MK

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男のMKのレビュー・感想・評価

4.0
シド&ナンシーで観て以来、レオン、フィフスエレメントとイカれキャラ全開だったゲイリー・オールドマンにしてはしっとりとした映画だった。

チャーチルも相当な異端児だったようには見聞きしているけど…

第二次大戦の最中チャーチルがナチスとの徹底交戦を決断するまでの刹那な時間を描いた作品、とでもいうのかな。
論戦ばかりであまり抑揚のない映画だったけれど、英国王のスピーチとかと同じタッチの上品な物語と人物描写でとても素敵な映画だった。

地下鉄のシーンはフィクションだろうしベタだったけどのぼうの城とかと一緒で、一人の人物のカリスマとか愚直さとかを表現するには個人的には好きなシーンだった。

治世の能臣、乱世の奸雄とでもいうのか…人々の運命に自らの命を賭すことができるような強靭な精神性、一大事を解決できる大人物の思考回路を垣間見るようで有意義だった。

そしていつもの不純な動機でタイピストのリリー・ジェームズちゃんが可愛かった。