パンドラの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「パンドラ」に投稿された感想・評価

ryodan

ryodanの感想・評価

4.0
2018-01-24

コリアン・ディザスタームービー。

日本人にしてみれば、反原発映画でしかない娯楽映画。
韓国のとある町、原発事業で潤っている、その町で地震が発生。
原発は、放射能漏れを起こし、メルトダウンしかねない状況まで陥り、果ては韓国全土まで巻き込む救いようのない映画。
放射能の怖さを極限まで再現。エグイ描写で見るに堪えない箇所もそこかしこ。
御都合主義のハリウッド的展開も、ここまで盛り込めば大したものです。
全てハングルで見たのですが、大体言わんとしてることが分かるのは、状況がほぼ福島原発を踏襲しているから。東電のTVモニターや、海水注入や、ヘリでの消火活動など、打開策が全て同じ手順を踏んでいる。現場で活動している作業員の被爆描写が凄い。凄惨極まる描写で、TVではボカシが入るほど。2時間を超える作品にしては、釘付けでしたね。
結末も救いようがなくてグッド。
当然でしょうね。それが放射能の怖さですから。
エンディングの字幕が分からなかったのが惜しい。
そこにはきっと、切実な結末が記してあったはず。
そうですね、黙示録ですね。
一番辛かったのは、生まれ育った幼馴染の主人公達が、変わり果てた街を見て呆然とするシーンですね。

ただのパニック映画で面白かったとはとても片付けられない作品。
これは我が国の人間としては身につまされる思いで見る事になった訳だが、映画故に、非を認められる素晴らしい指導者の存在や、最前線の人達が命をも厭わないという描写もあり、尚更我が国の体たらくを痛感してしまった。
トップが保身に走り、情報統制し事態の収束や復興など後回しで命より経済優先ってのが汚い我が国の実際のとこで、福島の件なんて収束したかのような雰囲気を出して過去の事のように見せかけてるけど、悪夢は続いてる訳だし...
それだけに映画で描かれている事はちょっと理想だなとは思ってしまった。
それでも、韓国映画特有の浪花節とも言えるエモーショナルな部分や、映画としての見せ方は素晴らしかったと思う。
ちはる

ちはるの感想・評価

3.6
老朽化した発電所で
原発事故が発生。

最後の決断に胸が張り裂けそうに
なりました。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
観たかった作品です。原発メルトダウンて言う取り扱うには繊細なテーマかもしれませんが真正面から臆さず描き尚且つ凄まじい。韓国映画のパニック描写は細部まで作り込まれてて好きだけど本作もまたそのひとつ。名前がわからないけど他の作品でもよく観るあの俳優さん。今回はいち早く危険を察知して最後まで前線にいて人間性に心打たれます。他のみんなもね自分の命と引き換えに…。
コウ

コウの感想・評価

3.8
遅ればせながらNetflixに遂に加入しまして、ネトフリ鑑賞一発目にこの前々から観たかった日本劇場未公開のこの映画を選びました。

地震による未曽有の原発事故にメルトダウンが発生。危機管理より利益や混乱への恐れを優先し対応が後手後手にまわる政府と当然のように大パニックに陥る民衆…そんな中、家族と仲間を助けるため決死の犠牲作業に挑んでいく原発作業員達のドラマは、我々日本人にとってはただのディザスター映画と違い底知れぬ重いテーマを突きつけられながら鑑賞する事になります。

3・11福島第一原発事故が着想になっている今作、韓国では劇場ヒットしたようですがこのまま日本で配信映画で埋もれてしまうには勿体ない意義を感じさせる作品でした。

映画としてもかなりの超大作です。
キャスティングもしっかりしていますし。映画館の大スクリーンで観たい作品でした。
r1ace

r1aceの感想・評価

4.5
自らも被爆しつつ人命救助する救助隊員。
意識朦朧の中、放水する消防隊員。
嘔吐物と血にまみれながら従事する医療スタッフ。
血反吐を吐きながら修復作業する原発作業員。
我が身、可愛さに我先に逃走する群衆。
描かれていたのはまさに、現代の地獄。
パニック描写が凄まじく
邦画とのレベルの違いをまざまざと感じさせてくれましたわ。

ほんと、そこらのホラー映画やスプラッタ映画より遥かに「怖い」
怪物や幽霊とかよりも、
すぐ側にある原発だからそう感じるんやろね、
目に見えないのに
確かに存在する「放射能」の怖いこと。

「俺たちは死ににいくのかな」
「…家族を守りに行くんだよ」
このやりとりで涙腺崩壊。
終盤少し、お涙頂戴すぎるのは難だが、
それ以外は文句無し。
この映画を埋もれさせてはいけない。
Son

Sonの感想・評価

3.5
目を開けたら殺される的な映画より怖かった
針鼠

針鼠の感想・評価

-
2019/03/05 netflix ★★★★☆ 48本目。もし原発事故が起こったらという映画。