ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

そうなんだよね。これってたった4週間の話。劇中ゲイリー・オールドマンは、ほぼ出っぱなし、喋りっぱなし。オスカー獲るのもそうでしょうねと納得するくらい、ゲイリーのチャーチルがもはやチャーチル大統領という概念となった作品に思う。嫌われ者でありながら、演説の言葉に異常に拘ることで有名なこの大統領の、時間とともに自分が大統領の秘書にでもなったような錯覚に陥る。そのくらい、ずーっとずーーっと一緒にいる感覚になる。敵対するハリファックス卿が最後に「彼は言葉を武器に変えて、戦場へ乗り込んだようだ。」と言った言葉が目に残った。やはり政治家は言葉の魔術師でなくては。
にしてもナチスにあれほど追い詰められてなお、イギリス人の誇り高き姿勢によって、屈服よりも死を選ぶが国民の総意であるとしたわけだけど、日本も降参せずにいたら、どうなっていたかなと脳裏をよぎった。

しかし役者だけに在らず、カメラワーク、美術、音響、どれをとっても超一流と素人でもわかるくらい、あぁ、1800円で得しちゃったなぁと感じる作品でした。
りわ

りわの感想・評価

3.5
ゲイリー
もう一度観たい
あず

あずの感想・評価

4.3
『ダンケルク』の裏側というかむしろ表側で何が起きてたかを描いた作品。

チャーチルの弱いところにもしっかりと焦点を当ててたのが良かったと思う。

ゲイリーオールドマンの演技が思ってたより凄かった。表情ひとつひとつから話し方まで今までのどの作品とも違った感じでかなり作りこんでたように感じた。

綺麗にまとめすぎ感もあるけどかなり見応えあっておもしろかった。
ダンケルクを鑑賞した私にとって、とても感動的な作品だった。ダンケルクを観た時に初めて史実を知り、またこの作品を観て初めてチャーチルの人物像などを知った。
ダンケルクを観ていたからこそより関心を持てた。どちらかの作品を観ている方はもう一方を、どちらも観ていない方は是非二本立てでご覧いただきたい。

映画の中にチャーチルの名言がいくつも出てくる。言葉を武器にできる人を尊敬する。私はそんな武器はない。自分なりに考え、正しいものをやり抜く。それなら出来るかもしれない。

”成功は決定的ではなく、失敗は決定的ではない。大切なのは続ける勇気だ。”
映画としては緊迫感もスピードもあり良かった。チャーチルの好戦的な性格も人柄もよく描かれていて良かった。
またルーズベルトととの電話も正確に描かれていると思ったが、ちょっとチャーチルを英雄に描き過ぎだろという気もした!楽しもたけどネw
豆

豆の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

たしかにチャーチルがヒトラーから世界を救ったからすごいヒーローではあるんだけど、最後の地下鉄でみんながみんな「死ぬまで戦う!!!」って即答したのはやりすぎでは…?ヨーロッパの状況的に和平を願ってた人も少なくないはず…
第二次世界大戦時、イギリス首相に就任したウィンストン・チャーチルをゲイリー・オールドマンが演じる。
アカデミー賞をはじめ各映画賞で主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞している本作。以上の情報が頭に入っていても、最初から最後までウィンストン・チャーチルとして見ることができた。これはノリノリでチャーチルに入り込むゲイリーと、辻一弘氏による自然なメイク術の結果なんだろう。喋り方も拘っており、当時の演説を聞き直してみると再現度がとても高いことに驚く。ほとんど演説と表情で見せる映画といってもいいほど、かなりソリッドにウィンストン・チャーチルの人物像を掘り出していた。

まるで密室劇のように外の世界とは隔絶した前半。市民の顔は車の窓から見える僅かな瞬間だけ。いつも通りの人々がいつも通りの生活をしており、とてもイギリスが窮地に立っているとは感じられない。
しかし対岸フランスのダンケルク、カレーの戦況が伝わるたびに、チャーチルの顔つきや目つき、話し振りに陰りが見え始める。タイピストへ伝える言葉もそぞろで覇気はない。刻一刻と日付が進むにつれ、もう潮時だろうと、チェンバレンやハリファックスと同様、心の中で和平交渉を望んだ。

雨の中、車の窓から見える市民の顔は以前とはまったく異なって映る。横移動のカメラが捉える街の姿に、チャーチルと同じく居ても立っても居られない感情に襲われた。心の中ではハリファックスとチャーチルがせめぎ合っていたが、地下鉄で視界が変わる瞬間、もやもやとしたチャーチルの表情に火が宿る。同じ車両に乗り合わせた人たちの信頼を目の当たりにしたチャーチル。彼らのひとりひとりと顔を合わせ「君の名は?」と問いかける。

風前の灯火が大きな炎となるような力強い演説を聴きながら、チャーチルの葛藤を抱えていた表情を思い返した。
旗を掲げるのは人間。人間味が必要だと。

https://youtu.be/U_LKAUkM0Io
“チャーチル=オールドマン”の誕生。
シルエットはチャーチルでありながら、オールドマンの面影もしっかりと残す、特殊メイクの技術力の高さに驚く。すごい👏

「言葉を武器」に、政治家としてあるべき姿を示すチャーチル。素直にかっこいい。
演出もなかなか凝ってて良き。

『ダンケルク』がまた観たくなるねこれ。笑
>|