ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

17co

17coの感想・評価

3.4
正解の用意されていない問いに、答えを出す難しさと、
混乱の世の中で、意見をまとめ上げるリーダーを描いた映画。

ゲイリーオールドマンの、迫力ある演技の連続でのラストシーンが抜群に格好良い。

戦争映画のサブストーリー的な部分を濃く濃く描かれていた。

敵の様子、戦う人、犠牲者、待つ人、決断の末の戦況も詳しくは描かない事に驚いた。
こういう描き方もあるんだな。


この時代の流れをもっと知っていればなと。
miku

mikuの感想・評価

3.2
国民の世界中の人の運命を背負う1人の男の決断と勇気。
失敗も成功も終わりではない、肝心なのは続ける勇気だ
genbrave15

genbrave15の感想・評価

4.5
ウィンストンチャーチルは、間違いなく歴史に残るレジェンドであることは間違いない。

120分程度の時間では、この人は語れない。表現できない。

ただ一つ言えること、それは一人の人間が国家のために、決断するということの勇気である。

さて、みなさんにはその勇気はあるだろうか。
波空歩

波空歩の感想・評価

5.0
キングと民衆と信念!
「英国王のスピーチ」繋がりで。こっちは初見。
まずジョージ6世のキャラが「英国王のスピーチ」と全然違くてびっくり。笑

結論から言うと思ってたよりはまらなかった。これ見るならダンケルク見るわ、みたいな。映画でずっと何を考えてるか分からない寡黙な人が感情を露わにするシーンってすごくインパクトあるけど、2時間ずっと怒鳴ってるチャーチルの最後の演説にはそこまで心動かされなかった。
チャーチルって葉巻好きで有名だけどほんとにずっと葉巻吸ってた。そういえばヒトラーってタバコ嫌いだったな。
まーふ

まーふの感想・評価

3.0
出来すぎてて覚める
茶番
脚色しすぎてる
事実と異なる感動的なシーンはいらないのではないだろうか
RRSS

RRSSの感想・評価

3.2
リリージェームズが可愛い
演説のシーン、地下鉄のシーン
がよかった
kp

kpの感想・評価

3.3
成功も失敗も終わりではない
肝心なのは続ける勇気だ
イギリスは戦勝国で日本は敗戦国なのだな、ということを強く感じた。
私の無知のせいかもしれないけれど、正直に言って、チャーチルの決断には賛成できないところが多かったのだ。カレーの4千の兵に救援はないと言う……普通の神経ではやはりできない。

地下鉄で民衆の意見を聞くというところでも、彼らが何があっても戦うべきと言ったのは、あなたが正しい戦況を伝えてなかったからでは? と思ってしまった。そりゃ、誰だって降伏は嫌だ。

でも、誰かがヒトラーを止めるべきだったのだとは私も思う。結果を知ってるから。でも、正しいこととはなんだろう? なんだかモヤモヤしてしまう映画だった。
ゲイリー・オールドマンの演技はすごかった!
>|