Rio

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男のRioのレビュー・感想・評価

4.5
ゲイリー・オールドマンの演技に引き込まれた。見た目も全然違ってびっくり!
頑固で気迫溢れるシーンもさることながら、悩み弱ったちっぽけなおじいちゃんのようになった姿も印象的。

今夏見た「ダンケルク」の戦いにもかなり関連してて、あちらの映画はまさに現場の死闘を描いていたけれど、今作は政治的な駆け引きや決断が描かれていて、違った面白さを味わえた。

映画を見てる間、ずーっと、チャーチルの家の本棚が印象的で、あんな本棚を家に置きたいなって思ってたけど、あとで調べたら、チャーチル自身が本が好きな人だったそうで。知らなかった😅恥
映画の作り手のそういう細かい部分も読み取れて、ちょっと嬉しい笑

チャーチルが主役の物語だけど、私が女性だからか、彼を支える奥さんの強さを同じくらい感じた。肝っ玉が据わってて器が広くてかっこいい。私の中の理想の奥さん像。

とりあえず、この年末年始休暇でチャーチルや当時の世界情勢を学ぼうと思います!