ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

先日発表されたアカデミー賞で、ウィンストン・チャーチルを演じ切ったゲイリー・オールドマンが主演男優賞、そして容貌の全く違う彼をチャーチルに見事に変身させた辻一弘さん他2名がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞してニュースになった本作では、チャーチルが戦時下という困難な時代に英国首相となってからダンケルクの戰いまでの27日間が描かれる。
この作品を観ると、政治家とはリーダーシップとはどうあるべきか、大局を見るとはどういうことなのかが、チャーチルの言動や姿から力強く伝わってくる。
英国王をして「あのヒトラーを怯えさせる男」と言わしめたチャーチルだが、映画ではそんな彼の葛藤や苦悩、そして怯えや迷いまでも滲ませる。
更に、当時「政界一の嫌われ者」だったチャーチルのお茶目なところや変人ぶり、家庭人としての姿さえ描いて、人間チャーチルの人としての大きさや魅力に迫っている。
映画の後半ではダンケルクの戦いが取り上げられるが、このダンケルクが如何に第二次世界大戦においてイギリスの命運を握っていたのかが改めて分かる。
昨年公開されたクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」では、ダイナモ作戦と呼ばれた救出作戦そのものがスケール大きく繰り広げられたが、本作では救出作戦を命じた側の舞台裏がリアルに描かれていく。
平昌五輪後、世の中が平和に向かっているような印象を持つこの頃だが、チャーチルのような政治家に再登場してもらわなければどうにもならないような時代に逆戻りしなければと願う。
そら

そらの感想・評価

3.7
映画として面白いのは紛れもなく事実だし今ホットなダンケルクのダイナモ作戦と繋げてきたのも楽しかったが、
伝記映画ということを差し引いて考えてもちょっと描こうとしていることを美化しぎるきらいがあると思う

電車のシーンは正直プロパガンダ映画を見てる気分になったし
それって結局敵のファシズムと一緒じゃないの?!ってツッコミ入れたくなりました

でも映画としては本当に面白いのでオススメです タイトル出るシーンのかっこよさに痺れました
Mari

Mariの感想・評価

3.5
電車の中のシーンが好き。チャーチル、声が大きく、魂の声!という感じだった。ラストシーンが、かっこよかった。
普通に良かったしレイトンさんかわいかった
ha

haの感想・評価

3.4
ゲイリーが演じるチャーチルはとてもチャーミング。誰しもが知るあの人たちじゃなく、名も無き人たちが死んでいくことや自国へのプライドを持ち続けていることにグッときた。
ダンケルクのラストシーンを見てなかったらまた違う感想を抱くだろうな。
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

4.0
なんでこんなに泣いてるんだ?って思うくらいに泣いて泣いて泣いた。
最高に面白かった。
『ダンケルク』、『人生はシネマティック!』と密接に繋がっているであろうこの映画、伝記もので政治ものであるが、全く飽きない!
テンポが良くて、私と相性のいい映画だった。
ほぼゲイリー・オールドマンの一人芝居みたいな映画なのに、こんなに面白く撮れる監督何者?と思ったら、『PAN』の監督かー!と妙に納得した。
魅力的なキャラクター、適度な上映時間、キャラクター同士の怒鳴りながらの言い合い、タイプライターの音、そして何より、ここぞというシーンで流れるサントラの爽快感!!
全てがちゃんと機能してた。
最高の一言に尽きる。
最高だ。

私は『ダンケルク』をオールタイムベスト入りにしている人間のため、今作のチャーチルの最初の演説シーンで涙腺が駄目になった。
彼が皆んなの前で演説した裏側で、数えきれないの葛藤があって、それを背負っているのに全くそれを垣間見せずに演説しているんだろうな〜と思わせるゲイリー・オールドマンの演技力に圧倒された。

チャーチルの言葉ひとつひとつが刺さりまくって、鼓舞される。
大事にしたい言葉がいっぱいあった。
人間は武器を持たなくても、言葉ひとつあれば、戦える。
もう一回観たい!!
atirakuy

atirakuyの感想・評価

4.2
この色彩、明暗。建前と抑圧された感情。音楽もめっちゃくちゃツボ。ジョー・ライトー!!イギリスの要素が唯一の、心底の癒し…。

感傷的だし独善的だし、思い入れがなければそんなに?と思うかも。

"Darkest Hour"って原題を意識するとより生きてくる内容。酷い邦題はそろそろ何かの罪に問われるべき。笑
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
my映画館2018#45> "Never""、Never Surrender"・・・"言葉を武器に変えて、戦場に乗り込んだ"首相として描かれたウィンストン・チャーチル、こういうクールな描き方もあるんだとニンマリ。

ただし、原題は"Darkest Hour"で、英国が他国から占領される危機にあった暗黒の時を意味し・・・その窮地を救ったチャーチル首相を切り取って描いているのをお忘れなく。
そう、この邦題ではチャーチルの伝記みたいで勘違いされそうだし・・・彼は良くも悪くものくせ者で、戦時以外の面では今一つ感があるのも確かなので。

にしても、苦悩するチャーチルから地下鉄のシーンへの流れは巧みで・・・クライマックスのスピーチは拍手したくなるって。

そして、ゲイリー・オールドマンの熱演は言わずもがなだが・・・ゲイリー・オールドマンには見えない見事なメイクを施した辻一弘の手腕は、流石過ぎです。
さらにリリー・ジェームスもグッジョブでしたね。

最後に、やはりクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』とはセットで御覧になられたし・・・個人的にはカレーの抗戦には涙。
上旬

上旬の感想・評価

3.7
重厚感のある画面に役者たちが華を添える。映画としてよくできていると思う。ただ、重すぎる気がしなくもない。邦題はそのまま「ダーケスト・アワー」とかでよかったのでは?
地下鉄のシーンは泣きました。迷いのないように見えた彼も葛藤があり迷うけど正しい決断をする。
>|