ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男の作品情報・感想・評価

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男2017年製作の映画)

Darkest Hour

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

1.3
とても退屈だった。

チャーチルを美化していてそれも嫌い。
らて

らての感想・評価

3.7
言葉を操り、演説で人々を動かした。

戦争には反対なので、心はモヤモヤしていたが、とにかくヒトラーの言うなりになるのは首相、国民とも死んでも嫌だということだった。たしかに、差別に虐殺にという人間の下につくくらいなら、最後まで戦うというのもわかるかもしれない。

それから、死ぬまでと言いながらもどうせお前たちは上で支持するだけで生き残るんだろ、と前から日本の戦争映画を見るたびに思っていたけど、この人たちにとっての「死」は、本当に国が負けることなのかもしれないと思った。
そういう心持ちなのかも、とこの映画を見て考えさせられた。
僕にとっては、お前ら結局死んでないだろ、だけど、彼らにとっては国が負けること自体が自らの死に等しい、と。


原点に立ち返って、国民の意見を聞くというのはなかなか難しいのかな。
"ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)
3.0
イギリスのイギリスによるイギリスのための伝記。最後のスピーチとか多分高揚しそう
原題『Darkest Hour』
『英国王のスピーチ』に通じるものを感じた。実際それの次の年の出来事だしジョージ6世も出るし
思えば日本ってこういう「かつて俺たちはこうやって英断を下して勝ち取ったじゃないか!思い出せ!」みたいな作品てない気がするんだけどそれは負けたからだろうか。
チャーチルが狭いボックスで周りを闇に囲まれてる、っていういくつかのカットが、映画的な表現で嬉しくなる"
大人向けな映画でした!子供が見ても内容がよくわからないと思うw歴史が好きなの人にはオススメ!本当に特殊メイクでチャーチルにそっくりwあとリリー・ジェームズが本当に綺麗でした!
AOI

AOIの感想・評価

-
英国王のスピーチから連続鑑賞

勝利あっての美談。どれだけの尊い命が犠牲になっているかと思うと悲しい。
地下鉄の場面は好き。

レオンでの狂気に満ちた演技を披露したゲイリー・オールドマンを思い出し、素晴らしい俳優さんだと思う。

近所の不動産屋のおじさんとちょっと似てる•••
Kazu

Kazuの感想・評価

4.4
戦争ものは避けていたんだけど、第二次世界大戦直後に訪英した現上皇(当時は皇太子)に対してのエピソードを聞いて 興味が湧いて見た映画。ものすっごい私の知的(?)好奇心をそそられ、チャーチルを任命したジョージ6世の王冠をかけた恋や、ダイナモ作戦、はたまた 何故ヒトラーはここまで力をつけたのか?まで 調べてしまった。チャーチルの演説には心が熱くなったし、地下鉄のエピソードも心震えた。事実はやっぱりすごいな、、、
何より リーダーの苦悩、というものに立場が違えど共感することもありつつ、一国を率いる覚悟の凄さを感じ、政治家の持つべき心根を考えさせられました。とっても良い映画を見ました。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.5
実際に起こった事件に対して失礼になるけれど、
完全に映画目線で言うならダンケルクを見たあとに見ると最高に面白い。
チャーチルに寄り添った妻もチャーチルと同じくらい真が強い。
今でもとても人気があるチャーチルとの事で多少美化されてるだろうけど、力強いリーダーシップと決断力。国民をまとめ上げて外敵に立ち向かう姿は感動した。
邦題にとてもセンスないのが残念。Darkest Hourを日本語訳するのは難しいけど、そこは訳者センスの見せ所だと思う。
オモロー
sono

sonoの感想・評価

3.5
チャーチルをよく知りませんが、ゲイリーオールドマンがチャーチル過ぎました。
>|