遥美沙樹

孤狼の血の遥美沙樹のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.8
作品自体は安定の白石監督なので楽しませてもらいましたが、このジャンルの作品を劇場で観ると、決まって映画館に慣れていない老人たちに、意味不明のモラルを突きつけられて不快な思いをして帰ります。(ちなみに今回は上映前のライトも消えて居ない時間帯にスマホ閉じろこの野郎!と怒鳴られました…。)本当に迷惑で仕方ない。なので年齢層が高そうだと予想される作品は深夜枠か動画配信で観るかして防御策をとろうと思います。それはさておき作品はまさかの主役がアレで面白かったのと、江口洋介さんの格好良さが異常!いつのまにあんなに色っぽい男になったのでしょう。あぁ、びっくり。松阪桃李さんもこういった役どころは安心して観ていられます。役所広司さん相手に堂々たるものでした。にしても東映がヤクザ映画の本尊です!と主張したいがために作った感は否めなく、いったい誰を抑圧するためなのかとか、余計なことを考えてしまいますね。