ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

そうなんだよね。これってたった4週間の話。劇中ゲイリー・オールドマンは、ほぼ出っぱなし、喋りっぱなし。オスカー獲るのもそうでしょうねと納得するくらい、ゲイリーのチャーチルがもはやチャーチル大統領という概念となった作品に思う。嫌われ者でありながら、演説の言葉に異常に拘ることで有名なこの大統領の、時間とともに自分が大統領の秘書にでもなったような錯覚に陥る。そのくらい、ずーっとずーーっと一緒にいる感覚になる。敵対するハリファックス卿が最後に「彼は言葉を武器に変えて、戦場へ乗り込んだようだ。」と言った言葉が目に残った。やはり政治家は言葉の魔術師でなくては。
にしてもナチスにあれほど追い詰められてなお、イギリス人の誇り高き姿勢によって、屈服よりも死を選ぶが国民の総意であるとしたわけだけど、日本も降参せずにいたら、どうなっていたかなと脳裏をよぎった。

しかし役者だけに在らず、カメラワーク、美術、音響、どれをとっても超一流と素人でもわかるくらい、あぁ、1800円で得しちゃったなぁと感じる作品でした。
言葉を武器にできることはリーダーに必要な資質。
反対する者がいるということ自体が、それだけ物事に一生懸命になれている根拠になり得るよ。
sunny

sunnyの感想・評価

4.3
歴史が苦手なので前知識がないまま観たけれど、チャーチルとナチスが無駄に戦争を引き延ばしたといわれている一般論の印象は全くなかった。

純粋に、どれだけ戦争と向き合い、国民として大統領としてチャーチルは考え抜いたかがよく伝わる映画だった。

この流れでダンケルクが観たくなる。
ダンケルクが見たくなる
Ami

Amiの感想・評価

-
きろく

集中できなかったので、
改めてもう一度観たい
はる

はるの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

言葉を武器に変え闘う男が
武器が言葉の男に挑むお話

ミスター・ガラスを観た後に
観ると均衡の意味が解るなぁ

ダンケルク
英国王のスピーチ
併せて観るとよく解るなぁ

演説に正座した

ギャラクシークエストでも叫んだが
ネバーネバーネバーギブイン!
ネバーサレンダー!
oji

ojiの感想・評価

4.5
凄い4週間。ドイツに勝利した年に選挙に負けた史実。他のチャーチル関連映画も観たくなった。
すおう

すおうの感想・評価

4.0
ダンケルク と合わせて観ておくと非常に面白い。
レンタルで
リアルタイムで劇場で観たかったのがやっと観れて満足。
>|