ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

先日発表されたアカデミー賞で、ウィンストン・チャーチルを演じ切ったゲイリー・オールドマンが主演男優賞、そして容貌の全く違う彼をチャーチルに見事に変身させた辻一弘さん他2名がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞してニュースになった本作では、チャーチルが戦時下という困難な時代に英国首相となってからダンケルクの戰いまでの27日間が描かれる。
この作品を観ると、政治家とはリーダーシップとはどうあるべきか、大局を見るとはどういうことなのかが、チャーチルの言動や姿から力強く伝わってくる。
英国王をして「あのヒトラーを怯えさせる男」と言わしめたチャーチルだが、映画ではそんな彼の葛藤や苦悩、そして怯えや迷いまでも滲ませる。
更に、当時「政界一の嫌われ者」だったチャーチルのお茶目なところや変人ぶり、家庭人としての姿さえ描いて、人間チャーチルの人としての大きさや魅力に迫っている。
映画の後半ではダンケルクの戦いが取り上げられるが、このダンケルクが如何に第二次世界大戦においてイギリスの命運を握っていたのかが改めて分かる。
昨年公開されたクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」では、ダイナモ作戦と呼ばれた救出作戦そのものがスケール大きく繰り広げられたが、本作では救出作戦を命じた側の舞台裏がリアルに描かれていく。
平昌五輪後、世の中が平和に向かっているような印象を持つこの頃だが、チャーチルのような政治家に再登場してもらわなければどうにもならないような時代に逆戻りしなければと願う。
中盤からの盛り上がりがすごい。
そしてラストは鳥肌もの。

チャーチルがこんなにも孤独に戦っていたとは知らなかった。
それを側で支える妻も強い。
ダンケルクの戦いも奇跡だけど、国会で皆の心を掴むっていうのも奇跡に近い...。

これ見たら、またダンケルク見たくなってしまった。
ながら見してしまって全然入ってこなかった。
なので点数無しにした。
チャンスがあればもう1回観ます。
shiori

shioriの感想・評価

-
ゲイリー・オールドマン。
人として俳優としてやはり素敵。
この映画に携わった俳優、美術、そして辻さん。職人として圧巻の一言。
会いに行きます。ゲイリー・オールドマンに。
おりこ

おりこの感想・評価

3.7
ダンケルクの政府側の視点、チャーチルがドイツと和平交渉するか戦い抜くかで苦悩するのが見応え合った。メイク技術凄い。
Youhei

Youheiの感想・評価

4.2
2018年75本目
第二次世界大戦のイギリス首相チャーチルのお話。
テンポよく話が進むし思ったり見やすかった。音楽も良い◯
見応えがあった。とても面白かった。ダンケルク鑑賞済みだったので、戦況の絶望さもイメージしたなかでの あのチャーチルの苦悩。より感情移入することが出来た。ゲイリー・オールドマンの演技とにかく素晴らしい。 記録。
カレー守備隊の気持ちったらねぇ・・。
りわ

りわの感想・評価

3.5
ゲイリー
もう一度観たい
>|