ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Taka29

Taka29の感想・評価

4.4
カメレオン俳優と言われているゲイリーオールドマンの最高傑作といえる作品であり、見事アカデミー賞、2冠を達成した名作。

ずっーとゲイリーオールドマンの出演映画をみてきたが、悪役やナルシストな人物を演じさせたらピカイチな俳優だと思っていたが、まさか、今回で受賞するとは正直驚いた❗️やっぱり、ハリーポッターのシリウスや裏切りのサーカス「まだ観賞してませんw」で演技の幅を広げたのではないか。そう感じた。チャーチルの本人声は僕は、知らないがw
逸れを感じさせないぐらいなりきっている凄い演技力である。前は、アカデミー賞には程遠い俳優で特に死に方が上手い俳優だったのに。そこまでになるとはw

また、彼のメーキャップを担当した辻一弘もこの作品で名を上げた。
僕が知る中では、始めてではないだろうか。彼のメーキャップの技術も凄い!ゲイリーオールドマンの顔をチャーチルに近づけるとは。
調べたら、メイクアップ&ヘアスタイリング賞は日本人として初受賞だが、アカデミー賞では、1993年の石岡瑛子さん以来25年ぶりらしい(´⊙ω⊙`)
みみみ

みみみの感想・評価

3.8
Vサインと白いハンカチ
ゆりり

ゆりりの感想・評価

4.0
地下鉄のシーンがすごく好き
ern

ernの感想・評価

3.8
ラストの演説シーンが特に印象的です。
私自身があまり歴史に詳しくなかったのが悔やまれる…
かもめ

かもめの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「ウィンストンチャーチルヒトラーから世界を救った男」観ました。

ダンケルクネタがここ最近多い。それだけWW2に対して50年くらい経った今、注目されてるのかなぁ。
クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」が戦争そのものの場所ならば、今回の映画は同じタイミングでのロンドン/政治側だし、「人生はシネマティック」はアフターダンケルク/一般人目線 で描かれているので、全部観るととてもわかりやすいかもしれない。ダンケルク3部作。なんならボックスだしてほしい。

とりあえずゲイリーオールドマンがすごいなと…。チャーチルをよく真似れる。
あとはアカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した辻一弘 さんのことも思いつつ観てました。

和平を受け入れるべきか否か自問自答しながらベッドの上に座るボロボロのチャーチルのシーンで泣けました。
sugar708

sugar708の感想・評価

4.3
最も偉大な英国人として名前が挙がることも多いチャーチルですが、そんな彼を題材としたものは少ない気がしていたので、非常に素晴らしい作品でした。

難しい局面で舵取りを任され、人間として少し不完全ながらも悩み、苦しんでイギリスを導く非常に人間らしい指導者像がゲイリー・オールドマンや辻さんたち素晴らしいスタッフのもと描かれていると思います。

第二次世界大戦という暗闇の中に差し込む一筋の光こそがチャーチルであると感じさせてくれる、窓から差し込む光を利用した逆行の演出も素晴らしかったです。
プライドと偏見で魅了してくれたジョー・ライトが帰ってきたなと思える作品です。
e

eの感想・評価

4.0
ちゃーちる
Ahh

Ahhの感想・評価

4.0
教科書じゃ分からない歴史。苦悩、家族愛。
movieo

movieoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この事実を知らなかったこともあり、非常に面白かった!

鉄道のシーンは良いね!好きだなーw
>|