なると

孤狼の血のなるとのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
怖い怖い。
ヤクザ映画はおそらく初めて。
あまり鑑賞したいとも思わず、また邦画はあんまり見ないので。

でもヤクザの迫力に圧倒された。
しかしヤクザ以上に役所広司演じる大上。
ユーモアもある面白いキャラであるが、常軌を逸した行動。
それでも、カタギを守るための絶対的存在。

もう1人、存在感があったのが、松坂桃李演じる日岡。
警察の役割は何なのかという、強いメッセージ性も込めた役。

真の正義はどっちなのか。意外と考えさせられましたね。

残念なのは、竹野内豊いるか?と感じたことや、加古村組の組長が全く活躍の場なしなこと。

それ以外は久しぶりに邦画で興奮した。