ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Yukko

Yukkoの感想・評価

3.1
割と地味…ダンケルクの方が好み
しかし当時のイギリスが本当に絶望的な状況に追い込まれていたことと、ナチの無双感はよくわかった
haru

haruの感想・評価

3.9
歴史的評価はやはり勝者がつくるというのがわかる映画。
もしイギリスが負けてたら…チャーチルは悪しき戦犯として語られてただろうな。
ゲイリーオールドマンの演技はさすが!
終始暗い重苦しい画面が続くが、チャーチルの狂人的な部分とチャーミングでユーモララスな面が、笑えたりほのぼの出来る。
N

Nの感想・評価

4.2
ゲイリーオールドマン、これはアカデミー賞とるわ〜と納得の演技。役作りがすごい。

初めは、断固して周りの意見なんて耳を貸さなかったチャーチルが、深刻化する状況下の元、自ら国民の意見を聞こうと地下鉄に降り立つシーンがいい。

チャーチルの、「戦争で負けるより、ヒトラーに頭を下げることの方が恥」(曖昧)的な台詞が印象深い。当時は、負ける勝つ、以上に、「戦わずに降伏する」ことが何よりも恥だったと。

これを見た上でもう一度ダンケルクを鑑賞したい。
2018 92本目
アツイ。
多数の命と国運を背負う故の葛藤。
ゲイリー・オールドマンはひたすら上手かった。
葛藤。葛藤はいいなあ。
そこに成長がある。

リーダーとしてのプレッシャーと戦うチャーチルが自分の仕事と重なって見えて、さすがに泣けてしまった。
a

aの感想・評価

4.7
ずっと室内で事が進んで行くにも関わらず、ヒトラーの恐ろしさと追い込まれていく連合軍の危機迫る感じが伝わって来た。
ゲイリーオールドマンの凄さが改めて分かる映画でもある。
チャーチルの武器は言葉で、
それを最大に発揮できる時期だった。
あのタイミング。
思い悩み苦悩する姿と、奥さんとの関係性もまた魅力だった。
aym

aymの感想・評価

3.0
2018年に政治家やってたらすぐに失脚してそうだなと思いながら見てしまった
迫真の演技。G・オールドマンに拍手👌


アイアン・メイデン好きのわしにとってチャーチル・スピーチは偉大なのよ🎵




以上。
>|