャラにでも豹変してくわえタバコで総理役のイギョンヨンを痛めつけてくれたら最高だった、映画ぶち壊しになるけど。笑
kirin

kirinの感想・評価

3.9
「新・感染」で薄々気づいてたけど韓国ってパニック系の映画もさすが。
ゾンビ系もそうだけど日本ももう少し頑張って欲しいかぎり。笑

パンドラの箱。慌てて閉じたが箱の中に1つだけ残ったのは「希望」。

原子力の知識が乏しい人間が現場の上に立ち、金の事しか考えてない人間が本社に置かれ、国民を大事に想う若き大統領の周りに年を重ねて来た分だけ経験を振りかざして素直に言う事をきかないジジイ達。みんながみんな我が立場や金の事ばかりを優先し、国民の命は二の次。
そういう人間に限って大事な決断は人任せ。なんなんだこいつらは。
とにかく本当にバットフルスイングで殴ってやりたい奴らがウジャウジャ。

もちろん、そんな奴らだけではありません。韓国映画ではちょいちょい見かける方々が沢山出ていて。

国民大事!若き大統領。VIPのイケイケ刑事のキムミョンミンさん。

放射能おかまいなし!被爆しながらも怪我人助けに行くぜ!殺人者の記憶法のキムナムギル君。

他にも沢山。
(キムヨンエさん亡くなられていて驚きました。)

実際にあった福島原発事故の後に作られた作品との事ですが、まさに地獄絵図。
映画でここまでヒドイのだから現実にはこんなものではないはずです。

放射能のお次は水素爆発を阻止しなければならない。その為には放射能と汚染水いっぱいの中に飛び込んで作業をしなければならない。スーツ着てオロオロするでしかない政府は原発の作業員にお願いするしかない。誰が政府の為に命を投げ打ってまでヒーローになるのか。政府の為でなく家族の為に作業員達は中へ....。

もうラスト1時間号泣です。
血吐きながら、鎮痛剤飲みながら作業をする姿には涙なしには観られませんでした。
最後の最後。「アルマゲドン」です。

救助隊の隊長さんずっとヘルメットかぶってていつか脱ぐんだろうな。ちょいちょい出てくるし誰なんだろなー。誰なんだろなー。ヘジンさんとかダルスさんだったらマジおぉ!ってなるなー。って、思いながら期待してて.......。


脱がんのんかい!!((。_。(゚д゚ )
誰でもないんかい!( ☉_☉) 1人でアタフタしたのも楽しかったです。笑
gojyappe

gojyappeの感想・評価

3.5
フクイチですな
日本では恥ずかしくて作れないでしょうねw
劇場公開できないだろうけどw
大画面で見たい!!
真実を知ってる人
真実が分からない人
真実を知らせたい人
真実を隠す人
真実を知らない人
真実を知ろうとしない人
真実が知りたい人
真実を信じない人
真実だと信じていた人

そして、その全ての人のために犠牲する人..


パンドラが箱を開けるとこの世の全ての不幸な事が飛び出てきました。急いで箱を閉じましたが、箱の中に残っていたのは「希望」ただ一つでした。
さむ

さむの感想・評価

3.2
偏った見方をしてます。日本人と韓国人の国民性の違いがはっきりとわかる映画です。政府の対応は対して差はないと思います。当時の民主党は間違いなくクソだったと思います。それを思い出しました。未だ党首を続けている枝野は許せません。
話が逸れました。

熱い感情で動き、同族意識、義理とか恩、人のエゴ、全てがストレートにエンタメとして表現されてます。クオリティが高いので当時の福島の原発作業をした方々どんな風に対処したのだろうか?と想像してしまいます。
複雑な心境になるので、素直におもしろいとは思えず…

日本と韓国はずっと仲良くなれないだろうな。価値観が違う。お互いにいい部分はたくさんあるのに、執念深い韓国は日本を許してくれないだろう…と思った。アメリカに面子ごと叩き潰された日本とは、違いすぎる。わからないけど。
う

うの感想・評価

2.5
原発の恐ろしさを実感させられた内容だった 次第に弱っていく姿とかも出てきて残酷だった 話の展開がテンポよくて見切った ダラダラの内容だったらやめてた 見るべき
>|