ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

 この映画チャーチルの模写はよくできていると思います。ゲイリーオールドマンが演じなくてもよかったのでは、というくらいの完全コピー(皮肉です)
 かつて、名優といわれる役者たちは声色のトーンや佇まいですべてを表現していた。
 いまは本人になりきるメイクなどの特殊技術は発達したけど、むしろ演技の面でそれはマイナスだったと思わされた。


出てくる女性たちには好感がもてました

ですが、チャーチルの描かれかたがあまりにも浅い 浅すぎるのが残念です

かつての外国での戦闘作戦失敗(死傷者たくさん)がチャーチルという政治家の哲学に大きな影響を与えたところまでは推測できます
 が、そこを深く描いていないので、チャーチルって人の命の重さをまるで飛行機か潜水艦の損失かのように数字だけでみている人物になってしまうのでは

ちなみに私は「ダンケルク」も大嫌いでして、死にかけた子供を船底に放置して何が人命救助やねんと。。。

撤退するよりは徹底抗戦を・・・というのは勝利という結果を得た今となっては、すばらしい方針だとは思います
 が、その正当性を鼓舞するだけの映画を後世の人物がつくるのはいかがでしょうか・?

日本ではあほな指導者たちがメンツにこだわり徹底抗戦を指示したがばっかりに沖縄戦があり原爆投下があったし、シベリア抑留や関東軍の棄民があった・・・ 

あとダイナモ作戦がチャーチルの発案のように描いていますが、発案したのは前線の将軍ではないでしょうか?


そういえば、カズオ・イシグロの「日の名残り」に出てくるお屋敷のご主人は、戦時中にナチスとの和平を画策した政治家一派に名を連ねたとかで、戦後は裏切りモン呼ばわりされました

この映画の中でも、被害を最小限に食い止めるために?外相が和平協定を画策しますが、その描かれ方が完全に悪役なのにはがっかりしました・・・
 
この映画で唯一感動したのは、チャーチルが「フランスのカレーで奮闘する四千人を捨て駒にしてダンケルクにいる兵士たちを救出しよう」と提案したときに、内閣の人々(この映画では完全悪役)が人の命を軽視する作戦は許せないと反対の声があがったこと

そこが、人の命を数字でしかみないお偉いさんしかいなかった日本軍と大きな違いですね・・・

ヒトラー関連の映画がいろんな意味で深いのに比べて、勝者からみた歴史とはかくも浅い視点なのだと思いましたし、自国グレイト!の動きはここまで広がっているのか・・・と暗澹な思いになりました
そういうことを考えさせてくれる、貴重な映画だとは思いますが。

ヒトラー映画ブームに媚びた邦題もいまいち
Meg

Megの感想・評価

4.5
さすがノーベル文学賞。とにかくスピーチの文章が上手い。
最後まで泣かなかった自分を褒めてやりたい。
特に、口述筆記の「I repeat...」のところ。
keyko

keykoの感想・評価

3.0
ゲイリーオールドマンの凄さをみる。ついでにダンケルク、英国王のスピーチの理解も深まった。

面白いですよ、これ。

目だけね、目だけゲリーオールドマンです
可愛い目だけ


頭のいいちゃんとしてる人は
こうなのかな、
大人ってかっこいいな、って思う

言葉の力
Maria

Mariaの感想・評価

3.5
ゲイリー・オールドマンがやってる映画で、急にみたくなって挑戦。
歴史とか知識ないし、政治には興味ないけど、面白かった。登場人物が魅力的で見入ってしまった。
FUU

FUUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

太平洋戦争の頃のジャパンかと思うほどの精神論が展開される。イギリスは結果オーライだっただけだと戦い抜いた末の敗戦国に生まれ育つと冷笑的な見方になる。チャーチルのメンタルやらかしてる感が危うくて、傍にいたら超絶ウンザリするタイプだった。
言葉の魔術師として士気を高めたが良いが終戦までの5年間はどうだったんだろうか?国民にとっての暗黒はこれからなのでは。
ゲイリー・オールドマンは素のままで素晴らしいから特殊メイクには大いに首を傾げた。クリスティン・スコット・トーマスは圧倒的に美しい。
kakoginie

kakoginieの感想・評価

2.3
歴史物やっぱダメ(*_*)
Kenzie

Kenzieの感想・評価

4.1
胸が熱くなる映画。観てよかった。
some

someの感想・評価

5.0
カナダにて。
内容が難しくて自分の知識不足を実感しました。。
>|