特別捜査 ある死刑囚の慟哭の作品情報・感想・評価

特別捜査 ある死刑囚の慟哭2016年製作の映画)

특별수사: 사형수의 편지/Proof of Innocence

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐す…

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐するために事件の真相を暴こうとするが、その背景には想像を絶する闇が潜んでいた・・・。

「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.1
ピルジェという韓流映画ではこれまた珍しい名前の主人公(元刑事、今は弁護士ブローカー)。昔の宍戸譲みたくほっぺがぷっくりしてますがな。

仁川を牛耳る一大財閥を支配するおばはんやその手下相手に頑張る話。

冤罪の死刑囚と残された娘、その娘にかつての自分をかすかに見てしまい、無謀な戦いを仕掛け..

韓流にありがちなどろどろ感は薄く、茶の間?でも安心して観れる作品に仕上がっております。

財閥おばはんが最後まで理解出来なかったこと、それは自分の利益につながらないことでもやろうとする人間が世の中にはいるということ。

佳作だと思います。
すず

すずの感想・評価

3.8
夏の韓国映画祭り\(◡̈)/

決して善人ではない主人公が、真っ黒の財閥をぶった斬る!

キム・サンホさんをいじめないでおくれ(´;ω;`)
彼の悲しげな演技は、他のどの俳優さんの悲しげな演技より悲しいんだ(´;ω;`)
ビューティーインサイドでも、サンホさんに泣かされたんだ(´;ω;`)
主人公のキム・ミョンミンさんは、初めましての俳優さん!
特別好みのお顔じゃないんだけど、だんだんかっこよく見えてくる!
正義のヒーローじゃない、かといってダークな訳でもない。
こういう主人公ってすごく好き\(◡̈)/

身に覚えのない殺人の罪で死刑宣告を受けたスンテ。
彼はある元刑事に手紙を書く。
その相手は、かつて相棒に裏切られて刑事を辞めたピルジェ。
そしてスンテを逮捕した刑事が、元相棒だった…!
というストーリー。
韓国映画あるあるの胸糞展開。
男手一つで娘を育てる良きパパのスンテに何て酷いことをするんだ!
そしてこの事件には、とんでもない裏がある!
どうあがいても勝ち目のなさそうな相手。
先が見えなくて怖いのなんの(´•ω•`)
財閥の女史が血も涙もない女で恐怖。
娘役の女の子、子供らしさが全くない少しひねくれ少女の役が本当にお上手。
正しさをねじ伏せられて貶められる恐怖と言ったら計り知れない。
観てるだけで息苦しくなったよ(´;ω;`)

結局お金持ちがいい思いする世の中。
嫌になっちゃうよね〜。
だけど世の中全て自分の思い通り!って勘違いしてる嫌なお金持ちが追い込まれるのは、すっごくいい気味\(◡̈)/←
癖って抜けないんだね、気を付けないとね。
殺人事件の背後に潜む邪悪な陰謀に刑事をクビになった男が巻き込まれる。汚職刑事や検事、ゲスい財閥企業などが絡み合い無実の者を殺人事件の犯人に仕立て上げる。これも韓国ならではで、あり得る話だと思ったけどフィクションらしい。

タイトルが重く暗い。でも、実際には韓国特有の重たく胸糞な雰囲気にしない。クスッとした笑いを取り入れたエンターテインメントな味付けをしている。

しかし、登場人物をゲス黒く描く韓国の手法は健在だ。特に財閥企業の上品そうなご婦人がゲスい。ザアマス言葉が似合う上にドSだ。血も涙もない。ムチやローソクが似合う。こんなキャラが出てくるから韓国映画はいい。
映画というより良質な2時間サスペンスドラマのよう。
ところどころコメディーチック(カツラいじりとか古い感じの笑い)でテンポもよく見やすい。
vs財閥という構図もまぁ韓国映画らしい。
冤罪で捕まったお父さん、いいキャラしてる。娘も可愛い。
ただ主人公の顔はキャラ薄いのかあんまり思い出せない、、、殺された仲悪い刑事と似ててはじめどっちかわからなくなった(笑)
alpacino

alpacinoの感想・評価

3.4
捻りのあるストーリー。死刑囚の俳優さんが思った以上に良かったなぁ。もう少しラストに向けて勢いが欲しかったかな。
Chiyo

Chiyoの感想・評価

3.7
とっても観やすい映画でした。
人の良さそうなお父さんが、無実の罪で捕まったのがとても切なくやりきれない。また、その娘が健気で可愛いんです。
ストーリーはみなさんの投稿でチェックしてください。
韓国のこの手のジャンルは悪者次第!
財閥さんをラスボスに仕立てたら憎々しさは間違いないってもんでしょう。

そして一方、そんな奴らに踏みにじられ、人生を翻弄される、市井の人々のけなげな素振りがまた〝悪〟に対する怒りを盛り上げる。
話の中で大事なパートです。
そこがあるから主演のキム・ミョンミンが活きてくる。

そう、そんな時こそ
キム・サンホ
(o^^o)
韓流でよく見る俳優さんです。

これでもかなり多くの韓流男前俳優の名は覚えましたが、その彼らより顔を覚えたのは先だったかも知れません。

その姿、出落ちに近く、見るだけで(失礼にも)笑っていたのですが〜
今となると、そこに人生さえも感じる、なくてはならない〜
名脇役ですね。
Miy

Miyの感想・評価

3.5
殺人の罪で捕まり死刑宣告された無罪を訴える1人の囚人の為、元刑事の主人公が警察や財閥の闇に巻き込まれながら囚人の無罪と、嘘を暴いていくストーリー。
なのだけど、ジャケットや物語だけではシリアスなのかなと思ったら、韓国らしいコミカルさも入ってて、笑ったり、切なくなったり、ハラハラしたりで、とても楽しかったです😄
囚人に一人娘がいるのだけど、父と子の互いを想ってるとこに少し胸が苦しくなりました。
最後の終り方、凄く好きです。
旦那さんと二人で少し笑えました(笑)
>|