ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任…

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。実話を元に、チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描く感動の歴史エンターテインメント。

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.1
富山では、最近まで上映されておらず、5/12 ロッテ新井リゾートの春スキーのバックカントリーで、大毛無山に登り、上越のJMAXシアターで「ウィンストン・チャーチル」を観てきた。

残雪が豊富な頚城山塊だが、山頂は雪が融け、カタクリの花が咲いていた。カタクリのような花はスプリング・エフェメラル(春の妖精)と云われ、直訳すると春の儚いものと云う意味になる。

以前、青山シアターのオンラインで「四月の永い夢」を観た翌日、撮影が在ったと云う富山県朝日町の笹川の里山を訪ねてきたが、桜の中では遅咲きの八重桜が満開で足元には沢山の水仙の花が咲いていた。水仙は英国の春を象徴する花で「サー・ウィンストン・チャーチル」と呼ばれる品種が日本に在り、ボリュームがある八重咲きで良い香りがすると云う。水仙はニラと似ており、間違えて食べると毒がある。

チャーチルが首相に就任したのは1940年5月10日で英国がその年の春を迎えた頃の話になる。就任後、ドイツの電撃作戦で英仏軍がフランスで劣勢に追い込まれる。チャーチルも表向きは徹底抗戦を唱えるが、影ではチェンバレンの対独和平交渉を排除せず、逃げ道は残して退路を絶たない。

ドイツに勝てる見込みが薄いという報告を冷静に分析していた筈のチャーチルの苦悩と葛藤は想像して余りあるが、チャーチルが英国の地下鉄のTUBEに乗った事が無く、市井の人の声を聴くためにTUBEに乗り、民衆から聴いたネバーという声にチャーチルの信念が確信に変わり対独対話の退路を断ったという架空のフィクションが展開されている。

チャーチルがドイツ相手に強気になれたのは米国という後ろ盾が在ればこそと云う気もするが、歴史的なチャーチルの首相就任演説はフィクションではなく、結果的にチャーチルがドイツと妥協せずに弱みを見せなかった事が勝利に繋がっている。

チャーチルが妥協していればドイツはソ連に負けずヨーロッパは未だ、ドイツが支配していたかもしれず、歴史がどちらに転ぶかは紙一重で春の花の如く儚いものだと思う。

英国のEU離脱で、去年から「ダンケルク」「人生はシネマチック」等、英国の国威高揚の映画が多い様に感じ、どの作品もネバーなのが気掛かりだが、映画のエンドロールでビックベンの鐘が鳴るまでの二時間は当時の第二次世界大戦のロンドンの空間に居るような臨場感が在り、久しぶりにシネコンで観る大画面が個人的にとても心地良かった。
Meg

Megの感想・評価

4.5
さすがノーベル文学賞。とにかくスピーチの文章が上手い。
最後まで泣かなかった自分を褒めてやりたい。
特に、口述筆記の「I repeat...」のところ。
keyko

keykoの感想・評価

3.0
ゲイリーオールドマンの凄さをみる。ついでにダンケルク、英国王のスピーチの理解も深まった。

面白いですよ、これ。

目だけね、目だけゲリーオールドマンです
可愛い目だけ


頭のいいちゃんとしてる人は
こうなのかな、
大人ってかっこいいな、って思う

言葉の力
Maria

Mariaの感想・評価

3.5
ゲイリー・オールドマンがやってる映画で、急にみたくなって挑戦。
歴史とか知識ないし、政治には興味ないけど、面白かった。登場人物が魅力的で見入ってしまった。
FUU

FUUの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

太平洋戦争の頃のジャパンかと思うほどの精神論が展開される。イギリスは結果オーライだっただけだと戦い抜いた末の敗戦国に生まれ育つと冷笑的な見方になる。チャーチルのメンタルやらかしてる感が危うくて、傍にいたら超絶ウンザリするタイプだった。
言葉の魔術師として士気を高めたが良いが終戦までの5年間はどうだったんだろうか?国民にとっての暗黒はこれからなのでは。
ゲイリー・オールドマンは素のままで素晴らしいから特殊メイクには大いに首を傾げた。クリスティン・スコット・トーマスは圧倒的に美しい。
kakoginie

kakoginieの感想・評価

2.3
歴史物やっぱダメ(*_*)
Kenzie

Kenzieの感想・評価

4.1
胸が熱くなる映画。観てよかった。
some

someの感想・評価

5.0
カナダにて。
内容が難しくて自分の知識不足を実感しました。。
>|