特別捜査 ある死刑囚の慟哭の作品情報・感想・評価

特別捜査 ある死刑囚の慟哭2016年製作の映画)

특별수사: 사형수의 편지/Proof of Innocence

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐す…

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐するために事件の真相を暴こうとするが、その背景には想像を絶する闇が潜んでいた・・・。

「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」に投稿された感想・評価

シノ

シノの感想・評価

3.5
元警察官のピルジェのもとに大企業の娘の殺人で捕まった囚人から無実を訴える手紙が届きます。
事件を調査しようとすると大企業という事で色々なところから妨害が入ります。

韓国映画に意外と多いパターンで、無実を証明する系の映画です。
KURO

KUROの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後は勝つから大丈夫と思いつつも 間際まで 危ない展開

録音テープゲットするも すぐ捕まるだと!
てな具合に ハラハラドキドキのストーリー展開でとても楽しめました

娘のヒャンギが教われた時も あぁー…ってなりました
財閥はやはり恐ろしいですね

山と谷で かなり揺さぶられた作品でした
良いねぇ〜こんな映画ばっかやのに何で面白いんやろw

身に覚えのない殺人の罪で逮捕された男が獄中から助けを求めたのは元荒くれ警官の法曹ブローカー、お決まりのマフィアの如き財閥相手に軽薄男が正義に目覚めるやつですw親しみやすいオットコマエ、キム・ミョンミンの軽快さが痛快な陰謀サスペンス!

娘と二人、慎ましく暮らしてた男が陰謀に巻き込まれ〜な胸糞展開。最近哀愁漂う切ない役が多めな〝焼肉ドラゴン〟店主キム・サンホがまたまたイイ!
と、まあドロドロシリアスな内容なんやけど主人公はじめ、彼をサポートするおじさん達がずっとコミカルなのでそんなに重くもなくニヤニヤ楽しい。

ほんと見分けつかんぐらい似たような映画だらけの韓国やけどそんな中でも魅力的な作品でした〜結構ウルっときましたw
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.0
これも、NICE!
ぜんぜん映画として高評価。
いっすわ!
mako26

mako26の感想・評価

4.0
父娘の希望の見えない闘いが切ない。
誰も助けてくれず、無実の罪で死刑宣告された父親が一筋の希望を託してある弁護士に書いた手紙。

韓国映画のブラックさもありつつ、最後に救いがあるところが素敵でした。
テンポあるストーリーと少しづつ希望が見えてくる展開、おすすめです!
みや

みやの感想・評価

3.8
焼肉ドラゴンで「しわわせになってほしい」と言ってたお父ちゃんの冤罪をどうにかする話。

韓国映画を続けて見過ぎて、色んな話が混ざっている感じ。
それでもラストはプフッと笑えてオッケー。

出所時の黄色いジャンパー。韓国のタクシー運転手は皆んなあれみたい。
父子家庭。タクシー運転手で、腕からモンモンがチラリする、訳ありっぽいパパはもう娘の事がだあい好き!娘の方も、思春期っぽく反抗はするもののパパの事が大好きです。ある日、警官たちが彼らの元を訪れ、父を力尽くで押さえつけながら「殺人の容疑で逮捕する!」「やってません!」「…!」「…⁉︎」…
……
コラ、韓国映画。いくらなんでも冤罪物好きすぎるだろ!ひょっとして日本に於る少女漫画原作物に当たる存在が韓国では冤罪物なのかしら?…嫌!超ストレス社会‼︎
ただ、この作品ちょいちょい変わったところがありまして…主人公、元暴力刑事の職業が、“法曹ブローカー”という初めて聞く物なのですよね。ざっくり言えば金持ちの犯罪者に良い弁護士を世話する仕事らしいのですが、コレ本来はどんな権限の有る仕事なのかしら?映画の中では刑事部屋も安置室も好きに出入りしてましたね…。因みに演ずるはキム・ミョンミン。独立を急ぎそうなアナウンサーっぽいルックスです。
もう一つの変わってるポイントは、タイトルから想起される重苦しいイメージに反して、全体のトーンに意外と緊張感が無い事です。シーンによっては殆どコメディ映画の様ですし、クライマックスの巨悪との対決シーンは、コナンくんや古畑任三郎みたいだったりして。まあ、お陰で過度な緊張は味合わずに済みましたし、他と違うというのはそれだけで歓迎すべき事です。
全体的にテンポは良いのですが、似たような展開を繰り返しがちでちょっと冗長に感じるかもしれません。そんなに集中せずに軽い気持ちで挑むのが吉と思われます。見どころは何と言ってもタクシー運転手を演ずるキム・サンホの佇まいです。ナチュラルに逆剃り風のヘアスタイルに素っ頓狂な表情。川俣軍司系のルックスで、誤認逮捕も止む無しです。全身のタトゥーのディレクションがバラバラなのも雑で怖い。韓国のタトゥー文化に興味が湧きますね。

それにしても、韓国人の警察権力嫌いと弁護士好きはなんなんでしょうね?アメリカ人の消防士好きと同じくらい不思議ですね。自分は警察好きですよ。深夜散歩してると話しかけてくれるから。優しいね。あと、カバンの中も見てくれるんだよ。
冒頭が結構コミカルだったのでもしかしたらハズレかなとか思いながら観てたけど途中からどんどん惹き込まれて行った。
カッコ悪るくて不器用だけどハートフルな父親像が良かった。
それと最後のオチも。
キム・サンホはいい役者だな。
あの娘役が良かったですね。
>|