ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価


ダンケルクの戦いに至るまでのイギリスの首相、チャーチルの動向を描いた映画。
ダンケルクの映画を去年観たから、おもしろいというより興味深かった。
去年の夏くらいに公開してたダンケルクという映画と合わせて鑑賞することをお勧めします。
盛り上がりには欠けるが、良い映画。
ウィンストンチャーチルの葛藤を知った。和平交渉か抗戦かという二択にこれほど意見が割れていたのは知らなかった。彼がいなければ、ダンケルクでのダイナモ作戦も無かったと思うと、戦況は大きく変わっていたかもしれない。映画『ダンケルク』を見ていたため、チャーチルの決断がどれほど絶大な影響を与えたのか感じられた。

大戦映画として見る順番は
『ウィンストンチャーチル』⇨『ダンケルク』⇨『プライベートライアン』の流れ。
見せ方は違うが、見て損はない。
ワイ

ワイの感想・評価

3.5
歴史の勉強
sayaoh

sayaohの感想・評価

4.0
おもしろかったー!ゲイリーオールドマンの演技すごすぎる。やっぱ好きだわ。

このレビューはネタバレを含みます

チャーチルの性格、偉大さがよくわかる映画でした。チャーチルは初めは味方がいなかったものの、奥さんに支えられ、言葉巧みに味方を増やしていき、奥さんは本当に素晴らしい方だったのだと思わされました。あの孤独と戦っているのを見ると、私も頑張らねばと思わされました。最終的には、ほぼ全員を味方につけ、ドイツにも勝利した。映画を見る前は、つまらないものなのかと期待はほとんどしていませんでしたが、見てみると、どんどんチャーチルの世界に引き込まれるようでした。たしかに、チャーチルさんは自己中心的なところもあるかもしれないけれど、聞くべき人の助言は聞き、しかもそれをすぐに実行に移そうとする行動力、そして、国民のことを第一に考える事に尊敬の念を抱きました。
lea

leaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良くも悪くも実話を基にしましたの典型。
ザラつきがなくてお手本みたいな。でもなんかもっとあった気がするけど、なんだろう的な。

"ヒトラーから世界を救った男"
邦題とか副題とか、キャッチコピーとか。が、よい効果を感じたのは初めて。
うん、そう思って見始めるのが1番な気がする。
ほんでもって国王と親友になるとことか、電車での市民とのかけあいとかで胸熱くなって、って最後まで見終えて。
見終わったあとに実は
葉巻、ブランデー、衣装、セット、、、
が主役だったんだなあって思わせる。
あ、結構おもしろい映画。
映画自体は素晴らしい!
ただ、戦時中のイギリスとヨーロッパ諸国、ナチスとの関係を私が詳しく知らなかったためにわからないところも多かった。
戦時中の状況を知ってることを前提として話が進むため置いてかれてしまった。
栗花落

栗花落の感想・評価

5.0
面白い!!!
とにかくいい映画!!!
周りに味方がいない中でのチャーチル首相の苦悩と葛藤が、実話でありながら見事に演じられていて、ものすごく引き込まれる!
自分の味方は家族と側近だけ。徹底抗戦姿勢は誰からも疎まれていて国王からも嫌われているが、自分を信じて立ち向かい続け、最後には国民の声を聴き、全員を味方にする。
画面の使い方と、光の映し方音楽の有り無しさえ、すべてが最高。
歴史系映画への興味は薄かったが、これはきっと誰でもハマる。。。
本当にいい映画だった。。。
評価が高いんだね、でも私にはちょっと難しかったかな。
チャーチルの演説、言葉は魔法のようだけど、歴史が苦手なのでちょっとついていけない感じがあった。
戦争ものの政治、難しい。
わかる人が見れば素晴らしい作品なのかもしれないけど、勉強不足だったかな。
>|