ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

そうなんだよね。これってたった4週間の話。劇中ゲイリー・オールドマンは、ほぼ出っぱなし、喋りっぱなし。オスカー獲るのもそうでしょうねと納得するくらい、ゲイリーのチャーチルがもはやチャーチル大統領という概念となった作品に思う。嫌われ者でありながら、演説の言葉に異常に拘ることで有名なこの大統領の、時間とともに自分が大統領の秘書にでもなったような錯覚に陥る。そのくらい、ずーっとずーーっと一緒にいる感覚になる。敵対するハリファックス卿が最後に「彼は言葉を武器に変えて、戦場へ乗り込んだようだ。」と言った言葉が目に残った。やはり政治家は言葉の魔術師でなくては。
にしてもナチスにあれほど追い詰められてなお、イギリス人の誇り高き姿勢によって、屈服よりも死を選ぶが国民の総意であるとしたわけだけど、日本も降参せずにいたら、どうなっていたかなと脳裏をよぎった。

しかし役者だけに在らず、カメラワーク、美術、音響、どれをとっても超一流と素人でもわかるくらい、あぁ、1800円で得しちゃったなぁと感じる作品でした。
hamm

hammの感想・評価

4.1
これは、、感想が難しい、、
この時代の話は、どの国にスポットを当ててもひたすらに暗くてつらくて厳しくて、、
途中から涙腺壊れたのかなってくらい涙が止まらなくなった。

実際にチャーチル首相がどういう人だったのかはこの映画を観ただけでは分かりきれないけれども、窮地に立たされ苦悩する姿を目の当たりにし、彼も同じ人間だったのだな、と。
舞台は違えども、ある局面で選択を迫られ悩む場面には共感出来る部分が多く、かなりの感情移入をしながら観てしまった。

英国王のスピーチの主人公であるジョージ6世も大事な場面に関わってきて、英国王のスピーチのアフターストーリを観ているかのようで面白かった。
(イミテーションゲームとも同時期なんだよな、、)

もっとこの時代の知識を増やして、多角的に観れるようになりたいと思った。
てた

てたの感想・評価

3.3
話題通りゲイリーオールドマンに見えない。クリスティン・スコット・トーマスが素敵。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
遅まきながらゲーリー・オールドマンの熱演を鑑賞。まさに独り舞台。名高い演説に先立つ地下鉄での場面に心を打たれながら、英国人にとってダンケルクは、本当に大事な誇りなんだなと実感したことだった。あらためて言うまでもなく、ダンケルク、人生はシネマティック!英国王のスピーチ、4本セット必須です。

#ウィンストン・チャーチル

このレビューはネタバレを含みます

暗い色調の映像がゲイリーオールドマンの演技とともにチャーチルの心の葛藤、英国の厳しい状況を如実に映し出している。
チャーチル、カレーにいる部隊、英国国王、内閣、戦争省、チャーチルの妻、タイピスト、そのそれぞれの戦いが散りばめられ緊迫感が持続する。
最後のチャーチルの演説がカタルシスとなり、その感情が解き放たれる。
「チャーチルは言葉を武器に変え、戦場に乗り込んだ」
その武器は、大衆の声なき声だった。
演説の直前、チャーチルは1人地下鉄に乗り込み、国民の声を聞いてまわったのだった。
強大な悪のプレッシャー下において、どうするのか。人それぞれ答えは違うが、いつの時代も平和や幸せは無条件に与えられているとは限らないことは認識しておくべきだ。
こんなこといったらあれだがチャーチルはヒトラーと思考回路が似ているなーと。そう思えてしまうほど彼の心の光だけでなく闇の面を見事に描いていた。演劇のような政治空間に没入する。わずか27日間とゆうコンパクトな舞台設定が功を奏していた。個人的に最近のチャーチル役といったら見事なシワレ声を体現したジョンリスゴーが浮かぶが、ゲイリーも良い演技してた。特に猫背。まぁ顔の骨格が違いすぎてメイクに頼っきりなところはあったが。ダンケルクと混ぜて特別長編として編集しなおして欲しいと素直に思う。
そら

そらの感想・評価

3.7
映画として面白いのは紛れもなく事実だし今ホットなダンケルクのダイナモ作戦と繋げてきたのも楽しかったが、
伝記映画ということを差し引いて考えてもちょっと描こうとしていることを美化しぎるきらいがあると思う

電車のシーンは正直プロパガンダ映画を見てる気分になったし
それって結局敵のファシズムと一緒じゃないの?!ってツッコミ入れたくなりました

でも映画としては本当に面白いのでオススメです タイトル出るシーンのかっこよさに痺れました
Mari

Mariの感想・評価

3.5
電車の中のシーンが好き。チャーチル、声が大きく、魂の声!という感じだった。ラストシーンが、かっこよかった。
普通に良かったしレイトンさんかわいかった
ha

haの感想・評価

3.4
ゲイリーが演じるチャーチルはとてもチャーミング。誰しもが知るあの人たちじゃなく、名も無き人たちが死んでいくことや自国へのプライドを持ち続けていることにグッときた。
>|