ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

「プーと〜」の女の子がさりげなく出てた
Jerry

Jerryの感想・評価

3.7
『ダンケルク』の表側の出来事を映した作品
wataru

wataruの感想・評価

4.4
久しぶりにいい映画みた
まず個人的好きなトップ10には入るオープニング
光とお洒落な編集の中に
これが戦争これが歴史というダイレクトな重厚感をつめた名作
後半の言葉は震えた
ゆう

ゆうの感想・評価

3.9
ゲイリー・オールドマンの演技に圧倒されました。
素晴らしかった。
aratake

aratakeの感想・評価

4.0
チャーチルの強さと弱さ
Lynne

Lynneの感想・評価

3.5
「ダンケルク」が第二次大戦下の兵士たちをミクロ的に描いた作品なら、こちらはマクロ的に描いた作品。ダンケルクのあとに観たから、あの裏では実際にこういうことが起きてたのかってわかってかなり面白かった。この2作はセットで観るべき。

最後の国会でのチャーチルのスピーチがもうめちゃくちゃに格好良かった。
そのスピーチと同じ内容が、新聞記事として「ダンケルク」のラストシーンでも言われていたことを思うと、あの素晴らしい演説は、今でも英国民を鼓舞する、アイコン的な名スピーチってことがわかる。

全然協力的じゃなかったアメリカに、このあと参戦するように頼んで…っていう時代の流れが、ダンケルク→Darkest Hour→人生はシネマティックっていう時系列なのかな、この3作ですごくよく分かった。しかも「シネマティック」の原題、”their finest”もチャーチルの演説からの抜粋という…。チャーチルの演説素晴らしすぎるので、一部抜粋。

We shall go on to the end.
We shall fight in France, we shall fight on the seas and oceans, we shall fight with growing confidence and growing strength in the air, we shall defend our island, whatever the cost may be.
We shall fight on the beaches, we shall fight on the landing grounds, we shall fight in the fields and in the streets, we shall fight in the hills; we shall never surrender. (国会でのスピーチ)
う

うの感想・評価

-
ダンケルクも観てみようかなあ
HarryT

HarryTの感想・評価

4.0
第1次世界大戦の後、あの戦争を第1次とは呼ばなかったのでしょうね。世界連盟も作り、最後の大戦と思っていたのに、第2次があった。その後も、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガニスタン、中東。ベルリンの壁がなくなっても、ジクジクといつもどこかで理不尽なことが続く。どこまでも続く。どこまでも、どこまでも、続く。
映画を見ながら、不思議だなぁと思った。
あ、映画は面白い。
一見無茶苦茶なようだけど、人情と強いリーダーシップがある人
NatsukiT

NatsukiTの感想・評価

4.1
「君が首相に就任することを一番恐れたのは誰かわかるか?あのヒトラーだ。」

ヒトラーに背を向けず自分一人でも立ち向かった政治家。チャーチルのおかげで今がある。
戦争になった時、政治家としての判断は“有事”の判断だなあ。

戦争が終わるとチャーチルはすぐに落選したって話が好きです。イギリス人、政治に賢いなあって。
>|