大野ちゃん

孤狼の血の大野ちゃんのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
5.0
役所広司って最近やたらとクレイジーな役柄多くないですか?
そもそもヤクザ映画好きな私にはこれ以上にない満腹感を感じさせてくれた今作!!
昔のヤクザってこんな怖いん?警察とこんな繋がってん?兎に角恐ろしい!!現代っ子の私には理解出来ません!だが!見てて気持ちいい〜っ!これぞヤクザ映画!!
何かと規制されるご時世で「バイオレンス」がテーマの少ない今、今作は久々目を瞑る様な描写やシーンがあってすげーなおぃ!ってなった、R15なだけあって素晴らしい。おこちゃまにはまだ理解出来ん映画なのよ!
ただ、意外にもスピード感はありヤクザ、警察事情を知らない私には、え?なんであの人殺された?とか思うシーンありました笑。でも拷問のシーンなどドロドロした描写も丁寧に映していて心の中で「これなんだよな〜」って思ってました笑
極道にしか生きれないヤクザ、作中「ヤクザは結局は自分の顔しか考えてない」義理と人情で生きてる物の、根っ子は欲深さや面子を気にしてるのが垣間見れ、「アウトレイジ」のたけし(大友)のヤクザとは違った。
松坂桃李の心情の変化、一皮向けるまでの演技は素晴らしかった。最後には失ってからでは遅いではないが、後悔や悔しさが滲み出ていて見てるこちらもうるっときました。あれ?これヤクザ映画だよね?ってなるくらい悲しかった!!

邦画でここまでレビューが長くなるのも久々!それほど素晴らしかったなぁ。
みなさん!是非銀幕で堪能して下さい♪