ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

【イギリス映画】

イギリスの魂。
国民全体でブレないプライドを持つ。誇り高き、不撓不屈の精神。


実話としての説得力やゲイリーオールドマンの名演は終始見応えがある。

物語が今ひとつなのは伝記ものだから仕方ない。
がしかし、なぜドイツに勝てたのかはわかった。
彼らが、イギリス人だからだ。


ゲイリーオールドマンの演技はすごかったが、彼の演技が好きな自分としては、特殊メイク無しで、イカれた役で賞を取って欲しかった笑

今回は正統派の、真摯な演技。


映画が大衆的になりすぎてなくて、よかった。
チャーチルが、どんな人間だったのか。

彼の勇気に、イギリス人の強さに感動した。

『気も変えられないやつに、世界は変えられない』
坊主

坊主の感想・評価

4.8
映像とカメラワークが個人的にめちゃくちゃドストライク。
最後、拍手喝采の中、チャーチル退場シーンはめちゃくちゃかっこよくて鳥肌が立ちました。
ていうか、ゲイリーオールドマン天才過ぎないか。。。。目元だけみれば本人だけど。。演技力が多彩すぎる。。
最高です^_^
yayaya

yayayaの感想・評価

-
06.25鑑賞終了

never!!の女の子印象的
チャーチルメイクのクオリティ
チャーチルの歩き方、特徴あるアクセント
完全なる再現

ハリーポッターのシリウス・ブラック
レオンの悪役
ひたすらチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンの名演技に敬服するほかはない。
狂気を秘めた役を得意とするこのカメレオンのような怪優の実力がいかんなく発揮されている。
非常時に必要なのは、いずれの立場にあっても「狂気」なのだと教えてくれる。
**
大作。主演男優賞受賞作品。性格も偏屈で人気のない男が、タナボタ的に?「こいつにやらせとこー」的に?首相になる。
ヒトラーとの決戦か和解か。とんでもない男に世界が委ねられてもんだ。
秘書も気が気じゃない。
だが弁が立つ!!圧巻だ。すごい引き込まれよう。へんてこりんでも、民衆の心を鷲掴かめる力がある。これぞリーダー。
とりあえずもう一回見よう。
戦い抜いたチャーチルの姿に惚れた。
この選択は結果的に成功したから良かったが当時のこの状況であの覚悟は素晴らしいものだと思う。
やはりヨーロッパの国民性って今の日本人にはないものがあってとてもかっこいいと思う。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
この時代チャーチル首相にしろアランチューニングにしろ、誰か1人でも欠けてたら今の世界は無かったのかもしれない
本当にナチスの旗が閃くバッキンガム宮殿が実現しなくてよかった…

にしてもゲイリーオールドマンがチャーチル役って今調べて知った!!すごすぎん!?笑
なな

ななの感想・評価

5.0
映画館で観たかったー。
もっかい観ます。

奥様の言葉が素敵だったな。いい奥様だなぁと思うし、あんな夫婦は憧れだ。

never!!!
を聞いた時思わず涙が。
愛国心は日本も強いらしいけど、どこの国にも誇りがあるよね。
上の者が市民の声を聴く姿は君子の鏡だと思う。

endingのチャーチルの言葉は、私には口に出すのはなかなか難しいけど、勇気の出る言葉だと思うから、心に刻んでおきたい。
ゲイリーオールドマンがチャーミング
素敵だと思うシーンというか、セットが多かった
上に立つ人って嫌われるよな
けど、うん
>|