ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

3.6
ゲイリーオールドマンはさすがの演技。チャーチルという人がちゃんと人間臭くて魅力的に見えた。特殊メイクもスゴい。目で辛うじてゲイリーオールドマンと分かるがそれも言われないと分からない。

正直、学生の時に習ったくらいの知識しかないので、当時の事はよく分からないけど、言質を取るかどうかとか他国とのやりとりや政治劇として観ても面白かった。

あと、ダンケルクは観ておけばよかったな。ダンケルクのためにおとりになった部隊は硫黄島とダブって泣けた。ああいう決断をしなければいけないと言うのは想像を絶する怖さだろうな。

リリー・ジェームスを見たかったのあったんだけど、思ってた以上に重要な役だったし、思ってた以上にいい演技をしてて良かった。

国王と横に並んだ所や市民との会話にもグッときた。市民とのやりとりは日本だったらどうなるんだろうとかは思った。
だい

だいの感想・評価

3.6
ゲイリーオールドマンの役作りがえげつない
演説は戦時中だからこその迫力とその場にいるような臨場感もある
戦争について知ってるとなお楽しめるはず
simon

simonの感想・評価

3.5
吹き替え
演説がめっちゃ良い。戦争の時代のものだがあえて戦争は描かず人間ドラマにまとめあげたのはお見事。

ゲイリーオールドマン!
なでい

なでいの感想・評価

3.8
ヨーロッパ戦争に詳しくなくても楽しめる!ゲイリーオールドマンの演技上手い、口元とかすごいなと思った。ヒトラーが恐れる政治家がおったなんて
きしの

きしのの感想・評価

3.5
英国王のスピーチからの流れで視聴。
チャーチルが、首相になってからの数日しか描かれていなかったので彼の人となりはわからず観てしまった。
ダンケルクも最鑑賞しようと思います。
torakage

torakageの感想・評価

3.3
チャーチルが首相になり、ナチスとの徹底抗戦を決意するまで。

ピンクのねまきがかわいい。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

3.6
予想と違って、はっきりとした喜劇だった。これはこれでアリ。というか、チャーチルという人を題材にするのなら、このアプローチしかないのかもしれん。しらんけど。

ちょっと気になったのは、字幕だとチャーチルのオモシロ台詞のオモシロの部分だけ削られていることが多く、字幕だけ追いかけてると彼のユーモアが伝わらないんじゃないかな、というところ。

見終わって、あー面白かった!ってなったんだけど、よくよくこのお話の中でチャーチルがやったことを思い返すと、要するにモチベート=民意高揚だけ。なにゆえダンケルク救出作戦がうまくいったのか、なにゆえイギリスはナチスドイツとの死闘をサバイブできたのかという部分は、何も描かれない。彼自身が戦場で命を張っているのでも当然ないわけで、どうしても最後方から号令だけをしている人にも見えてしまう。

実際には、彼自身巨大なプレッシャーに苛まれたり、家族や親しい人々も戦火の中に出ていたりなど、様々な葛藤があったのだろうと推測するのだけれど(不勉強ながら知らないが)、この映画では感情的な高揚のみにフォーカスしているのが、個人的には物足りなかった。
地下鉄で民衆と語り合うという史実にはないフィクションシーンも、その役目のために作り上げられていたと思う。(街に繰り出して市民と会話をしていたのは本当らしいけど。)民意高揚という意味では、ヒトラーと何が違うんだっけ、とイジワルな見方もしたくなってしまう。
一定レベルでは全然面白いけど、ちょっとそんな危うさもあるのかなと。

ところで、原題のDARKEST HOURって、すごいかっこいいじゃん。
>|