ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

先日発表されたアカデミー賞で、ウィンストン・チャーチルを演じ切ったゲイリー・オールドマンが主演男優賞、そして容貌の全く違う彼をチャーチルに見事に変身させた辻一弘さん他2名がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞してニュースになった本作では、チャーチルが戦時下という困難な時代に英国首相となってからダンケルクの戰いまでの27日間が描かれる。
この作品を観ると、政治家とはリーダーシップとはどうあるべきか、大局を見るとはどういうことなのかが、チャーチルの言動や姿から力強く伝わってくる。
英国王をして「あのヒトラーを怯えさせる男」と言わしめたチャーチルだが、映画ではそんな彼の葛藤や苦悩、そして怯えや迷いまでも滲ませる。
更に、当時「政界一の嫌われ者」だったチャーチルのお茶目なところや変人ぶり、家庭人としての姿さえ描いて、人間チャーチルの人としての大きさや魅力に迫っている。
映画の後半ではダンケルクの戦いが取り上げられるが、このダンケルクが如何に第二次世界大戦においてイギリスの命運を握っていたのかが改めて分かる。
昨年公開されたクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」では、ダイナモ作戦と呼ばれた救出作戦そのものがスケール大きく繰り広げられたが、本作では救出作戦を命じた側の舞台裏がリアルに描かれていく。
平昌五輪後、世の中が平和に向かっているような印象を持つこの頃だが、チャーチルのような政治家に再登場してもらわなければどうにもならないような時代に逆戻りしなければと願う。
ヤマネ

ヤマネの感想・評価

3.0
ゲイリーオールドマンは凄かったけど、外見はもはや別人だった。特殊メイクしなくても似てる人がやれば良いような気もしてしまった。

見た目を似せていくことを、演技としてどう評価するかは難しい。
個人的には、見た目が似てるかはあまり重要でない気がします。
ムーンライトの似てない3人が同一人物として成り立っていたのが映画として素敵だなと、なんとなく思いました。
前知識なしで。
どういう映画か?がわかり始める中盤から、急激に超絶面白くなる。

クリストファーノーラン監督の『ダンケルク』が兵士視点の地獄めぐり映画だったけど、
これはそのダンケルクのダイナモ作戦をチャーチルが決行するまでの政治側の動き。

政治の世界の方もまた違った意味で地獄だな。

30万人を助けるために、4000人を見殺しにする決断は言わずもがな、すごいんだけど、

「上手いこと和平交渉すればワンチャン、ヒトラーもイギリスの主権認めてくれるよ。勝てるかわからない戦争に挑むより好条件引き出す努力しようぜ」なーんて、主張する政治派閥もいたりして、国王も「それ、アリよりのアリ」とか言っちゃってて、軍事オプションより政治抗争の方が見てて辛そうだった。

その後の歴史を知ってる僕らからしたら、「いや、和平交渉なんかしてもヒトラーが主権なんか認めるわけないだろ。普通に考えて。」ってなるけど、この時代に生で行きていたら、そんなの「何が正解か」、なんてわからないんだよなー。

外敵として超強いドイツ軍は目前に迫っていて、内敵は日和見主義で議会はその政敵の派閥が未だ強い力を持っていて、頼みの綱のはずのイギリス国王は自分の事を嫌っている。。。詰み過ぎて発狂してもおかしくないわ。

単なるチャーチルSUGEEE映画ではなくて、現代に生きる自分にも得るものがあった気がする。

▼ー追記ー▼
映画でチャーチルを嫌っていたイギリス国王は、ジョージ6世で『英国王のスピーチ』の王様だったのか!

劇中、チャーチルが「国王は兄王の事で未だに私の事を嫌っている」って言ってたけど、そういや『英国王のスピーチ』で、放蕩でやんちゃな兄王が即位してすぐ問題ばかり起こすから、政治的に色々あって、退位したシーンがあったな。
それでジョージ6世は、吃音症持ちで人前に立って喋るのが苦手なのに、王になってしまう。

遊び人で頼りなく、王室にふさわしくない兄のせいで、余計に王室に「ふさわしくあろうとする」ジョージ6世が印象的だったけど、あん時チャーチルも絡んでたのか。

(いや、多分、常識だと思うんですけど、不勉強なぼくにとっては超面白いつながり・ω・ )

このレビューはネタバレを含みます

チャーチルが国民の意見を聞いてナチスと闘うことを決心する映画

特殊メイクを筆頭に伏線の立て方等よく出来た映画だが、
結果として戦闘行為を映画を使って肯定しているようで平和ボケの自分には疑問が残った。
和平交渉を推してきた人もイギリスを思うからではなかったのか。
しかし、チャーチルの傲慢なまでに自分の意見を曲げない姿勢は見ていて気持ちよかった感は拭えない。

SWを楽しむ気分で見るには面白いと思う。
言葉を武器にできることはリーダーに必要な資質。
反対する者がいるということ自体が、それだけ物事に一生懸命になれている根拠になり得るよ。
sunny

sunnyの感想・評価

4.3
歴史が苦手なので前知識がないまま観たけれど、チャーチルとナチスが無駄に戦争を引き延ばしたといわれている一般論の印象は全くなかった。

純粋に、どれだけ戦争と向き合い、国民として大統領としてチャーチルは考え抜いたかがよく伝わる映画だった。

この流れでダンケルクが観たくなる。
ダンケルクが見たくなる
Ami

Amiの感想・評価

-
きろく

集中できなかったので、
改めてもう一度観たい
はる

はるの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

言葉を武器に変え闘う男が
武器が言葉の男に挑むお話

ミスター・ガラスを観た後に
観ると均衡の意味が解るなぁ

ダンケルク
英国王のスピーチ
併せて観るとよく解るなぁ

演説に正座した

ギャラクシークエストでも叫んだが
ネバーネバーネバーギブイン!
ネバーサレンダー!
みつ

みつの感想・評価

3.4
ゲイリー・オールドマンの特殊メイクすごい。
>|