tofu

孤狼の血のtofuのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.6
普段は邦画は殆ど観ないが、皆さんのレビューに駆り立てられ鑑賞。

とにかく力強い映画だった。
古き良き昭和のテイストを匂わせる雰囲気は痺れた。ナレーションとか最高。

暴力描写はヤクザものなので当たり前。
役所広司のパワフルな演技とキャラが周りのキャラを喰っていた。

ストーリーも同じヤクザ映画の『アウトレイジ・ビヨンド』ばりにテンポが良く全編見せ場だらけだった。

後半のある展開から今まで松坂桃李と一緒になって嫌悪感を示していた役所広司に対し敬意と哀れみを覚えさせてゆくロジックは見事。

個人的には暴力描写はもっと派手にしてもよかったかな?と感じたが…そういう趣旨じゃないか。

ヤクザ映画、暴力映画というより男の生き様、半生を綴ったドラマと感じた。