ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価・動画配信

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

3.0
現代でも悪の代名詞として語られる、独裁者ヒトラーが世界征服を目論んだ時、それを許すまじと徹底抗戦を決意した、一人の男がいた。
言葉にすると英雄譚のように聞こえるけれど、戦争は国と国との争いだから、必要なのはスーパーヒーローではなく統率者。
しかもそれは、沈みかかった船を押し付けられた、口ばかりの嫌われ者の皮肉屋だった。
ヒトラーを敵側から描いた映画も、第二次世界大戦序盤にスポットを当てた作品も珍しいなと思いました。
原題は″Darkest hour″=苦悩の時。
物語は始まりの1ヶ月を日々刻々と描き、チャーチルを追うようにカメラは動く。
そこから見て取れるのはチャーチル本人の心情や人となりよりも、当時の民衆と政府の温度差。
ただ思うのは、本当に、勝った人間が正義なんだなってこと。
日本でこんな風に戦争が描かれることはないだろうなぁ。
それにしてもチャーチルって本当にこんなにユーモアのある人だったのかな、奥さんも、だいぶ親しみやすく描かれていたけれど。

個人的には近年話題になったダンケルクについて描かれていたのが興味深かったです。
最近の歴史映画を比較するとこんな感じ。
1939イミテーションゲーム
1939英国王のスピーチ
1939/9シンドラーのリスト
1940/5ウィンストンチャーチル
1940/5ダンケルク
1941/12パールハーバー
1944/6チャーチル ノルマンディーの決断
1945/4ヒトラー 最後の12日間
1945/8日本のいちばん長い日
ヒトラーとチャーチル2作目はまだ見てないので、時代背景とか考えて見てみたいなぁ。

あと一つだけ愚痴を…
日本では戦争は絶対悪と刷り込まれるけれど、誰もが望んで戦っているとは限らないし、なぜ戦争が起きたのか、その結果世界がどうなったのか、始まりと終わりをきちんと説明しないと何の教育にもならないと思う。
ジリジリジリジリジリジリじりじりじりじり
この監督地味だけど良いよなー

本当に何かもイギリスとは真逆なので
ずっと日本のことを考えながら見てた。
自分の怒りや本当の望みに忠実に生きる勇気すらなく、仲間と自分を無駄死にさせるという
最低の行為をやり抜いて
正真正銘の敗北を経験した歴史。
そして生ぬるい反省で茶を濁している現在、
まだ何も終わっていないことを改めて肝に銘じた。

葛藤し続けることで自分の自由を守れるぐらいには強くなること、
そして戦い抜くことが人間を人間たらしめるんですね...
ひな

ひなの感想・評価

3.4
ダンケルク観とくと理解度が深まる。
Ritz

Ritzの感想・評価

3.4
【嫌われ者の英雄】

ナチスドイツが猛威を奮った第二次世界大戦初期、和平交渉か徹底抗戦か究極の二択を迫られたイギリスの首相ウィンストン・チャーチルの伝記譚。彼が後に『ダーゲストアワー』と呼んだナチス1強状態の大戦初期の暗黒の時間にスポットを当てて物語が展開する。
本作でみごとアカデミー賞主演男優賞を受賞したゲイリーオールドマン。その盤石たる存在感は同賞でメイク・ヘアスタイリング賞を受賞した特殊メイクの恩恵もさることながらチャーチルという人間のドキュメントを見ているかのような、まさに"本人たる"を思わせる演技は感服の一言。議会の嫌われ者が世界の英雄になるまでの道程をドラマティックかつセンセーショナルな脚色で描いている。しかし、その色付けがどこか事後的というか結果ありきの偶像の構築に見えてしまうところもありいささか居心地が悪い気分になった。完全無欠のリーダーではなく時としてその判断における危うさも描いている点は公平な視点から客観視できるものであったが、終盤の戦意高揚的なアプローチはいささかあからさまな演出にみえてしまい正直あまりいただけなかった。戦後、彼の評価は主に国内国外で二分されるが、チャーチルという人間の功績を称える立場から俯瞰しつつ、しかしあくまで中立を狙って制作された作品というのが正直な印象。戦闘描写は皆無、終始会話劇からなる作品だが緊迫した戦時下の状況がひしひしと伝播してくる構成は見事。しかし2時間の尺では若干キャパオーバー気味だったのはいがめない。世界史に疎くても入り込めるストーリーなので歴史物を敬遠している人にも○。
第二次世界大戦の最中、
イギリス首相に就任したウィンストン・チャーチル。
ヒトラー率いるナチスドイツは、
ベルギー、オランダ、そしてフランス、
次にはイギリスをも侵略しようという勢い。
与党からも野党からも嫌われるチャーチルは、
ドイツとの徹底抗戦か、和平交渉を選ぶのか。

久々の歴史物。
戦場が舞台なら見応えがあるのだけれど、
政治が舞台だと退屈なイメージが強く、
どうしても敬遠しがち。
世界史で通らざるを得ないチャーチル、
アカデミー賞主演男優賞のゲイリー・オールドマン、
そして日本人のメイクアップ賞と、
これほど好条件が揃った歴史映画はなかなかない。

やはり目を見張るのは、
ゲイリー・オールドマンの演技ではあるが、
監督の撮り方もだいぶカッコいい。
タイトルや日付、街並みや電車など、
観ていてとても気持ち良いとさえ感じる。
『つぐない』や『プライドと偏見』も
観てみたくなってきている。

ダンケルクの裏側とも言われているが、
やはり政治家たちの戦場と、
兵士の戦場は天と地ほどかけ離れており、
ゲイリー・オールドマンの演技あってこそ。
地図上のフランス・カレーに刺されたピンと、
カレー上空から見た兵士の顔のギャップ。
地図から人は見えないことを改めて実感する。

史実に基づくのかは分からないが、
電車での首相と市民のやり取りにはグッときた。
政治家は何のために働いているのか。
党のためか、王のためか、世界のためか、
否、彼ら国民ひとりひとりのために働いている。
それを政治家だけでなく、
国民ですら忘れてしまいがちであり、
そして私もあなたも国民なのである。

クリスティン・スコット・トーマスも、
だいぶ年老いた役が似合うようになっていて、
少し悲しい気持ちになってしまう。

このレビューはネタバレを含みます

戦うことがすべて正しいとは思わないけど
戦うことをやめてイギリス人としての誇りを
なくしてしまうぐらいなら戦い続けることを
やめなかったチャーチルさんはすごい人だね
地下鉄のシーンが最高に好き。

「大事なのは成功でも失敗でもない、続けることだ」この言葉、大事にしたい。
re

reの感想・評価

-
勝てば官軍

今は亡き渋谷シネパレスでの鑑賞
>|