ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

なきょ

なきょの感想・評価

3.3
ゲイリーオールドマンさんなので鑑賞。
特殊メイクがすごすぎてゲイリーオールドマンさんみがあまりなかった。
イギリス人のプライドが感じられるシーンでは、伝統ある国のかっこよさも感じつつ、玉砕をも厭わない姿勢に危うさも感じて、なんだか日本の特攻隊とかとも被って複雑な気持ちになった。
そもそもイギリスが第二次大戦中あんなに追い詰められていたことを知らなかったので、歴史を勉強できる良い映画だった。
おつめ

おつめの感想・評価

4.0
地下鉄のシーンでは思わず涙が出てしまった。ゲイリー・オールドマンと言われなければわからなかっただろう素晴らしい特殊メイク、凄まじい演技力…とても見応えがありました。
そして画面の構図、光の演出がとても美しかった!
【 我々の目的は? と問われれば
一言で答えられる 勝利だ! 】

チャーチルの Vサイン
裏返しのVサインは 別の意味を持つ
糞喰らえ!
独裁者に対する チャーチルの反骨

迷いがあるから 賢くなれる
欠点があるから 強くなれる

チャーチルの 光と陰
二面性
嘘を流してでも 国民を煽る

国民を鼓舞したいのだ
彼らの潜在的な 勇気を掻き立てたい

チャーチルの二面性は ブレない

だが 内閣は 戦況の悪化を理由に
和平へと傾く
【 チャーチルは 口達者な役者なのだ
演説はうまい でも現実的じゃない 】

チャーチルの酒量
朝食にスコッチ
昼食にシャンパン一本
夕食にもう一本
夜はブランデーとポートワイン
酒が 彼の ガソリン
葉巻の火で 点火する

【 いつ学ぶ! 君らはいつ学ぶのだ
この先 何人の独裁者にすり寄って
やりたい放題させる気だ!】

地下鉄での 庶民との語らいは
胸が熱くなりました

彼は 言葉を武器に
戦場へ乗り込んだ
aripod

aripodの感想・評価

3.8
ゲーリーすごいな
撮影、光の当たり方めちゃくちゃ綺麗で感動の連続だった。
誰かと思えば監督がジョーライト!
「つぐない」ほど撮影が美しい映画はこの世にそうそうないので観てない方は是非。

ストーリーは特別ささらなかったかな
ゲイリーオールドマンは神。チャーチルが乗り移ってるかのよう。特殊メイクがすごいから原形とどめてないが。
Yasshu

Yasshuの感想・評価

3.7
ダンケルク、日の名残り と合わせてみた。同じ時代、別の角度でみると、印象も違う。
第二次世界大戦期のチャーチルの首相就任からの数週間を描いた作品。
劇中の日付の進み方をみても、緊迫した状況の中どれだけ重要な決定を短期間で下さなければならなかったかが分かる。
また、次の総選挙で敗れていることから必ずしも良い印象ばかりでもなかったのだろう。

ゲイリー・オールドマンの演技がチャーチルに似てるのかは正直分からないのだが、カメレオン俳優らしさを如何なく発揮していたように思う。

途中で寝てしまったのでスコアは省略。
WW IIにおける英国の参戦までを描く作品。ドイツ軍を直接描いていないのに迫り来る侵略の恐怖を上手に描いているのが凄い。チャーチルとチェンバレンという開戦派、和睦派との闘いをここまで心理的に表してるものは見たことないし、チャーチルを弱々しく描いているにも関わらず観てる人には芯と心が強い人物に映したりととても良い作品。何より彩が非常に綺麗。
りんご

りんごの感想・評価

4.1
第二次世界大戦中、
イギリスの首相チャーチル

実話に基づく話し。
俳優さんのチャーチルの再現度が高く
一度見たらチャーチル自身を好きになる
>|