まめまめまめちゃん

孤狼の血のまめまめまめちゃんのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.6
冒頭のバイオレンス描写は、私は見たことない切り口でした。豚たちの育ちっぷり半端なかったですね。豚って草食で意外に神経質らしいですが、側であんなことして大丈夫だったのかしら。

見ていて完全に先が読めてしまうストーリーであり、こんな味付けなんだろうなとの想像を越えることはないからこそ、ヤクザ映画は顔が大事!役者さんは濃いめを揃えてて眼福でした。女性はもう少し華があったらなと最初は思ったけど、美人局でしかなく存在感は逆に程々で良かったのかもです。

役所広司の綱渡りのギリギリ感、その魂が松坂桃李に徐々に乗り移っていく描写はなかなか良かったですし(キッカケはさりげなく、あくまで表情だけで見せたほうがもっと好み)、進藤賢一のここぞという時のゲス感は相変わらず素晴らしかったです。江口洋介は個人的にはもっと冷酷なキレ者のほうがいいな。そして病室で鰻食べてる石橋蓮司のやり慣れてる感じさすがでした。何よりナレーションが昭和のヤクザ映画っぽくて!

「仁義なき戦い」の広島死闘編観賞の途中だったのですが、俄然最後まで見たくなりました。