ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Taka

Takaの感想・評価

4.4
カメレオン俳優と言われているゲイリーオールドマンの最高傑作といえる作品であり、見事アカデミー賞、2冠を達成した名作。

ずっーとゲイリーオールドマンの出演映画をみてきたが、悪役やナルシストな人物を演じさせたらピカイチな俳優だと思っていたが、まさか、今回で受賞するとは正直驚いた❗️やっぱり、ハリーポッターのシリウスや裏切りのサーカス「まだ観賞してませんw」で演技の幅を広げたのではないか。そう感じた。チャーチルの本人声は僕は、知らないがw
逸れを感じさせないぐらいなりきっている凄い演技力である。前は、アカデミー賞には程遠い俳優で特に死に方が上手い俳優だったのに。そこまでになるとはw

また、彼のメーキャップを担当した辻一弘もこの作品で名を上げた。
僕が知る中では、始めてではないだろうか。彼のメーキャップの技術も凄い!ゲイリーオールドマンの顔をチャーチルに近づけるとは。
調べたら、メイクアップ&ヘアスタイリング賞は日本人として初受賞だが、アカデミー賞では、1993年の石岡瑛子さん以来25年ぶりらしい(´⊙ω⊙`)
ウィンストンチャーチル
英国王のスピーチみてたから繋がってた
Pokpok

Pokpokの感想・評価

4.0
ダンケルクとセットで観ると良し(いろんな意味で)
mick

mickの感想・評価

4.4
ゲイリーオールドマンがすごい。
意外と茶目っ気のある場面が多くて驚いた。
ダンケルクとセットで見ると燃えるかも。
書庫番

書庫番の感想・評価

4.1
2018年04月13日 シネマシティにて鑑賞。

何か、ずっと観てられるよね。
安定感が凄い。
そして映画として面白い。
主人公の人間臭さを全面に押し出し過ぎると「あれっ?」となる事も間々あるが、本作はその辺のバランスも程良い。

酒豪・チャーチルの姿が描かれており、週一の国王との接見でシャンパーニュをグイグイ飲むシーンはニヤニヤしながら観てた。
首相就任後、家族との内祝いで飲むシャンパーニュはポル・ロジェ。
字幕はシャンパンだったが、そこだけは何故かはっきり聞き取れた。(笑)

鑑賞後はやはり『ダンケルク』を観直したくなるよね。
znsk

znskの感想・評価

4.0
邦題が…ダンガルもそうだけど邦題でガッカリさせるのはやめよう
チャーチルの首相就任前後の数週間に焦点を当てた映画。基本的にロンドンで展開するんだけど、時折短く俯瞰で戦闘シーンが挟まれるのがおしゃれ。テンポが良くて飽きずに見れた。最後は泣いた。

しかし、勝てば官軍だと思う。ドイツに負けてたらチャーチルは現実の見えてない独善的な政治家としてめちゃくちゃ嫌われていただろう。現実には市民の声を聞いてスカッと演説みたいな簡単な話、じゃなくてもっと色々あるんだろうな…
秘書役のリリージェームス誰だっけ?と思ってたらダウントンアビーのローズでしたね。ゲイリーオールドマンは間違いなくよかった。
cateye

cateyeの感想・評価

3.0
ゲイリーには見えなかったし、演技は鳥肌ものだった
けど、映画としてはどうなの?って感じだった
なんかそんなにスゴい人、スゴい決断をした人っていうのが伝わってこなかった
演説とかやっぱそういうシーンはゲイリーが凄かったわけであって映画は全体的に退屈だった
戦争映画にろくなものはないと思っていたけど、チャーチルのまつりごとと私生活をバランスよく描き切り、結末に向かってはオーケストラが盛大にクレッシェンドする勢いがあった
もう一回くらい観たい
おり

おりの感想・評価

4.0
最近みたダンケルクに関係する映画で、チャーチルの真の心の熱さを知ることができた映画。自分の地位に囚われず国民・母国のために戦った英雄。
演出がとても好きでした。
チャーチルの人間性が美人過ぎるタイピストを通してわかりやすくなってました。

戦況の変化や周りとの対立で精神的に参ってからの決断と演説は爽快感がありました。
>|